人を喜ばせる仕事の種類とは?笑顔のお手伝いができる職業8選!

hitowoyorokobaserusigoto-syurui

「人を喜ばせるのが好き!」「人を笑顔にするのが得意!」という方はたくさんおられますよね。

そしてこの気持ちを、仕事で活かすことができればなぁと考える人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、人を喜ばせる仕事の種類についてご紹介致します。仕事を通して、笑顔のお手伝いができれば良いですね!

1.ホテルコンシェルジュ

ホテルコンシェルジュは、人を喜ばせる仕事の種類のひとつです。ホテルコンシェルジュの仕事内容は、ホテル内の案内やサービスからはじまり、ホテル周りの観光案内や交通案内、交通チケットやレストランの予約などまで多岐にわたります。

これらの仕事は全て、「お客様の旅行をより良いものにし、喜んでもらえるよう」サポートするものです。ホテルコンシェルジュがいることで、土地勘のないお客様であっても、魅力的な観光地に行くことができたり、地元の人に人気のおいしい飲食店に出会ったりすることができます。

また、ホテルコンシェルジュは、たくさんのお客様のさまざまな種類のニーズに応えなければなりません。時には、対応が難しい相談を持ち掛けられることもあると思います。よって、「臨機応変」「柔軟」な物事の考え方や対応ができる人は、この仕事に向いていると思いますよ!

2.ウェディングプランナー

結婚式のお手伝いをするウェディングプランナーは、人を喜ばせる仕事の種類のひとつです。ウェディングプランナーの仕事内容は、新郎新婦との式の打ち合わせから本番の進行まで、式本番を無事終えるためのさまざまな準備やサポートをすることです。

ウェディングプランナーは、挙式会場の決定から本番まで、数ヶ月に渡って、お客様である新郎新婦と密接に関わりながら仕事をしていきます。そのため、お客様との信頼関係や思い入れも深く、当日2人の最高の笑顔を見られることで、何よりもやりがいを感じられるはずです。

人生に一度きりの結婚式、お客様の理想やニーズはたくさんあるはずです。それに応え、たくさんの良いアイデアを提供できるような「柔軟性」「発想力」がある人はこの仕事に向いていると言えますよ。

また、結婚式は人生の節目を祝う大切な場です。誰から見られても恥ずかしくないような振る舞いやマナーが身についていることは、ウェディングプランナーとして人を喜ばせる仕事をする上でとても大切ですよ。

3.遊園地のキャスト

笑顔がたくさん溢れる場所といえば、遊園地ですよね!そこで働くキャストは、毎日たくさんの笑顔に触れ、人を喜ばせる仕事の種類のひとつです。

遊園地のキャストと一言でいっても、アトラクションの案内係やお土産の販売、園内の清掃などまで仕事内容の種類は多岐に渡ります。これらの仕事ひとつひとつが完璧にできているからこそ、お客様が安心・安全に遊園地を心から楽しめ、喜んで帰ってもらうことができるのです。

遊園地の楽しい雰囲気は、キャストが作り出しているといっても過言ではありません。誰にでも明るく笑顔で接することのできる人は、この種類の仕事にピッタリです。また、遊園地は子どもがたくさん訪れる場所です。よって、「子供好きな人」もキャストとして活躍できますよ!

4.ツアーコンダクター

お客様の旅をお手伝いするツアーコンダクターも、人を喜ばせる仕事の種類のひとつです。ツアーコンダクターの仕事内容は、会社のパッケージツアーに参加しているお客様を、安心安全に旅行日程通りに案内・サービスを提供することです。

人は旅行をする際に、必ずしも「ツアー」として申し込まなくても旅行ができます。ですが、ツアーとして旅行をすることで、観光名所についてより詳しく説明してもらえたり、知らない土地で困りごとがあった時にはすぐに対応してもらえたりすることができます。

ツアーコンダクターという種類の仕事があるお陰で、旅行がより楽しく、安心して過ごせるものになるので、お客様に喜んでもらえますよ!ツアーコンダクターは団体行動をまとめる必要があるため、「リーダーシップがとれる人」「こまかな気配りができる人」が向いていると思います。

5.料理人

美味しいものを食べると、誰もが自然と幸せな気持ちになりますよね!そんな美味しい料理を提供することのできる料理人は、人を喜ばせる仕事の種類のひとつです。

自分の手が生み出したもので、お客様が笑顔になったり、「美味しい!」と喜んだりする姿を見るのは、「人を喜ばせる仕事がしたい!」という方にとっては、何よりも嬉しいことだと思います。

人を幸せにする料理は、味はもちろん見た目も重要です。そのため、手先が器用な人がこの種類の仕事に向いていると言えるでしょう。また、料理人は、お客様により満足してもらえるように、メニュー開発をしたり、味の追求をしたりすることも大切です。

そのため、いつまでも「探究心」を持って仕事に取り組める人や、お客様を喜ばせるための努力を惜しまないような人が、この仕事にはぴったりだと思いますよ。

6.メイクセラピスト

メイクセラピストは、メイクを通してお客様の悩み事やメンタル面での負担を軽減させる仕事です。例えば、顔の傷が悩みだというお客様に、傷を目立たなくするようなメイクを施し、お客様の悩み事や心理的不安を少しでも取り除くお手伝いをすることが仕事です。

普通のメイクさんとは異なり、メイクをすることで「お客様の悩みを解決する」「お客様の心を軽くする」ことに重きを置いています。よって、お客様のニーズや困りごとに丁寧に向き合い解決の手助けをするという面で、人を喜ばせる仕事の種類のひとつだと思いますよ。

この仕事は、ただメイクで綺麗になって帰ってもらえば良いというわけではありません。お客様の困り事をきちんと丁寧に聞き出してから、解決に導くメイクをすることが大切です。

そのため、悩みや弱音を相談しやすいような、「優しい雰囲気を持っている人」「聞き上手な人」はメイクセラピストとして活躍できると思いますよ!また、メイクは目元のアイラインなどのこまかい作業を必要とするため、「手先が器用な人」もこの種類の仕事に向いています。

7.イベントプランナー

イベントプランナーは、さまざまイベントの企画やプランニング、運営をする仕事です。クライアントから任されたイベントについて、「どのようにしたらより多くの人が興味をもってもらえるか」「どうしたら来た人に楽しんでもらえるか」を考えながら、プランを練っていきます。

イベントに来場する人の目線になって楽しい企画などを考えることが大切なので、「人を喜ばせる仕事がしたい!」と思って行動ができる人であれば、楽しみながらできる職業の種類だと思いますよ。

イベントプランナーは、まずクライアントのニーズや方向性をきちんと理解し、話し合うことが大切です。そのため、「コミュニケーション能力」が高い人に向いていると言えます。

また、たくさんのアイデアを出すことのできる「発想力」や、設定した日時にイベント開催できるよう準備する「計画性」「実行力」のある人が向いていますよ。

8.漫画家

漫画家も、人を喜ばせる仕事の種類のひとつだと思います。漫画は、書き手と読み手がいないと成立しません。「多くの人に愛されるような、面白い漫画家になりたい!」ということは「たくさんの人を喜ばせる仕事がしたい!」ということと同じですよね。

漫画家として有名になると、読者からファンレターをもらうこともあると思います。「面白かったです!」「次が待ち遠しいです!」などと言ってもらえると、「喜んでもらえて良かった!」と心から感じることができると思いますよ。

漫画家になるには、意外と「体力」が必要です。締め切り前になると、昼夜問わずに作業をすることもザラではありません。また、締め切りに間に合わせるための「計画性」も必要になってきます。

それから漫画家として最も大切なのは、「想像力」ではないでしょうか?「楽しいことを考えるのが好き」「他の人は思いつかないようなアイデアが浮かぶ」という人は、漫画家に向いていると思いますよ。

おわりに

いかがでしたか?人を喜ばせる仕事の種類が分かったでしょうか?このように、人を喜ばせる仕事の種類にはさまざまなものがありますが、人によって向き・不向きがあると思います。

職業の種類によって「向いている人」は異なるので、「人を喜ばせる仕事がしたい!」というやる気だけでなく、自分が本当にその職業に向いているかどうかをきちんと考え、仕事選びができると良いですね!