同僚が嫌い!ストレスを溜めずに上手く付き合う方法5選!

douryou-kirai-sutoresu

毎日のように顔を合わせる職場の同僚が嫌いだと、日々が苦痛に思えてきてしまいますよね。ストレスが溜まって常にイライラ・・・仕事にも支障をきたしてしまいそう・・・という方もおられると思います。

そこで今回は、同僚が嫌いな場合に、ストレスを溜めずに上手く付き合う方法をご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.人付き合いも「仕事のうち」と考え、割り切る!

社会人になり会社に入れば、嫌いな人や合わない人の一人や二人いるのが当たり前だということを忘れないようにしましょう。学校であれば、嫌いな人とは付き合わなければ良かったのですが、会社で一緒に仕事をする上ではそうはいきません。

「この人といるとストレスが溜まる!」「こんな人と一緒に仕事をするくらいなら辞めてやる!」と思っても、きっと転職先でも同じように合わない人というのはいるはずです。もし、嫌いな人が同僚ではなく取引先の人であったらどうでしょうか?

「こんな人、嫌だ!」と言っている場合ではありませんよね?きっと時には我慢して、会社のために嫌いな人とも付き合わなければならないはずです。それが社会人というものです。

もしも同僚に嫌いな人がいたとしても、「これも仕事のうちだから」と割り切って考えるようにしましょう。職場は決して「仲良しグループ」ではありません。自分と合う人、合わない人、いろいろな人が集まっているのが普通ですよ!

あなたももう立派な大人、社会人です。「嫌いだな」「苦手だな」という気持ちを表情や態度に表さず、大人の対応を心掛けるようにしましょうね。

2.仕事上だけの付き合いに限定する!

そうはいっても、嫌いな同僚とたくさんの時間を一緒に過ごすことは、ストレスがどんどん溜まってきてしまう原因にもなります。「これも仕事!上手くやっていきたいから我慢・・・」と考えることは良いですが、プライベートまで我慢して付き合う必要はないと思いますよ!

仕事上でストレスを感じながらも苦手な人と上手にお付き合いを頑張っているならば、プライベートくらいはストレスを感じることのない人たちと、楽しい時間を過ごせるようにしましょう!

嫌いな同僚とは、出来る限りプライベートの付き合いを避けておくのが無難です。仕事もプライベートも我慢して付き合っていることで、あなたのストレスがどんどん溜まり、身体に支障をきたしてしまうことも考えられます。

仕事で感じたストレスはプライベートでしっかり発散できるよう、あなた自身がバランスをとるように心掛けましょうね。「仕事は仕事!プライベートはプライベート!」という区切りをきちんと持っていることで、苦手な同僚も無理にプライベートにまで入ってこなくなると思いますよ。

3.自然に距離を置くようにする!

会社に嫌いな同僚がいる場合には、自然に距離を置くように心掛けてみましょう。例えば、昼休憩に同じ部屋で休憩をとらないようにする、飲み会では離れた席に座るようにする等です。

とはいえ、あからさまに避けたり、無視をしたりしていては相手も気分を害してしまうと思うので、「あくまでもさりげなく」がポイントですよ!自然と距離を置くようにすることで、会話をする機会が減り、ストレスを感じる時間が今よりも減るはずです。

4.「こういう人なんだ」と割り切る!

同僚が嫌いな原因もさまざまだと思いますが、「悪口を言ってくる」「自分のミスを他人のせいにする」など、周りの人に迷惑をかける行為は本当に困ってしまいますよね。

そういう人は、「きっとこの人は、まだ考えが子どもなんだ」「自ら嫌われるようなことをして、かわいそうな人だ」と考えるようにしましょう。まともに付き合っていては、こちらがストレスを溜めてしまうだけですよ!

「この人はこういう人なんだ」と一種のあきらめのような気持ちを抱くことで、大らかな気持ちで相手に接することができるようになります。決して、相手と同じレベルで物事を考えないようにしましょう。

「私の方が大人だ」「こっちが我慢してやろう」くらいの気持ちで接した方が、ストレスを溜めずに嫌いな同僚とも上手く付き合うことができますよ!

5.上司に相談してみる!

「嫌いな同僚がストレスで、仕事に支障をきたしてしまいそうだ」「同僚が原因で、うつ病になってしまいそう」という段階にあるならば、迷わず上司に相談してみるようにしましょう。

相談する時のポイントは、事実だけを冷静に説明し、決して相手の悪口や愚痴のようにならないようにすることです。本当に困っている同僚の行動や言動を、信頼できる上司にありのまま相談してみましょうね。

仕事でできるだけ同じチームにならないように配慮してもらえるかもしれませんし、同僚の態度があまりにもひどいようであれば、さりげなく注意してくれることもあると思います。時にはひとりで悩まずに、誰かに相談してみることも大切ですよ!

おわりに

いかがでしたか?職場に嫌いな同僚がいることは、決して珍しいことではありません。だからこそ、職場から逃げ出さずに、どのようにできるだけストレスを溜めないようにするか、付き合い方を工夫してみてくださいね。