営業職の女性!向いてるのはどんな人?こんなタイプがピッタリ10選!

eigyousyoku-jyosei-muiteru

職探しをしている中で、営業職の募集を見かけることも多いと思います。「営業もいいかもな」と思いつつも、「どんな人が向いてるんだろう」「私は向いてるのかな」と悩んでしまうこともありますよね。

そこで今回は、営業職の女性に向いてる人のタイプについてご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.人と話すことが好きな人

営業職で最も大切なのは、「コミュニケーション能力」です。営業職は、相手にものやサービスを売り込んでいくことが仕事ですが、まず相手と話をしなければはじまりません。

よって、「人と話すのは苦手」「初対面の人だとすごく緊張してしまう」というような人見知りの女性は営業職に向いてるとはいえません。基本的に人と会話をするのが好きだという女性が、営業職で能力を発揮できますよ!

また、自社のものやサービスを、相手に分かりやすく伝えることも重要です。きちんとした説明ができないと、売り込みたいものやサービスの価値を理解してもらうことは難しいですよね。「プレゼン能力」が高い人は、上手に相手に説明できるため、売上に繋がりやすいです。

2.聞き上手な人

人と話すことが好きであっても、自分ばかり喋っているようでは営業職に向いてるとはいえません。ものやサービスを売り込む上で大切なのは、「お客様の要望やニーズをきちんと把握すること、それに応えること」です。

よって、相手の話をしっかりとよく聞いて、「相手がどんなことを求めているのか」を正確に把握できる女性がこの仕事に向いてると思いますよ。

また、「聞き上手」と一言にいっても、ただ真剣に話を聞いているだけでは足りません。お客様が話しやすい雰囲気を作ったり、より話したくなるような相槌を入れたりすることも大切ですよ。

3.相手の気持ちになって考えられる人

常に相手の気持ちや立場になって物事を考えられる女性は、営業職に向いてるといえます。ものやサービスを売り込む時には、「お客様にとってこういう時に役に立つと思いますよ、きっと手助けになりますよ」ということを提案していなかければなりません。

そしてそれは相手の立場や気持ちになって考えるからこそ、提案できることだと思います。相手の気持ちになって、「困りごと」や「心配なこと」、「もっとこうなったら良いな」という点を常に考えられる女性は、この仕事で強みになるはずです。

4.笑顔が素敵な人

初対面の人ともたくさん関わっていかなければならないのがこの仕事です。そのため、「第一印象」がとても大切になってくると思います。

「この人、感じが良いな」「この人だったら信用できそうだな」と相手に感じてもらうためには、あなたの「笑顔」が何よりも武器になると思います。普段笑顔が少ない人が、仕事上だけ笑顔を作ろうとしても、どうしても「作り笑い」になってしまいがちです。

そうではなく、普段からニコニコしている女性や笑顔が素敵だと言われるような女性は、初対面でも好印象を抱いてもらいやすく、この仕事に向いてるといえますよ。

5.清潔感のある人

営業職としてお客様と関わる際、あなたは「会社の顔」として見られることになります。そのため、普段から身だしなみをきちんと整えることができる「清潔感のある人」がこの仕事に向いてるといえます。

身だしなみがだらしなかったりすると、どうしても「仕事の面でもだらしなさそう」「信用できなさそう」と思われてしまい損です。自分の外見まできちんと手をかけることのできる女性は、仕事やその他にもきちんと向き合えているんだと感じてもらいやすいですよ。

6.ある程度押しが強い人

営業職は「売り込み」をする仕事なので、ある程度の「押しの強さ」が必要になってきます。特に営業職は、自分の売り込みたいものやサービスに、はじめは相手があまり興味関心を持っていないことが多いです。

「興味ないな」と思っているのが前提であることが多いため、さらっとした説明だけでは買ってもらえないのが当たり前です。ですが、ここであきらめずに押すことができる人は、この仕事に向いてるといえますよ。

「必要ありません」と一言言われただけでいつもすぐに諦めているようでは、あまり売り上げることはできないと思います。時には少し粘ってみる押しの強さも、この仕事をする上では必要になってくると思いますよ。

7.臨機応変に対応できる人

機械相手ではなく、「人と人」との関わりだからこそ、相手に合わせた臨機応変さが重要です。自社のものやサービスを売り込むには、まず商品を説明し、それで納得してもらえなければ相手の要望に合わせて両者が納得できるように変えていく、という手順が必要です。

この「相手の要望に合わせて」臨機応変に対応することのできない女性は、営業職で苦労することになると思いますよ。頭がやわらかく、いろいろな物事の見方ができる女性は売上を伸ばすことができる人だと思います。

8.度胸のある人

新しい取引先を探すことも営業職の仕事です。そのため、初対面の人にアポイントメントを取ったり、時にはアポなしで訪ねたりすることもあると思います。この行動は、度胸のある人でないとなかなか難しいですよね。

「やろうか、やめようかどうしよう・・・」といつまでも悩んで先に進めない人よりも、「よし!だめ元でもとりあえずやってみよう!」と考えることのできる女性の方が営業職向きですよ。

9.根性のある人

この仕事はどんなに頑張って売り込んだとしても、断られてしまうことも多いです。「頑張った分だけ必ず報われる」ばかりの世界ではありません。ですがそれでも、前を向いて進まなければならないのが営業職です。落ち込んでいる暇はありません。

営業が上手くいかなかったとしても、それをいつまでも引きずることなく、「次だ次!」と言えるくらい根性のある女性が営業職に向いてるといえます。「根性だったら誰にも負けない!」という女性は、ぜひ挑戦してみると良いですね。

10.気配りができる人

普段から気配りのできる女性は、営業職に向いてると思います。この仕事は、契約をとったらそこでおしまいではありません。

より良い成績を残すためには、一度契約してもらった会社やお客様と良い信頼関係を築き、契約を継続してもらったり、また次のものやサービスを買ってもらうことが大切です。

そのため、契約した後でも、「その後、いかがですか?」「お困りの点はありませんか?」などとこまめに相手を気遣う姿勢が重要です。このように相手に細やかな気配りを欠かさない女性は、お客様からの信頼も厚く、「また契約するなら、あの人としたいな」と思ってもらえるはずですよ!

おわりに

いかがでしたか?これらのタイプに当てはまるという女性は、ぜひ営業職になることを前向きに考えてみると良いと思いますよ!自分の性格や能力を活かすことのできる職業につけると良いですね。