キャリアアップ転職!女性が実現するための心構え6つ!

kyariaappu-tensyoku-josei

今の仕事よりも活躍できる場にキャリアアップ転職したい!

でもこれから結婚や出産で環境が激変するかもしれないけど転職して大丈夫?

女性は男性に比べて、ライフイベントで環境が激変することもあるので慎重にならざるをえず、不安もあるはずです。そもそもキャリアアップを実現するためにはどのようなことを心得ておけばいいのかわからない人も多いと思います。

今回は女性がキャリアアップを実現するための心得を6つ紹介しますので是非参考にしてみてくださいね!

1.今後のキャリアプランを明確に持つこと

女性がキャリアアップ転職をする上で考えておかなければならないのが今後の自分のキャリアプランです。

女性である以上、結婚、妊娠、出産などのライフイベントで、働き方が大きく変わる可能性もあります。人生が大きく変化する中で自分自身はどのようにキャリアを積んでいきたいのかをあらかじめ方向性を考えておく必要があります。

例えば、営業職で全国転勤のある会社でのキャリアアップとなると人生が変化する転機に順応することが難しくなるかもしれません。その場合は、転勤のない職種を選んだり、地域総合職でキャリアを積んだりする選択肢もあります。

まずは自分の今後のキャリアプランを明確にして、自分がどのような人生を送りたいかを考えましょう!

2.福利厚生や労働環境が良い会社を選ぶこと

キャリアアップ考えている女性が心得ておくべきことの一つに「福利厚生や労働環境が良い会社を選ぶ」ことです。

今後出産や育児をすることになった場合に、育児休暇などをきちんととれる会社であるか、取れるとしても取りやすい環境の会社であるかどうかは非常に重要です。

せっかくキャリアアップを見込んで転職してみたものの、育休をとれる環境じゃないなど、結果的に会社を辞めなければならないのであればせっかくのキャリアが無駄になってしまいます。

転職を考えている会社の女性の比率や、育休後の復帰率など事前に確認できるポイントは遠慮せずに確認しておきましょう!

3.具体的にキャリアやスキルをアピールすること

自分の今までのキャリアや習得したスキルを具体的に語ることができますか?

とにかく、転職して今よりも出世の見込める職種について、収入もアップしたい!そう思うだけで簡単に転職できるような甘いものではありません。

漠然と「キャリアアップがしたい!」と思っている人はまずは自分の現在までのキャリアとスキルを理解して整理しましょう。

転職先の会社は“即戦力”となる人材を求めています!

その会社に選んでもらうためには、今までの会社で、どのような経験を積んでどんな成果を残してきたか、どれくらいのスキルがあるかをうまく語れる必要があります。

例えば、「後輩を育てる教育係を任せられていた」ことや、「チームをまとめるリーダーをやってきた」など。

具体的な経験談を交えて、自分が相手に「魅力的な人材」であることをアピールしましょう。前職で身につけた経験がどのように転職先で貢献できるのかを具体的にアピールできるようにしておくことがポイントです。

4.絶対に譲れないポイントを明確にすること

いくらキャリアアップできるとしても、ここだけは譲れない!というポイントが少なからずあるはずです。その外せない条件を就職活動する前に明確にしておきましょう!

転職が決まってから「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しないためです。

例えば、全国転勤は出来ない、深夜までの残業がない、などです。あまりに条件が多すぎると自分の希望に合致する会社がなくなってしまいます。譲れないポイントは2.3個に留めておきましょう!

転職活動をしていく中で、譲れないポイントが変わる可能性もあります。その場合は都度見直して、整理していきましょう。

5.資格よりも「実務経験」をアピールすること

キャリアアップ転職をする上で重要なのは資格よりも「実務経験」です。

例えば、「日商簿記の2級の資格を持っています」とアピールするよりも、「決算処理ができます」と具体的に業務に役立つことでアピールする方が確実に即戦力扱いしてもらえます。

会社に必要なのは実務経験とスキルです。即戦力になる!と判断してもらえるようにアピールすべきポイントを間違えないようにしましょう!

6.自分の客観的な「強み」を知ること

職場を変わりたいと考えているが、今まで転職の経験がないため自分の市場価値がわからない・・・と悩んでいませんか?

自分の今まで積んできた経験やスキルがどのくらい評価されるかはとても気になるポイントだと思います。これは一人で考えても答えはでません。

でも就職活動を始めてみると、面接などで企業からどのような経験やスキルが評価されるかわかってきます。例えば、「自分はパソコンスキルに自信があって事務職で転職を考えたけど、意外にもチームをまとめた経験を評価されてリーダー職を提案された」など。

その時にはじめて企業が評価してくれる自分の「強み」がわかります。

おわりに

いかがでしたか?

今回は女性がキャリアアップを考えたときの心構えを6つ紹介しました!

よりよい環境に就職するためにはまずは自分自身のアピールポイントをきちんと理解しておくことが必要です。

そして仕事以外のライフイベントも想定して、将来のキャリアプランを明確にしておくことです。今よりも活躍できる素敵な職場に出会えることを祈っています!