第二新卒の面接対策!若手転職だからこそ準備すべきポイント6つ!

dainisinsotu-mensetutaisaku

社会人になって3年未満で転職をする「第二新卒」として、転職・面接を控えている方の中には、きっと新卒の時とは違う不安を抱えている方もおられることと思います。

「すぐに転職したから、面接官からの印象が悪いのでは?」「第二新卒だからこそ、アピールできることは何だろう?」など、考えることはたくさんありますよね。

そこで今回は、第二新卒の面接対策についてご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.転職理由をはっきり説明できるようにしておく!

新卒の面接対策と最も異なる点が、「転職をした」という事実です。

第二新卒にとって、転職についての質問は避けられるものではないため、しっかりとした説明ができるように面接対策することが求められます。

この時のポイントとしては、できるだけ「前向きな転職理由」を説明できるようにしておくことです。

例えば、「人間関係が上手くいかなかったから」「仕事内容がつまらなかったから」という理由では、「この子は、またすぐに辞めてしまうのではないか」と面接官に悪い印象を持たれてしまう原因になってしまいます。

よって、「自分が本当にやりたいことに気が付いた。それを叶えるためにこの会社に入りたい!」など、できるだけ前向きな理由を説明できるようにしておくと良いですよ。

2.実績やスキルについて具体的に話せるようにする!

新卒にはないアピールポイントとして、前の会社での実績や培ってきたスキルについては、具体的に話せるように面接対策をしておくことをおすすめします。

第二新卒とは、一般的に社会人3年未満での若手転職者であるため、周りから「前の会社を中途半端に辞めてしまっている」「社会人としてやってきたとはいえ、まだまだ一人前ではない」と思われることも多いです。

そのような場合に、前の会社での実績やスキルを具体的にアピールすることで、「前の会社でもしっかりやっていたんだな」「このスキルなら、会社の一員としてしっかりやってくれるだろうな」と好印象を持ってもらえると思いますよ!

3.自分が会社にどのように貢献できるのか考えておく!

第二新卒の面接対策では、「自分を会社に売り込む」ことを意識するようにすると良いですよ!

「自分はこういう人間です!私を雇っていただければ、こういう風に会社の役に立ちますよ!」とアピールすることで、「この人とぜひ一緒に働きたい!」と思ってもらうことが大切です。

そのためには、自分のどのような点が、会社にとって貢献できるのか、有益であるのかをしっかりと話せるように準備しておきましょう。

4.失敗談やそこから学んだことを話せるようにする!

「またすぐに辞めてしまうのではないか?」「苦難を乗り越えられるだけの忍耐力がないのではないか?」と疑われがちな第二新卒の面接では、失敗談を聞かれる機会も多いと思います。

よって、今までの仕事での失敗談についても、しっかりと話せるように、事前に面接対策をしておくことをおすすめします。

この時のポイントとしては、失敗した時に自分がどのように考え、行動したのかなど、そこから学んだことをきちんと説明できるようにしておくことです。

誰でもミスはするものです。ですが、その失敗の原因や対策についてしっかりと考え、行動することで人は成長していきます。その繰り返しで、ミスもだんだんと減ってくるはずです。

会社は、「失敗してもくじけず、それをバネに成長できる人」を求めています。前の会社で失敗から学んだことを、転職先でどのように活かしていくのかをアピールできれば良いですよね。

できれば人には話したくない「失敗談」ですが、第二新卒の面接ではそれを逆にアピールポイントとして活かすこともできるのです。ぜひ面接対策としてきちんと準備しておくと良いですね。

5.企業研究をしっかりしておく!

第二新卒だからこそ、面接対策として「企業研究」をしっかりとしておくように心掛けましょう!

若手で転職するからこそ、「なぜうちの会社を選んだのか」という点を面接官は気にしているはずです。

「会社のこういうところに惹かれて、転職を決めました!」「自分の夢を実現するために、会社のこういう部分がピッタリだと思いました!」など、企業研究をしておくことで、具体的な説明をすることができますよ。

また、しっかりと企業研究をすることで、「この会社でないとダメなんです!」「この会社だからこそ、転職を選んだんです!」というやる気をアピールすることができます。

6.社会人としてのマナーは完璧にしておく!

面接の際の身だしなみや言葉遣いなど、社会人としてのマナーは完璧にしておきましょう!

第二新卒は、社会人経験である程度のマナーは身についているものと期待されていることがほとんどです。

面接時の立ち居振る舞いで、「やはり社会人としてやってきただけのことはあるな」と面接官に好印象を持ってもらえると良いですよね!

自信がない場合などには、マナーの本で復習しておくなどして、社会人として恥ずかしくない行動ができるよう、きちんと面接対策をしておきましょうね。

おわりに

いかがでしたか?第二新卒の面接対策として、参考になるものがあったでしょうか?

「第二新卒での面接」「周りはフレッシュな新人ばかり」ということに気が引けてしまう人もいるかもしれませんが、第二新卒だからこそアピールできるポイントを押さえ、しっかりと話すことができると良いですね!