子持ちの主婦でも働きたい!子育てと上手く両立して仕事をするコツ!

komoti-syufu-hataraitai

子持ちの主婦でも、「仕事が好き!」「子育て以外でやりがいを見つけたい!」など、働きたいと感じている方は多いと思います。

ですがやはり、「子育てと両立できるだろうか?」「子どものことで職場に迷惑をかけないだろうか?」と心配で、なかなか行動に移せないという方も多いですよね。

そこで今回は、子持ちの主婦でも働きたい時、子育てと上手く両立するコツをご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.近くに頼れる人を見つけておく!

仕事をしながら子育てをするのは、きっと予想以上に大変なことだと思います。その時に大切になってくるのが、「身近な頼れる人の存在」です。

例えば、仕事が長引いて子どものお迎えが遅くなってしまった時、誰か頼れる人は身近にいますか?

子持ちの主婦が仕事をすると、想定外のハプニングに見舞われることも多々あると思います。そのような「万が一」の時に、頼れる人がいるのといないのとでは、ずいぶんと違いますよ!

子持ちの主婦が働きたいと思ったら、両親や義両親、ママ友など、いざとなった時に頼りにできる人を事前に探しておくようにしましょう!

2.子どもが病気の時の預け先を探しておく!

子持ちの主婦が働きたいと思って社会に出た時に直面しやすい悩みが、「子どもの体調不良」です。

「子どもが一番!」とは思いつつも、頻繁に子どもの病気で欠席や早退を繰り返していては、職場に迷惑をかけてしまいますし、あなた自身も心苦しくなってしまいますよね。

このことが原因で、「やっぱり子育てしながら働きたいなんて、無理だったんだ・・・」と仕事を辞めてしまう人も多いです。

よって、子育てと仕事を両立したいと思うならば、子どもが病気の時に備え、預け先を探しておくことをおすすめしますよ。

両親や義両親に預けられれば良いですが、遠方に住んでいたり、「病気の子を預かるのは怖い」「何かあったら責任が持てない」と良く思われないこともあったりすると思います。

そのような時におすすめなのが、「病児保育」です。病児保育とは、保育園と違い、病気の子でも預かってくれる「保育」と「看護」の機能を併せ持った施設やサービスです。

知識を持ったプロがきちんと預かってくれるため、安心して仕事に行くことができますね。

事前に利用登録が必要なので、子持ち主婦が働きたいと思った時には、ぜひ仕事を始める前に登録を済ませておいてくださいね。

3.家事の時短ワザを身につける!

子持ち主婦が働きたいと思った時、何よりも大切にしたいのが「時間」です。仕事と子育てを両立しようと思ったら、時間はいくらあっても足りないくらいだと思います。

そこでぜひ身につけてほしいのが、「家事の時短ワザ」です!

例えば、「食事はワンプレートに盛り付け、洗い物を少なくする」「ネットスーパーを利用する」「洗濯物は畳まず、直接ハンガーにかける」など、工夫次第で時間や手間を省ける点はたくさんあると思いますよ。

中には、「自分の働きたいというわがままで仕事をするんだから、家事に手を抜きたくない!」と感じる人もいるかもしれませんね。

ですが、子どもにとって「家事は完璧だけど、いつも忙しそうなママ」と「時短ワザを使っているけれど、いつもニコニコしているママ」のどちらが良いのかは一目瞭然ですよね!

家事の時短ワザを使うということは、「家事に手を抜く」ということが目的ではなく、「家族と過ごす時間を少しでも増やす」ということを目的にしているのだと思えば、きっと罪悪感もなくなると思いますよ。

4.家のことはできるだけ家族全員でするようにする!

今までは「家事は主婦が全てするもの」という認識だった人も多いと思います。ですが、仕事と上手く両立しようと思ったら、今までと同じようにするのは無理だと思います。

できる限り、家のことは家族全員でするように心掛けていきましょう!

子どもにも「自分の洗濯物を畳む」「お風呂の掃除をする」など、年齢によってできることはたくさんあると思うので、任せてみるのも良いしつけになりますよ。

「家のことは家族でするのが当たり前!」という雰囲気を今から作っておけば、仕事で忙しい時でも頼りにできますし、子どもの自立心を育てることにも繋がるので、効果的だと思います。

5.家事は朝まとめてするようにする!

子持ちの主婦が働きたいと思った時におすすめの家事のコツが、家族が起きる前に「朝まとめて作業をしておく」ことです。

朝であれば、子どもの都合を優先して動く必要もなく、仕事で急な予定が入ることもないため、自分のペースで家事に集中することができます。

例えば、朝に部屋の掃除を済ませておけば、帰宅した時に気分が良いです。また、朝ごはんの準備と一緒に夕ごはんの下準備をしておけば、帰ったらすぐに夕食を食べることができます。

このように、一日にするべき家事を朝前倒しでやっておくことで、万が一仕事が長引いても焦ることなく過ごすことができます!

仕事と子育ての両立をしようと思うと、どうしても帰宅後はバタバタして心に余裕もなくなってしまいがちですよね。

ですが、このように朝まとめて作業しておくことで、帰宅後に余裕を持って子どもと向き合う時間を作れるはずですよ!

6.在宅でできる仕事や子連れ出勤可能な仕事を探す!

子持ちの主婦が働きたいと思った時に、仕事選びの際にぜひ視野に入れていただきたいのが、「在宅でできる仕事」「子連れ出勤可能な仕事」です。

「在宅でできる仕事」とは、自宅でクラウドソーシングを利用すれば誰でも簡単に探すことができます。

仕事内容は、データ入力や記事作成、デザインなど多岐にわたっているため、これまでのキャリアやスキルを活かしたやりがいのある仕事を見つけることが可能ですよ!

子どもを見ながら仕事ができるので、子どもの病気にもすぐに対応することができ、安心ですよね。また、「子連れ出勤可能な仕事」も近年増えてきています。

職場にキッズスペースがあったり保育施設があったりするので、まめに子どもの様子を見ながら安心して仕事に取り組むことができますね。

中には、子どもを連れてのお弁当宅配や清掃作業など、常に子どもと一緒に働くことができる職場もあります。

このように、「子持ち主婦でも働きたい!」というママのニーズに応えた仕事も徐々に増えてきています。

このような仕事を選ぶようにすれば、仕事と子育ての両立も上手く行きやすいと思いますよ!

おわりに

いかがでしたか?子持ち主婦でも働きたいと思った時に、子育てと上手く両立できるコツが分かったでしょうか?

共働きが一般的になっている今、「子持ち主婦だから、自分のやりたいことは諦めなきゃいけない」ということはないと思います。

働きたいという気持ちを大切に、上手く子育てと両立し、家族全員が幸せになれる方法を探してみてくださいね!