宴会の司会のコツ!楽しくスムーズに飲み会を進めるポイント11つ!

enkai-sikai-kotu

社会人をやっていると、「会社の宴会の司会を任された!」という経験も出てくるはずです。

「楽しくスムーズに飲み会を進めたい!」とは思っても、どのようにしたら良い進行ができるのか不安になってしまうこともありますよね。

そこで今回は、宴会の司会のコツについてご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.余裕を持ったタイムスケジュールを組んでおく!

宴会の司会を任されたら最初にすべきなのは、会のタイムスケジュールを組むことです。

事前にタイムスケジュールを組んでおくことで、会全体の流れをイメージすることができ、落ち着いて司会進行に臨むことができますよ。

タイムスケジュールを組む時のコツとしては、「余裕を持った」タイムスケジュールを組んでおくことです。

アルコールの入った宴会の席では、予期しないハプニングなどもあり、スケジュール通りに会が進まないことがほとんどです。

そのため、最初から余裕を持ったタイムスケジュールを組むようにしておくのが、スムーズな司会のためのコツですよ!

特に、後半に時間に余裕を持たせておくことで、宴会終了間際になっても焦らずに対処することができます。参考にしてみてくださいね。

2.台本を作り、手元に置いておく!

タイムスケジュールを組んだら、それをもとに台本を作り、宴会中にいつでも見られるよう手元に置けるように準備しておきましょう!

もちろん、宴会中に台本ばかり見ていては印象が悪くなるためおすすめできませんが、万が一、当日頭が真っ白になってしまった場合には、手元に台本があることでパニックになることを防げますよ。

台本ができたら、頭の中で何度もシミュレーションを繰り返し、宴会の流れを頭に叩き込んでおくことがコツですよ!

3.不安な点は前任者に確認しておく!

会の準備をしている中で、何か分からない点や不安な点が出てきた時には、前任者に確認するのが一番です!

「去年はこうしていたよ!」「去年はあのようにしたけど、もっとこうすれば良かった」など、良いアドバイスがもらえると思いますよ。

不安な点を残したままにしておくと、当日自信を持って司会進行をすることができなくなります。よって、当日までに分からないことはどんどん聞いておくのもひとつのコツです!

4.乾杯の音頭などは予めお願いしておく!

宴会をスムーズに進めるためには、乾杯の音頭や締めの挨拶など、飲み会で協力してもらう方へ事前に根回しをしておくことが大切なコツです。

当日になっていきなり「挨拶お願いします」と頼んでも、相手は何を喋れば良いのか分からずグダグダになってしまったり、気分を損ねてしまわれたりする場合もあるので注意です。

基本的に、「はじめの挨拶」は出席者の中で一番役職が高い方にお願いします。

次の「乾杯の音頭」は、はじめの挨拶をしていただいた人にそのまま続けてしていただくか3番目に役職が高い人、最後の「締めの挨拶」は、2番目に役職の高い人にお願いするのが一般的ですよ。

事前に挨拶や乾杯の音頭をお願いする時には、「3分くらいでお願いします」など、おおまかな時間設定を伝えておくと、スムーズに進むのでおすすめです。

5.席順を工夫する!

楽しくスムーズに飲み会を進めるためのコツとして、「席順を工夫する」ということもあげられます。

こちらで席次を決める際には、「日頃仲の悪い人同士を隣の席にしない」「盛り上げ上手な人をテーブルに1人は配置する」などの工夫をしておくと、みんなが楽しめる宴会になると思いますよ。

また、特に席次を決めない場合には、くじ引きで席を決めてしまうのもひとつの手です。席を決める段階からゲーム感覚で盛り上がれるのでおすすめですよ!

6.明るい大きな声で、手短に話す!

明るい大きな声で、できるだけ手短に話すことが、宴会をスムーズに進めるためのコツです。ザワザワしやすい飲み会の席では、まず大きな声でないと全員に指示を通すことができません。

また、司会が暗い顔や声をしていると、どうしても場が盛り上がらないので、明るい声や表情で進行するようにしてくださいね!

そして、ダラダラとした喋り方をしてしまうと、「まだかな?」「ビールがぬるくなっちゃう!」と周りから思われてしまうため、できるだけ手短に話せるようにすると良いですよ。

7.みんなで楽しめる余興や出し物を用意する!

中だるみしやすい宴会の場では、余興や出し物を用意することで、最後まで盛り上がる飲み会にすることができますよ!

全員参加のゲームをしたり、芸達者な同僚やフレッシュな新人に出し物をお願いしたりと、なるべく全員が楽しめるようなものを企画できると良いですね。

出し物をしてもらう場合には、盛り上げ上手な人にトップバッターをお願いすることで、その場の雰囲気を作ってもらうことができますよ!

また、ゲームをする場合には、ちょっとした景品を用意しておくことで、より盛り上がりを促すことができるのでおすすめです。

8.会場全体に気を配る!

宴会の司会を任された場合には、会場全体を常に見渡すように心掛けましょう!

「食べ物や飲み物は足りているか」「体調の悪い人、盛り上がれていない人はいないか」などに気を配り、料理を頼んだり個々に声をかけたりすると「気が利くなぁ」と思われますよ。

9.お酒はほどほどにしておく!

司会をすることにとても緊張しているならば、アルコールの力を借りるのもひとつの手です!ですが、決して飲み過ぎてしまわないように注意しておきましょう。

司会進行役がつぶれてしまうと会がグダグダになってしまうので、お酒はほどほどに、「いつもより飲まない」ことを目安にしてくださいね。

10.「ちょっと物足りない」くらいで会を切り上げる!

最後まで盛り上がる宴会にするコツは、「ちょっと物足りない」くらいで会を切り上げてしまうことです。

いつまでもダラダラと会を伸ばしてしまうと、「もう帰りたいな」とつまらなく感じてしまう人が出てきてしまいます。

2時間と決めたなら、2時間できっちりと会を締めるようにすると良いですね!

その時点で「まだ飲み足りない!」という方には2次会の場所を提供するようにすれば、不満も出にくいと思いますよ。

11.終了後の見回りを忘れないようにする!

宴会の司会を任された時には、飲み会終了後も気を抜いてはいけません。最後まで会場に残り、忘れ物はないか、体調の悪い人はいないかなどのチェックをするようにしましょう。

特にトイレなどに体調の悪い人が残っている場合もあるので、忘れずにチェックしておくと良いですよ。終わりよければ全てよしです!最後の最後まで気を引き締めていきましょう。

おわりに

いかがでしたか?宴会の司会のコツが分かったでしょうか?これらのコツを掴み、楽しくスムーズな飲み会にできるよう頑張ってくださいね!