危険!過労で倒れる前兆!要注意するべき症状のサイン7つ!

karou-zenntyou

仕事が忙しくて体に疲れが溜まっているのはわかっているけれど、どうしても休めない、代わりがいないという状況の人もいるはずです。そのように無理をして疲労を溜めていくといつか体が限界をむかえて倒れてしまうかもしれません。

どうやら過労で倒れる前兆の症状がいくつかあるようです。もちろんこの症状がなければ大丈夫というわけではありませんが、気をつけるポイントとして参考にしてみてくださいね。

1.めまい

過労で倒れる前兆の一つに、疲れで「めまい」が起こることがあります。

症状としては、まっすぐ歩いているつもりでもフラフラと横に逸れる、座っていたり横になっていても頭がぐるぐると回る、大きな症状がなくても、二日酔いのようなふわふわした感じがあるなど、いろいろな症状があります。

めまいの原因にはストレスや過労での自律神経の乱れがあげられます。ぐるぐる回るめまいと同時に耳鳴りがすることもありますので、おかしいなと思ったら、耳鼻科に行って検査してもらいましょう。めまいは慢性化するものもありますので、早めの対処が大切です。

2.頭痛

大きな仕事を任された時や、緊張するようなシーンで終わったとたんにひどい頭痛に悩まされるという人はいませんか?

一生懸命頑張っている時には気付かなかったけれど、ホッと力をぬいた途端、ズキズキと痛み出す頭痛もあります。しっかり体が休めていないと寝ても頭痛がとれないということが続いて、パフォーマンスが上がらないということもあるでしょう。

過労で倒れる前兆の一つにこのような「頭痛」があげられます。頭は重大な病気が隠れている可能性もありますので、過労で倒れる前兆の一つの頭痛が頻繁に起こる人は早めに脳神経外科を受診しましょう。

MRIで検査をしたらもう大丈夫だと安心せずに、慢性的な頭痛がある人は1年に一度は検査をおすすめします。脳は1年でも変化するようなので定期的な健診が大切です。

3.胃痛

過労で倒れる前兆の一つに「胃痛」があります。

大きなストレスとプレッシャーを常に感じやすく、休みたくても全然休息がとれていないという人に多い症状です。胃痛も自律神経の乱れから起こることがあり、胃酸の分泌が過多になり、胃が炎症を起こして痛むのです。

その他にも慢性的な胃炎になっている人は、食欲不振、吐き気など胃が痛いという症状以外にも自覚症状があるはずです。痛みがひどく辛い場合は胃潰瘍などになっているケースもありますので、あまり市販の薬でごまかさずに病院で受診しましょう。

4.血尿

血尿が出るのも過労で倒れる前兆である可能性があります。

血尿が出る原因として、働きすぎで自分自身の免疫力が低下して膀胱に細菌が入って炎症している可能性があります。血尿は免疫力の低下だけでなく重大な病気が隠れている可能性もありますので、早めに病院を受診してみることが大切です。

5.気持ちが常に暗い

過労で倒れる前兆の一つに「気持ちが常に暗い」ということがあります。

このまま放置しているといつの間にか「うつ病」になってしまう可能性も・・・始めはうつの自覚症状はなく、「会社に行きたくない」や「人と関わりたくない」などとネガティブな気持ちになり、常に気分が乗らないな・・・という心理から始まるケースも多いです。

うつ病になってしまうと、何年も改善されないケースも多いので厄介な病気です。もしも、過労で気持ちが常に暗くなっていたり、人とのコミュニケーションが怖いと思うことが増えてきたときは、無理せず休息してリフレッシュすることが一番大切です。

改善が見られなければ、心療内科を受診してみることも大切なことです。

6.眠れない

過労で倒れる前兆に「眠れない」ということがあります。

体はとてつもなく疲れているのにもかかわらず、寝付くことができない・・・という”睡眠障害“を引き起こしている可能性があります。

働きすぎて体は悲鳴をあげているのに、眠れない、そしてそのまままた会社に行く・・・体が疲労でパンクしてしまうのは容易に想像がつきますよね。

睡眠障害は過度なストレスや疲労から引き起こされるケースが多いので、自覚症状がある人は早めに心療内科を受診してみましょう。

7.不整脈、高血圧

過労で倒れる前兆の一つに「不整脈や高血圧」の心疾患があります。

不整脈や高血圧は誰にでも起こりうることだと安易に考えてはいけません。

心臓は放っておくと、心筋梗塞や、虚血性心疾患になることがあり、最悪の場合命に関わる可能性もありますので、おかしいなといつもと違う異変を感じたらすぐにでも病院を受診してくださいね。

おわりに

いかがでしたか?

日本人は勤勉なので、責任感から「自分が休むわけにはいかない」と自分の体のSOSを気付かないふりをしてやり過ごしてしまう人も多いのです。しかし無理をした結果過労で倒れてしまっては人生を棒に振ってしまうことも・・・

自分で「働きすぎかも・・・」と感じている人はうまく休息をとることが最善策です。そして、今回紹介した過労で倒れる前兆を感じた人は、早めに病院を受診してくださいね。