家事と仕事の両立のコツ!少しでも楽に毎日を過ごすための工夫6つ!

kaji-sigoto-ryouritu-kotu

共働きの家庭が増えてきている今、「家事と仕事の両立」は重要な課題だと思います。「仕事だけでいっぱいいっぱい!家事が苦痛でしょうがない」「どうにかして少しでも楽に過ごすことができないだろうか」と考える人もたくさんおられることと思います。

そこで今回は、家事と仕事を両立するためのコツをご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.まとめ買いをする!

共働きの人の中には、毎日仕事帰りにスーパーに寄ってから帰る方も多いと思います。ですが、毎日献立を考えて、毎日スーパーに寄るのは面倒だなぁと感じている人もいると思います。

仕事が終わって、すぐに家に帰ることができたら時間の短縮になりますよね。そこで、家事と仕事の両立のためには、まとめ買いを心掛けることがおすすめのコツです。

「一週間分のまとめ買いが節約になる」ということはよく言われています。ですが、野菜などの生鮮食品は、一週間持たせるための下処理がどうしても必要になってきます。その労力が惜しいという方は、3日分くらいを目安にまとめ買いすることをおすすめします。

3日分の献立を事前に決めておき、買うものをメモ帳に書いてから買い出しに行くことがコツですよ。あらかじめ買うものが決まっているので、店内を無駄にウロウロすることもなくスピーディーに買い物を済ますことができます!

2.常備菜を用意する!

お休みの日には、常備菜を作ってみるのも家事と仕事の両立のコツです。日持ちする常備菜が冷蔵庫に入っているというだけで、平日の夕食作りが時短になり、気持ちにも余裕ができます。

すぐに食べることができる常備菜があることで、「もう今日は疲れたからご飯作る気しないな~お惣菜でいいや」というようなこともぐっと減ると思いますよ。

また、毎日お弁当を作っている家庭でも、「詰めるだけ」の常備菜があれば朝の調理時間が随分と楽になります。その時には、お弁当の見栄えが良くなるように、「赤」「黄」「緑」など色とりどりの常備菜を作るようにするのがコツですよ!

3.洗濯は夜に済ませておく!

「洗濯は朝するもの」と思っている人は多いと思います。ですが、共働きの主婦にとって、朝の時間帯は一分一秒無駄にできない、一日で最も慌ただしい時間だと思います。そんな朝の時間帯を少しでも楽にするためのコツは、洗濯を夜に済ませておくことです。

洗濯機を夜に回して、部屋干しするところまで済ませておきましょう。すると、朝は天気が良ければハンガーにかけたまま外に移動させれば簡単です。天気が悪いようならば、そのまま部屋干ししておけば良いですね。

毎日している家事であっても、「これはこうすべきもの」という先入観をとってみることも大切です。「こうしなきゃ!」と考えるよりも、「こうしたら楽になるかも!」と常に考えてみることが家事と仕事の両立で大切なコツですよ。

4.家族が片付けやすい部屋作りをする!

仕事から疲れて帰ってきて部屋が散らかっていると、仕事の疲れがますますひどくなるような気がしますよね。「片付けても片付けても散らかっていく」という状況を抜け出すためには、家族みんなが片付けやすい部屋作りをすることからはじめましょう!

爪切りやはさみなど、細々したものの場所をママしか把握できていないということはありませんか?それではママ以外の家族が元の場所に片付けることは難しいですし、いちいち「爪切りってどこ~?」などの家族の問いに答えなければならなくなり、効率的ではありません。

リビングなど、家族みんなで使う場所にあるものは全員が定位置を把握できるようにしておきましょう。一番使いやすいところを定位置にすることはもちろん、しまう場所にはラベリングをしておくのもおすすめですよ。

家族ひとりひとりが「出したものはもとの場所に戻す」ことをきちんと心掛けるだけで、ママが片付けに費やす時間はぐんと減るはずです。

5.家族で役割分担を決める!

「家事と仕事の両立ができない!」と嘆いている方の中には、「何もかも自分がやらなくちゃ!」と思い込んでしまっている人も多いです。ですが、「家事」とは家族が毎日を安心して健康に過ごすために必要な様々なことです。

だからこそ、「家事」は家族みんなで分担することも当たり前で大切なことなのではないでしょうか?パパはもちろんですが、子どもたちだって自分たちにできることはたくさんあるはずです。

子どもにも、お風呂掃除やテーブル拭きなど、年齢に合わせて出来ることは任せてみるのが両立のためのコツですよ。「教えるのが面倒だな」「自分でやった方が早いし」と思うこともあるかもしれません。

ですが、それではいつになっても子どもたちが家のことを自分でやってくれる日は来ませんよ!将来の子どものためにも自分のためにも、今少しだけ時間をかけて家族に役割分担させておくことは大切なことです。

6.「できることだけで良い!」と割り切る!

家事も仕事も全て完璧にしようと思わなくても大丈夫です。どちらも上手く両立するためには、時には「できることだけで良い!」という適当さを持つことが大切なコツです。特に家仕事は、一日掃除をサボったからといって誰か病気になるわけでもありません。

仕事はサボるとたくさんの人に迷惑をかけてしまうかもしれませんが、家事は気のしれた家族にしか迷惑をかけることはありませんよね。家族にとっても、「全て完璧にしなきゃ」といつもピリピリしているママより、「今日くらいはいっか♪」とニコニコしているママの方が嬉しいはずです。

時には、「これは明日にしよう」「今日は疲れたからやめておこう」と何かを諦めることも大切です。上手く両立するためのコツは、「100%じゃなくても良い」と自分自信を許してあげることですよ!

おわりに

いかがでしたか?家事と仕事の両立のために工夫できるコツが分かったでしょうか?手を抜けるところは程よく手を抜きつつ、家族みんなで協力できる体制を築いていきましょうね!