面接で好印象!話し方を改善して採用される確率を上げる方法7つ!

mensetu-kouinsyou-hanasikata

人前で話すのが苦手だったり自信がなかったりする人にとって、面接はとても不安なものですよね。「採用されやすくなるためには、どのような話し方をすれば良いんだろう・・・」と悩んでしまうこともあると思います。

そこで今回は、面接で好印象を与えられる話し方をご紹介致します。コツを掴み話し方を改善して、面接本番に挑めると良いですね!

1.口を大きく動かす!

緊張のあまり表情が硬くなってしまうと、あまり口が動かずにボソボソとした聞き取りにくい喋り方になってしまいがちです。話している内容がどんなに良くても、そのような話し方では好印象が与えられず、勿体ないですよね。

面接の時には、できるだけ口を大きく動かすような話し方を心掛けてみてください。ハキハキとした聞きやすい喋り方ができるようになるはずですよ!意識して口元を動かそうとすることで、表情自体も柔らかくなってくるので、緊張もほぐれやすくなりますよ。

2.ゆっくりと話す!

人前で話すのが苦手な人は、緊張してしまうと自然と早口になってしまうことが多いです。早口では面接官も内容を聞き取りづらく、あなた自身も落ち着きのない人として見られてしまいがちです。

そのため、人前で話すことが苦手だからこそ、ゆっくりとした話し方を意識するようにしましょう。「早く終わらせてしまいたい!」という思いからどんどん話し方が早くなってしまいがちですが、「いつもよりゆっくり喋ろう!」と常に意識することで、早口にストップがかけられますよ。

ゆっくりとした喋り方をすることで、面接官に落ち着いたしっかりとした人という好印象を残せます。また、頭で考え整理しながら喋ることができるため、焦ってパニックになったりもしませんよ。

3.口角を上げて話す!

「話すのが苦手だなぁ」と思いながら話していると、どうしても口角が下がり、暗い声になってしまいがちです。ですが、それでは面接でやる気や元気をアピールすることができず、採用から遠ざかってしまいますよ。

面接が苦手で緊張してしまうという時にこそ、「口角を上げる」ことを常に意識するような話し方を心掛けましょう!口角を上げるようにすると、自然と声が明るく、高くなるはずですよ。

「明るく喋ろう!」と無理をしなくても、口角を上げるだけで自然に明るい好印象な話し方ができます。また、口角が上がっていると、顔の表情もパッと明るくなるはずです。あなたから出るオーラ全体が明るいものになるので、面接官に好印象を与えやすいですよ!

4.相手の目を見て話す!

目は感情をとても良く伝えてくれます。「人の目を見て話しなさい」と小さい頃教えられた人もいると思いますが、目を合わせて喋ることは、相手に好印象を持ってもらいやすい話し方なのです。

それは面接でも同じです。面接官の目を見るようにして、言葉だけでなく目でも気持ちを伝えるようにしながら話すよう心掛けてくださいね。

ですが、「話すのが苦手」という方の中には、人と目を合わせるのが苦手だという方もおられると思います。その場合は無理をして目を見る必要はありません。相手の眉間や鼻のあたりに焦点を合わせても、相手からは目を見ているように感じられるので、試してみてくださいね。

また、面接官が複数人いる場合には、質問をした人を中心に、まんべんなく一人一人と目を合わせていくとより好印象ですよ!一人一人に思いを伝えられるよう、目線でアピールすると効果的です。

5.語尾まできちんと声を出す!

話し下手な人によく見られるのが、語尾が尻つぼみになってしまっていることです。「〇〇だと思い・・・(ます)」など、言葉の最後まで聞き取れないことが多いです。尻つぼみな喋り方だと、どうしてもだらしない印象を抱かれてしまいがちです。

面接で好印象を残したいのなら、語尾まできちんと声に出すように気を付けましょう!語尾まで気を抜かずに話すことで、しっかりとした丁寧な話し方だと思ってもらえますよ。

6.自分自身の言葉で話す!

話すのが苦手な人がやってしまいがちなのが、答えを「丸暗記」してしまうことです。ですが、暗記したものをそのまま話そうとすると、どうしても感情がこもっていない棒読み状態になってしまいがちです。

面接の準備は大切ですが、必ずしも丸暗記をする必要はありません。「伝えたいこと」がしっかりとしていれば、あとはそれを自分自身の言葉で説明できれば良いですよ。また、無理をして「難しい言葉」「知的な言い回し」をしようとしなくても大丈夫です。

喋りなれない言葉ばかりを使おうとしてしまうことで、どうしても言葉につまってしまいやすくなりますし、無理をして喋っている印象になったりしてしまいます。自然な話し方が一番好印象を与えられますよ。

7.丁寧な言葉遣いを心掛ける!

敬語を意識するというのはみんな理解できていると思いますが、忘れがちなのが「若者言葉」などの話し方です。自分自身の言葉で自然に・・・といっても、やはり限度があります。

若者言葉や流行り言葉は使わないようして、できるだけどの年代が聞いても分かりやすい丁寧な言葉遣いを心掛けましょう!例えば、「めっちゃ」は「とても」や「大変」という言葉に置き換えられます。

「うざい」は若者言葉なので、「面倒だ」「不快だ」と面接の場では話すべきです。丁寧な言葉遣いを・・・と思っても、普段の喋り方がなかなか変えられない、どこがおかしいのか分からないという人もいると思います。

その場合には、周りの人に練習相手になってもらうなどして、自分の気付かない変な言葉遣いなどを指摘してもらうようにすると良いですよ!誰が聞いても好印象を持ってもらえる話し方を目指しましょう!

おわりに

いかがでしたか?好印象を与えられる話し方のポイントが分かったでしょうか?緊張でパニックになってしまいそうな時には、これらのポイントを思い出して意識するようにしてみてください。少し意識するだけでも話し方は変わってくるはずです!頑張ってくださいね。