一緒に仕事したくない人!会社で嫌われるのはこんな社員の特徴9つ!

issyonisigotositakunaihito-tokucyou

会社にはいろいろな人が集まっていますが、その中には「この人は一緒に仕事したくない人だなぁ」と思われるような人もいます。では、具体的にどのような特徴を持つ人が「一緒に仕事したくない人」として周りから思われてしまうのでしょうか?

今回は、一緒に仕事したくない人として会社で嫌われる社員の特徴をご紹介したいと思います。いずれかの特徴に自分が当てはまってしまうという人は、ぜひ改めてみるきっかけにしてみてくださいね。

1.時間やルールを守れない

社会に出て仕事をする限り、仕事の納期や会議の時間など、時間を守るということが必ず必要になってきます。ですが、納期を守れない、約束の時間に遅れるというような特徴があると、一緒に仕事をする人に迷惑をかけてしまうことになります。

時間を守れない特徴を持つ人は周りからの信用も失くし、一緒に仕事したくない人として敬遠されてしまうようになりますよ。納期がある仕事は、きちんと自分で余裕をもってスケジュールを立てておくようにしましょう。

また、約束の時間に遅れがちという方は、腕時計の針を10分進めておくなど、常に早め早めの行動を心掛けるようにしましょうね。

さらに、会社にもさまざまなルールが存在しているはずです。会社の備品の使い方はしっかり守れていますか?会社のパソコンを私用に使ってしまってはいませんか?このようなルールをしっかり守ることも、会社で仕事をしていく上でとても大切なことです。

2.挨拶ができない

「おはようございます」「ありがとうございます」「お先に失礼します」など、会社では挨拶をする場面がたくさんありますよね。「たかが挨拶」と思う人もいるかもしれませんが、挨拶は人と人との関わりの基本です

良い挨拶は、人間関係を円滑にすることができます。もし、挨拶をしても無視されてしまったり、何も言わずにこそっと退勤してしまったりするようなことがあると、周りの人は良い気持ちにはなりませんよね。

挨拶ができない特徴を持つ人は、一緒に仕事したくない人として認定されてしまいがちです。

毎日の挨拶は、ハキハキ明るい笑顔でするように心掛けましょう。周りの空気を明るくするような挨拶ができると良いですね!目上の方には、挨拶だけでなくきちんとお辞儀もするようにしてくださいね。

3.空気が読めない

周りの空気が読めず、突拍子もないようなことをしてしまう特徴を持つ人は、一緒に仕事したくない人として見られてしまいます。取引相手に悪気もなく失礼なことを言ってしまったり、会議の流れを読めずに関係のない発言をしてしまったり、思い当たるふしはないですか?

多くの仕事は、人と人との関わりで成り立っています。そのため、常に相手が何を考えているのかということを敏感に察知しなければ良い仕事はできません。相手の表情や声色、周りの人の雰囲気などに気を配り、場の空気に合わせた行動ができるような人になりましょう。

4.責任感がない

仕事の多くはひとりひとりが責任を持って「役割分担」をこなし、それを次の人に「バトンタッチ」していくことで成り立っています。ですが、その中のひとりでも自分の役割の仕事に責任を持たず、締め切りを守らなかったり、うっかりミスをしてしまったりすると、どうなるでしょう?

次の人へのバトンタッチが上手くいかずに、その仕事に関わる全ての人に迷惑をかけてしまうことになります。責任感がないという特徴を持つ人には、仕事を安心して任せることができないため、一緒に仕事したくない人として見られてしまいますよ。

「自分ひとりくらいいいや」といって手を抜くことは、その仕事全体としてのミスに繋がってしまう、とても迷惑な行為です。自分が任せられた仕事は、最後まで気を抜かずに責任を持って作業するようにしましょう!

5.チームワークを乱す

仕事でチームを組むこともよくあることだと思います。ですが、「このチームで頑張ろう!」と一致団結している時にチームワークを乱すような行為をしてしまうと、一緒に仕事したくない人として嫌われてしまいます

みんなのやる気を削ぐような発言をしたり、個人プレーばかりして足並みを揃えなかったりすることは、チームワークを乱す原因になってしまいますよ。そういう特徴を持つ人がチームにひとりでもいると、一気にチーム全体の雰囲気までもが悪くなってしまいがちです。

チームで仕事をするからには、まずはチームのリーダーを尊重して、周りの人たちと協力し合いながら仕事を進めていくように心掛けましょう。「みんなと良い仕事をしたい」という気持ちが大切ですよ。

6.人のせいにする

仕事で失敗をした時、人に責任をなすりつけるような特徴を持つ人は、一緒に仕事したくない人として周りから敬遠されてしまいます。

「自分は悪くない、○○さんの教え方が悪い」「〇〇さんが△△してくれなかったから失敗した」という風に、自分の非を認めない行動は、周りの反感を買ってしまいます

万が一仕事でミスをしてしまったとしても、決して人のせいにしてはいけません。「自分だけが悪いわけじゃない」と思ったとしても、自分もその仕事に携わっている限り、責任が全くないとはいえません。

思うところはあるかもしれませんが、まずは誠心誠意謝罪をし、一刻も早く改善策を見つける方が先決です。人のせいにする前に、自分ができることを見つけましょう。そんなあなたの姿をきっと誰かが見て、評価してくれているはずです。

7.仕事とプライベートの区別ができない

「彼氏に振られた」「家族と喧嘩した」・・・このようにプライベートで悲しいことがあるかもしれません。ですが、その感情を仕事にまで持ち込んでしまうのは社会人として失格です。

気持ちの切り替えができずに仕事でミスを連発してしまったり、周りの雰囲気まで悪くしてしまったりすると、一緒に仕事したくない人だなと思われてしまいますよ。「仕事は仕事、プライベートはプライベート!」と、自分で上手く気持ちの切り替えができる人になりましょう。

また、会社の人のプライベートな部分にまで首を突っ込みすぎる特徴を持つ人も、一緒に仕事したくない人として嫌われてしまいがちです。

「今日はデートなの?」「彼氏はいるの?」などプライベートなことをしつこく聞いてくるような人は嫌がられます。セクハラで訴えられることもあるので、十分注意しましょう。

8.コミュニケーションを取ろうとしない

スムーズに仕事を進めるためには、「報告・連絡・相談」のいわゆる「ホウレンソウ」が大切だという話は聞いたことのある人も多いと思います。このように、良い仕事をするためには、細やかなコミュニケーションが大切になってきます。

このように細やかなコミュニケーションを取ろうとしない特徴があると、「相談なしに見当違いの仕事をしてしまう」「連絡不足で周りがミスをしてしまう」など、他の人に迷惑をかけてしまうことになります。仕事はチームプレーです。

「自分だけが知っておけば良い」ではなく、周りの人とまめにコミュニケーションをとるように心掛けましょう。日頃からコミュニケーションを取るように心掛けると、困った時にはフォローしてもらえたり、気付かないミスを指摘してもらえたりなど、良いこともたくさんあるはずです。

9.性別で判断する

「お茶組みやコピーは女がしろ!」など、性別で物事を判断する特徴を持つ人は、周りから一緒に仕事したくない人として嫌われてしまいます。今は男女平等が進んでいるため、そのように性別で差別する特徴を持つ人は時代遅れとして敬遠されてしまいますよ。

反対に、「私、女だからできない~」と言う、泣けば許してもらえると思っているなど、女性であることを武器にしてしまうような特徴を持つ人も、一緒に仕事したくない人として嫌われてしまいがちです。

会社で一緒に働く以上、男も女も関係ありません。男女で区別をつける考え方をいつまでもしていると、一緒に仕事したくない人として認定されてしまいますよ。ぜひみんなが同じ目線になって物事を考えるようにしましょうね。

おわりに

いかがでしたか?一緒に仕事したくない人として周りの人に嫌われる特徴が分かったでしょうか?たくさんの人が集まる会社では、さまざまな個性や特徴があって当然です。ですが、「これは自分の個性だから」と言って、周りの人に迷惑をかけてしまって良いというわけではありません。

「一緒に仕事したくない人」として周りから敬遠されないよう、最低限人に迷惑をかけてしまったり、嫌な気持ちにさせてしまったりするような行動や発言には気を付けましょうね。