上司に嫌われる女の特徴!目上の人をイラっとさせる態度6つ!

jousinikirawareru-onna

仕事を円滑に進めるためにも、職場での上司との人間関係はとても重要です。しかしながら、本人は気付いていなくても、目上の人をイラッとさせてしまって嫌われる人っていますよね。

上司に嫌われる人にはいくつかの共通点があります。今回は上司に嫌われる女の特徴を6つ紹介したいと思います!

1.甘えてすぐに泣く

「甘えてすぐに泣く」人は職場にいませんか?

仕事である以上、任せられた仕事はきちんと全うすることが当たり前ですが、上司に嫌われる女は難しい仕事を任せられてできなければすぐに泣く、ミスを注意されればすぐに泣くことがあります。それを目の当たりにすると上司はイラっとしてしまうでしょう。

こんな風に、自分は女だからできなくても許される、泣いても許されるという態度がどこかに出ている人は上司に嫌われる女の特徴といってよいでしょう。

仕事である以上、泣いたからと言って解決するものではありませんよね。本人は都合が悪くなったら泣いたら許されるとどこかで甘えていますが、周りの上司はイラッとするでしょう。

2.人によって態度をコロコロ変える

人によって態度をコロコロ変える裏表のある人は上司に嫌われる女の特徴の一つです。たとえば、上司の前ではいい子ぶっていて、いつも低姿勢でゴマすりが上手だけど、後輩や自分の気に入らない人には冷たくあったり、陰でいじめていたりする人は上司に嫌われる女でしょう。

本人は裏表が激しく、人によって態度をコロコロ変えていることがバレていないと思っているかもしれませんが、意外と見ている人はちゃんと気付いています。

人によって態度を使い分けている女性は信用できないので社内からの信頼もなくなってしまいます。

3.何かにつけて愚痴が多い

いちいち何かにつけて愚痴が多い人が職場にいるとうんざりしますよね!いつも愚痴ばかりの人は上司に嫌われる女の特徴と言って良いでしょう。

仕事を頼まれると「え~私まだやらなきゃいけない仕事があるのに・・・」や「○○さんとは仲良くないから一緒のチームにはなりたくないです」などと、社会人としての自覚がなく、仕事であるのにもかかわらずいちいち何かにつけて愚痴を言います。

上司からすると「文句ばかり言っているのなら辞めれば?」と思わず言いたくなってしまいますよね。自分の立場をわきまえず、愚痴ばかりの人は上司に嫌われるでしょう。

4.場の空気が読めない

職場での場の空気が読めない人っていますよね。女性は男性に比べるとおしゃべりな人が多いです。

もちろん、休憩時間に楽しくおしゃべりする分には問題ないのですが、仕事中にも休憩時間と変わらないボリュームとテンションでしゃべったり、真剣な場であるのにもかかわらずクスクス笑っていたりと場の空気が読めない人は上司から嫌われる人の特徴でしょう。

本人には悪気はなくても、職場に空気が読めない人がいることで、周りはイライラしたり、うんざりしたりすることもあるでしょう。

5.感情的ですぐにキレる

女性は男性に比べると感情的であると言われますが、職場で気に入らないことがあったり、自分の思い通りにならないからといって感情的になってヒステリーを起こす人は上司に嫌われる特徴でしょう。

仕事をしていく中で、誰しもが理不尽な目にあったり、うまくいかずにイライラすることはあるはずです。

でもそこは社会人の大人としてグッと我慢をしているはずです。それができずにいつでも感情に振り回されて、気に入らなければすぐにキレたり、無視をしたりするような人は上司からみてもうんざりしますよね。

そんなことが続くと、この人に頼んでもまたすぐヒステリーを起こすのではないか・・・と仕事を頼むこともしにくくなってしまいます。大人である以上、自分の感情はある程度コントロールできて当たり前です。

6.言い訳が多い

誰しも、仕事でミスをしてしまうことはあるでしょう。そんな時に謝罪よりもまずは「言い訳」ばかりする人は上司から嫌われる女の特徴でしょう。

ミスをしたことに自分なりの言い分があるかもしれません。でも、まずは自分がミスをしてしまって周りや上司に迷惑をかけてしまったことを素直に謝罪することが、何よりも一番先にすることです。

普段から言い訳ばかりで、やるべきことがきちんとできていない部下は上司から見てもイラッとするはずです。言い訳をする前に、自分が周りに迷惑をかけてしまったときは「すみません」と一言謝罪の言葉があるかないかで、周りからの印象もずいぶん違うものですよ。

おわりに

いかがでしたか?

今回は上司に嫌われる女の特徴を6つ紹介しました。

女性は男性に比べると感情に左右されやすい傾向があります。でも、職場では仕事をするところなのである程度の我慢をしたり、場の空気を意識したり、感情をコントロールしなければなりません。上司は意外とちゃんと部下の普段の態度や行動を見ているものです。

職場で上司とうまくやっていくためにも、感情に振り回されることなく大人としての自覚を持って業務に取り組むことが大切ですね。