自己PRが書けない!フリーターから正社員を目指す書き方テクニック!

jikopi-a-ru-kakenai-furi-ta-

フリーターとしてずっと働いてきたけれど、正社員目指して就活中!という方は多いと思います。ですが、いざ就活のために自己PRを書こうと思ってもなかなか書けない、何をどうやって書けば良いか分からないという方もおられると思います。

そこで今回は、フリーターから正社員を目指す際に自己PRが書けない時の書き方テクニックをご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.まずは求人情報をしっかりと読む!

自己PRとは、ただ自分をアピールすれば良いというわけではありません。「自分の性格や経験が、あなたの会社でこういう風に役に立ちますよ!」「こういうところが、仕事で活かせますよ!」など、自分と会社とを絡めてアピールするのがポイントです。

そのためには、何よりもまず求人情報をしっかりと読むところから始めましょう!会社のことが何も分かっていない状態では、「自分」と「会社」を絡めた良い自己PRは書けないですよ!

求人情報をきちんと読むと、その会社がどんな人物を求めているのかが分かるはずです。「コミュニケーション能力が高い人」「経験者優遇」「人を笑顔にするのが好きな人」など、仕事によって求める人物像はさまざまです。

自己PRがなかなか書けないと悩んでしまった場合には、まずはじめに求人情報からそれを読み取り、書くべき方向性を定めるようにしましょうね。

2.バイトを通して学んだことを具体的にあげてみる!

フリーターから正社員を目指す時に、決して「フリーターなんて雇ってもらえないかも・・・」「フリーターなんて恥ずかしい、アピールなんて何も書けない」なんて思ってはいけません!たとえアルバイトであっても、仕事は仕事です!

新卒と違い、フリーターとしてでも一度社会に出ているからこそ、そこで経験したことや学んだことはぜひアピールするべきですよ!アルバイトを通して学んだことは、積極的に自己PRに書くべきです。

その時のポイントとしては、できるだけ「具体的に」書くようにすることです。例えば、「接客業を通して、さまざまな喜びや楽しさを得られました」では、何を得たのかあまりイメージできません。

それよりも、「接客業のアルバイトでは、お客様の顔や好みをすぐに覚えることが身につき、そのことがお店のリピーターを増やすことに繋がりました」など、具体例をあげた書き方の方がより自己PRができていますよね。

このように、フリーターとして学んだこと、経験したことについては、読む人がイメージしやすいように具体的に書くように心掛けてみてくださいね。

3.学んだことを会社でどのように活かせるのか書く!

自己PRで最も大切なのは、このポイントです!フリーターで得た経験を、会社のためにどのように活かせるのかをしっかりアピールするようにしましょう。このポイントを考える時に役立つのが、はじめに調べた「求人情報」ですよ!

アルバイトで学んだことや経験したことがたくさんある場合には、その中で会社が求める人物像であることをアピールできるものをピックアップして書くようにすると良いでしょう。

例えば、「コミュニケーション能力が高い人」を会社が求めている場合には、「私は接客業のアルバイトを通し、たくさんの方と関わってきました。この経験から、人の顔や名前、その人の好みなどを覚えることが得意です。

この経験を活かし、一人一人としっかりとコミュニケーションをとりながら仕事をしていきたいと思います。」など、自分の経験がどのように会社に貢献できるのかを絡めて書くようにすると良いですよ。

4.資格取得や勉強していることについて書く!

自己PRがなかなか書けない、書くことがあまりないという場合には、資格取得したものや今勉強していることについて書いても良いですよ!フリーターという働き方を選んだ方の中には「将来のためにも、空いている時間で資格でもとろうかな」という人も少なくありません。

その場合には、ぜひ自分の頑張ったことについてアピールするようにしましょう!「フリーターをしながら、〇〇という資格を取りました。そのため、資格を活かして即戦力として働くことができます」など、「自分はこういう風に役に立ちますよ!」とアピールすると良いですよ。

5.プライベートのことについて書いてもOK!

フリーターとして得たことでは会社に繋がる自己PRが何も書けない、資格取得なども特になく書けない・・・という場合には、プライベートについて書いても良いでしょう。アルバイトという働き方だからこそ、プライベートの充実も両立してきたという方は多いはずです。

また、ボランティアの経験があるならば、そこにスポットを当ててみるのも良いですね。ですが、「ボランティア活動」自体をアピールポイントにしないように注意しましょう。ボランティアを通して見えるあなたの人柄や学んだことをきちんと書けるようにすると良いですよ。

おわりに

いかがでしたか?自己PRが書けないと焦ってしまいますよね!フリーターであるという負い目があると、なおさらスムーズに書けないこともあると思います。

ですが、アルバイト生活をしていたという事実を恥じることなく、そこで得た経験などをしっかりと就活でプラスにアピールできると良いですね!