エレベーターのマナー!上司と一緒に乗る時に必要なエチケット7つ!

erebe-ta-mana-jyousi

会社で上司とエレベーターに乗る時のマナーについては、誰もが一度は悩んだことのある問題だと思います。

「乗る順番って?」「自分はどこに乗るのが正解?」「ボタン操作は?」など、考えれば考えるほど疑問点が浮かんできますよね!

そこで今回は、上司と一緒にエレベーターに乗る際のマナーについてご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.乗る際には、上司に先に乗ってもらうようにする!

まずエレベーターに乗る時の順番としては、「上司に先にのってもらう」のが正解のマナーです。

エレベーターに乗る時に目上の方と一緒のタイミングになった時には、「お先にどうぞ」と一言かけて相手を先に通すようにしましょう。

さらに、相手が乗っている最中にエレベーターの扉が閉まってしまわないよう、手で扉を押さえておくようにすると良いですね。

これと同じように、エレベーターホールのボタンを押して扉を開けておく・・・という方法もありますが、誤操作が起きる可能性も考えられるため、できれば手で直接扉を押さえておく方が確実ですよ。

また、乗る際にエレベーターから降りる人たちがいた場合には、まず降りる人を優先させるのがマナーです。人がすべて降りたのを確認してから、目上の方を先に中に通すように心掛けましょう。

2.自分は操作盤の前に立つようにする!

エレベーターにも「上座」と「下座」というものがあります。目上の方を上座にお通しし、自分は下座にいるのが基本的なマナーですよ。

下座は、「操作盤の前」です。エレベーターに乗ったら、操作盤の前にいくようにし、率先してボタンの操作を引き受けましょう。

また、左右両方に操作盤がある場合もありますが、その場合には入って右側が下座になりますよ。

一方、上座は「扉から一番離れているところ」なので、上司は奥の方にお通しするようにしましょうね。

操作盤の前に立ったら、「何階ですか?」と相手に尋ね、降りる階数のボタンを押すようにするのがマナーです。

決して、自分の降りる階だけを押してあとは知らんぷり・・・ということのないようにしてくださいね。

ボタンは連打したりせずに丁寧に押し、乱暴なイメージを持たれないように気を付けましょう。

3.上司に背を向けないようにして立つ!

エレベーターに乗り込み、操作盤の前に立つ時に気を付けてほしいマナーが、「目上の人に背を向けない」ということです。

目上の人に対して背中やお尻を向けてしまうことは失礼にあたるので、意識して避けるようにしましょうね。

操作盤に対して真っすぐに立つと相手に背中を向けてしまうことになるため、壁の方に背を向けるように立つと良いですよ。

4.同じ階で降りる時は、上司に先に降りてもらう!

上司と同じ階で降りる際には、目上の方に先に降りてもらうのがマナーです。「開」のボタンを押して扉が閉まるのを防ぎながら、待っていてくださいね。

相手が降りたのを確認してから、自分は最後にエレベーターから降りるようにするのが良いマナーですよ。

5.上司が先に降りる時は、一礼して送り出す!

上司と自分の降りる階が異なり、相手の方が先に降りる時には、一礼して送り出すように心掛けましょう。

一礼するだけでも、「この子はマナーがきちんと分かっているな」と好印象を持ってもらえると思いますよ!

もちろん、相手が降りている最中に扉が閉まってしまわないよう、「開」のボタンを押すことも忘れないようにしてくださいね!

6.自分が先に降りる時には、一言挨拶をする!

降りる階が異なり、自分の方が先に降りることになる時には、相手に一言挨拶をしてから降りるようにするのが良いマナーです。

無言で降りることのないよう、「失礼します」と簡単で良いので挨拶をしておくようにすると好印象ですよ。

7.状況によっては「臨機応変」に対応することが大切!

これらがエレベーターの基本マナーですが、日々を過ごしていく中で、これ以外の状況に出会うこともあると思います。

例えば、上司と自分の2人だけでなく、エレベーターにすでに他の人が乗っていて「開」ボタンを押してくれている場合には、自分はボタンを押さずに上司を先にお通しするようにしましょう。

さらに、先に乗っていてボタンを押しているのが自分よりも目上の人だった場合には、「お先に失礼します」と言ってささっと上司よりも自分が先に乗り、「代わります」とボタンの操作を交代するようにしましょうね。

このように、時と場合によって「一番良い」と思う方法を臨機応変に選択することが大切です。

「エレベーターマナーは絶対にこうだ!」と頑なになるのではなく、「相手に気持ち良く乗ってもらいたい」という思いやりの気持ちを持つことが最も重要なマナーですよ。

おわりに

いかがでしたか?上司とエレベーターに乗る際のマナーについて理解できたでしょうか?

ささいな日常のワンシーンですが、これがきちんとできているかどうかで、周りからの評価はずいぶんと変わってくると思いますよ。ぜひ良い振る舞いができるように心掛けてみてくださいね!