保育士の楽しいところは?やっていて良かった!と感じる瞬間6選!

hoikusi-tanosiitokoro

「子どもが好き!」という人にうってつけな職業が、保育士です!ですが、「待機児童」や「給料が低い」など、さまざまな問題が話題にあがることも多く、「これから保育士を目指そうかと思っている」「資格をとって、転職したい」と考える人にとって、悩みどころかもしれません。

そこで今回は、「実際に保育の仕事ってどうなの?」「楽しいところって、どこ?」という保育士をやっていて良かった!と感じる瞬間についてご紹介致します。これから保育士を目指そうとしている方に、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

1.子どもの成長を見て感動した時

保育士は、子どもと一日の多くの時間を過ごします。子どもは毎日めまぐるしく成長しているので、昨日はできなかったことが今日できているなど、「はじめて」の場に遭遇することが多いです。

はじめてひとりで立つことができた、はじめて友達におもちゃを譲ってあげられたなど、子どもの成長を目の当たりにした瞬間こそ、保育士をしていて楽しいところだといえます。

保育士は子どもと遊んでいるだけが仕事ではなく、子どもの成長を促す工夫をしたり、手助けをしたりしながら毎日を過ごしています。その甲斐あって、子どもが何かできるようになった時には、心の底から良かった!と思うことができますよ。

そしてこれは、保育士をしていて一番のやりがいでもあります!

2.子どもの笑顔が見られる時

確かに、保育士は残業が多かったり、持ち帰りの仕事が多かったりなど、大変な仕事です。ですが、「この子たちの笑顔のためなら頑張れる!」と思っている保育士は多いはずです。それほど、毎日子どもたちの笑顔には癒され、救われています。

子どもが好きな人であれば、「〇〇先生~!」と笑顔で抱きついてきてくれればとても嬉しい気持ちになります。行事などの準備が大変でも、「楽しかった~!」と子どもが笑顔になってくれれば「頑張って良かった!」と準備の疲れなんか吹っ飛んでしまいますよ。

よって、かわいい子どもたちの笑顔を毎日何度も見られるというところは、保育士という職業の楽しいところだといえると思います。

3.子どもが自分を信頼してくれた時

子どもにとっての一番は、やはり「母親」などの家族であることが多いです。最初は保育園に来るのを嫌がる子がほとんどですし、「ママがいい!」と泣いてしまう子も多くいます。

ですが、毎日接していくうちに「保育園楽しいよ」と言ってもらえたり、「〇〇先生、大好き!」と言ってもらえたりする瞬間は、この仕事をやっていて楽しいところだといえます。子どもとの信頼関係をきちんと築けた時は、「やっていて良かった!」といつも感動します。

仕事で忙しいママを持つ保育園の子どもたちにとって、保育士はママの代わりのような存在です。頼ったり、甘えたりしてもらえると「この子たちのために頑張るぞ!」とやる気が出てくると思いますよ。

4.子どもの可愛い・面白い瞬間を見つけた時

保育の仕事は大変だと言われますが、こんなに毎日笑って過ごすことのできる職業は他にはあまりないのではないかとも思います。子どもと生活していると、「可愛いなぁ」「面白いなぁ」と感じる子どもの仕草や行動をたくさん発見することができます。

そんな子どもの姿に、時には腹を抱えて一緒に笑ったり、癒されたりする瞬間が、他の仕事では味わえない楽しいところだと思いますよ。楽しいことばかりではないかもしれませんが、同じくらい「楽しい!」「面白い!」と思えるような瞬間が見つけられるはずです。

5.保護者の方から感謝された時

保育士は子ども相手の仕事だと思われがちですが、子どもと同じくらい保護者さんを相手にする仕事も多いです。送り迎えの時に伝達をしたり、一日の様子を報告したりするなど、大人相手に関わることもとても多い仕事です。

保育士は、保護者の方が安心して子どもを預けて仕事が出来るよう、サポートしています。「安心して仕事に集中してもらいたい」「仕事で疲れているママたちを笑顔で迎えてあげたい」と思いながら、毎日保育をしています。

だからこそ、保護者の方から「ありがとう」「いつも助かります」という言葉をもらえると、とても嬉しい気持ちになります。自分の頑張りを直接認めてもらえる感謝してもらえるというところは、この仕事の楽しいところ、やりがいのあるところだと思いますよ!

6.美味しい給食が食べられる時

保育園は忙しいママたちのためにほぼ毎日給食だというところがほとんどだと思います。保育園の給食は、子どもたちの成長を考えたバランスの良い美味しいご飯です。もちろん、保育士も子どもたちと一緒に食べることができます。

給食を実際に食べてみて、味付けや栄養バランスを自然と勉強することができます。また、赤ちゃんのクラスでは離乳食を毎日見ることができるので、将来子どもができた時のための予習にもなりますよ。

また、保育士はとても身体を動かす職業なので、お腹が減ります。そんな時に、大好きな子どもたちとワイワイ美味しい給食を食べられる瞬間は、この仕事の楽しいところだと思いますよ!

おわりに

いかがでしたか?大変だと言われる保育の仕事ですが、こんなにも楽しいところがたくさんあるのだということを分かってもらえると嬉しいです。実際働いてみれば、これ以上に楽しいところはきっとどんどん見つかってくると思いますよ!

「子どもが好き!」「こんな楽しいところがあるなら、働いてみたいな」という方は、ぜひ一度挑戦してみても良いかもしれませんね!