失敗回避!30代の転職成功の秘訣!上手くいった人がやった事6つ!

30dai-tensyoku-seikou

30代になってから転職を考える人も多いはずです。経験も積んで、会社の即戦力になる30代。でも誰でも簡単に転職できるわけではなく、リスクはつきものです。

では30代の転職で成功するためには何に気をつければよいのでしょうか?

今回は30代の転職で成功した人がやったことを6つ紹介します!是非参考にしてくださいね!

1.「即戦力」になる人材だとアピールする

30代の転職となれば、企業が求めるのは「即戦力」です。

中途採用に求めるのは「いち早く、仕事を任せることが出来て成果を出せる人」です。自分が即戦力になれる!とアピールするためには具体的な根拠が必要です。

あなたが今までどんな仕事に携わってきて、どんな工夫をしてどのような成果を残してきたのかを具体的に細かく伝える必要があります。

前職でどのような成果を残したかを具体的に話すことで、企業もあなたを採用すれば会社に貢献してくれる!とイメージがつきやすいですよ。

2.自分の”売り”を知る

あなたの自分の”売り”はなんですか?

転職を成功させるためには客観的な社会的に見た自分の”売り”を知っておく必要があります。人よりもどんなところが優れているか。

たとえば、「数字に対する執着が人一倍強いので達成するまでは絶対にあきらめない」、「コミュニケーション力が高く、部下をマネージメントする能力が高い」など。

自分の”売り”がきちんとわかることで、転職企業にアピールする際も自信が持てます。ここは人よりも優れている!というところを明確にしておきましょう!

3.第一印象をよくする

面接で成功するために一番大切なのは「この人と一緒に働きたいな」と相手に思わせる印象があることです。

面接という限られた時間の中で自分の良さを全部相手にわかってもらうのは不可能なので、まずは第一印象で好感を持たれることが大切です。まずは社会人としてのTPOをきちんとわきまえて臨みましょう!

服装、髪型は清潔感のある印象で、小物にも手を抜かずに。そしてハキハキと受け答えし、“できるビジネスマン”の印象を与えましょう!

第一印象が良いということは入社してからも社内や取引先でも好感を持ってもらえると判断してもらえます。

4.長く会社に貢献していく意欲があることをアピールする

企業は採用したとしても、やっと仕事を覚えて即戦力となるころに辞められてしまうことは痛手です。社会的にも人材がすぐ離職する企業はよいイメージが持たれませんので、企業は長く即戦力として会社に貢献してくれる人材を求めています。

30代で転職する人は「この先長く会社に貢献したい」という姿勢を持っていると会社から信頼されます。

長く会社に貢献するためには、周りとうまくやっていけるかどうかも大切です。プライドが高く、自分が今まで残した功績にしがみ付いているような人は思いどおりに行かない時に、周りとトラブルを起こしたり、辞めてしまうこともあるということも採用担当者は経験から十分に理解しているはずです。

そんな印象を与えないためにも、常に謙虚に、プライドを捨ててまた新人同様に一から学ばせて頂いて、長く貢献していきたい!という姿勢を見せましょう!

5.マネージメント力があると思わせる

30代での転職となると、部下や後輩をまとめるマネージメント力があるかどうかも重要視されます。

ある程度のリーダーシップをとれる人材を企業は求めています。魅力的な人材と思わせるためには、前職で部下を束ねて大きな仕事を成功させたなど具体的なエピソードを交えて話しましょう!

20代にはない、経験と能力を最大限にアピールし、今後リーダーシップをとれる人材だと思わせましょう!

6.その会社に入社したい熱意を見せる

「この会社に入りたい!」という熱意があると採用担当者の気持ちを動かすことができます。

人事の仕事は会社に貢献してくれる人材を採用することです。熱意のある人材は、会社に入ってからも努力をし、成果をのこしてくれるだろうと思ってもらえます。

熱意を見せる方法としては、企業研究を徹底する、仕事に必要な資格取得の勉強をしていることをアピールするなど。

そして同業他社があるにも関わらず「なぜ、入社したいのか?」を具体的に熱意を持ってアピールしましょう!

例えば、「同業他社もありますが、私は御社の企業理念や、会社の雰囲気に魅力を感じ、どうしても入社させて頂いたいと強く思っています。」

などと伝えれば、採用担当者もあなたに好意を持ってくれるはずです。

最後はこの会社に入りたい!という強い熱意を最大限にアピールして採用担当者の心を鷲掴みにすることが成功の秘訣です!

おわりに

いかがでしたか?

30代の転職となるとある程度のリスクはつきものです。しかし今回紹介した6つの成功するための秘訣を心得ておくことで魅力的な人材だと思わせることができるはずです!

企業から「この人と一緒に働きたい!」と魅力的に思ってもらえるように、自己分析を徹底して最大限に自分をアピールしてくださいね!