人間関係がうまくいかない!職場で上手く人付き合いをするコツ7選!

ningennkankei-umakuikanai-syokuba

「職場で仲の良い人がなかなかできない」「飲み会やご飯に一緒に行けるような相手がほしい」など、職場での人間関係がうまくいかないことに悩んでいる方も多いですよね。職場は仕事をする場とはいえ、気楽に喋る相手がいないと辛いこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、職場での人間関係がうまくいかない時に、スムーズに人付き合いをするためのコツをご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.常に笑顔で過ごすようにする!

あなたはいつも職場で、どのような表情をしていることが多いですか?きっと意識していないと、自然と難しい顔になっていることが多いのではないでしょうか?誰でも、仕事に集中していると、どうしてもキツイ顔になってしまいがちです。

ですが、表情がきつかったり暗かったりすると、どうしても周りの人が話しかけにくいオーラを放ってしまうようになります。それよりも、いつもニコニコ笑顔でいる人の方が、周りの人は気軽に話しかけてくれるのではないでしょうか?

職場での人間関係がうまくいかないと悩んでいる方は、ぜひ笑顔を意識して過ごすように心掛けてみてください。笑顔を保つコツとしては、「口角」をきゅっと上げるようにすることですよ。

職場で「きつそうな人だな」「話しかけにくいなぁ」と思われないように、どんな時でも笑顔を意識するようにすると効果的です!もちろん誰かと話している時にも、無表情にならないように、笑顔を心掛けてみてくださいね。

2.明るい挨拶を欠かさないようにする!

人付き合いの基本は「挨拶」です。職場での人間関係がうまくいかない場合でも、毎日きちんと挨拶をするのは、社会人としてのマナーですよ。

職場で挨拶をする時のポイントとしては、挨拶プラスαで言葉をかけてみることです。ただ「おはようございます!」で終わるのではなく、「今日は暑いですね!」「髪型、変えました?お似合いですね!」など、何か一言付け足してみましょう。

すると、相手からも一言二言返ってくるようになりますよ。そのように挨拶を繰り返していくうちに、自然と会話が続いていくようになることもあります。仲良くなるきっかけとして、毎日の挨拶は大切にしましょうね。

3.趣味や話が合いそうな人を探してみる!

職場の人間関係がうまくいかないと悩んでいる場合には、まず「自分が話しかけやすい人」を探すことからはじめてみましょう。例えば、自分と趣味や話が合いそうな人を見つけてみるのがおすすめです。

職場とはいえ、持ち物やメイク、服装などにその人の個性が何かしらあらわれているものです。

「そのカバン、かわいいですね!どこのお店のものですか?」「そのペンについているキャラクター、私も大好きなんです!かわいいですよね!」など、自分が興味の持てるものがないかどうか探し、そのことをきっかけに話しかけるようにすると良いと思いますよ。

たくさんの人が集まっている職場で、誰とでも仲良くなるのは最初はハードルが高いですよね。ですが、趣味や話が合いそうな人ならば、無理をしなくても自然と会話が弾みやすいです。まずは、そのような人と話してみることからはじめてみましょうね。

4.自分から話しかけてみる!

「いつも人間関係がうまくいかない・・・」「仲の良い人がなかなかできない」と悩んでいる人の中には、ただ話しかけられるのを待っている人がいる場合もあります。ですが、誰かと親しくなりたいと思った時、待っているだけではダメですよ!

特に職場は、「仕事をするところ」「プライベートと仕事は分けたい」と考えている人も多いため、そもそも無理をしてまで「誰かと仲よくなりたい!」という気持ちがあまりない人がいるのも事実です。

そのため、待っているだけではいつまでも仲の良い人を作ることは難しいと思いますよ。時には少し勇気を出して、自分から話しかける努力をしてみましょう!

とはいえ、いきなりプライベートについて話しかけられるのは嫌だという人もいるので、天気のことや仕事のことなど、誰にでも話しやすい話題から話しかけてみるのがおすすめですよ。

5.悪口や噂話をしない!

円滑な人間関係を築いていきたい場合に注意してほしいのが、決して他人の悪口や根拠のない噂話をしないということです。悪口を言うことが、人間関係にプラスになることは決してないと思いますよ!

それどころか、軽い気持ちで言ってしまった悪口や噂話が原因で、余計に人付き合いがうまくいかない可能性も十分にあります。職場での人間関係をスムーズにしたいと思うならば、悪口や噂話には人一倍注意しておくように心掛けましょう!

6.周りの人の仕事を積極的にフォローしてみる!

「職場の人と一緒にご飯に行ったり、飲み会に行ったりできる仲になりたいなぁ」と思っている人は、周りの人が仕事で困っている時には、ぜひ積極的にフォローするようにしてみましょう。

大変そうな残業を手伝ってみたり、自分の仕事で手が空いた時には「何かお手伝いできることありませんか?」と聞いてみたりすると良いですね。

すると、「手伝ってもらったお礼に食事でもどうですか?」「〇〇さんのおかげで無事終わりました!パーッと打ち上げにでも行きませんか?」と誘ってもらえることもありますよ。

また、仕事で良い相棒となってくれる相手とは、「良い付き合いをしていきたい!」と誰でも思うものです。仕事を一緒にすることで、人間関係が自然と深まってくると良いですよね。

7.時には周りの人と合わせることも大切!

学生時代は気の合う人のみで集まり、「仲良しグループ」を作っていれば良かったですよね。ですが、職場ではそうはいきません。必ずしも職場に「気の合う人」がいるとは限りませんし、たとえ気の合わない相手であっても、仕事上付き合わなければならないこともあります。

もしかすると、職場で人間関係がうまくいかないと悩んでいる人の中には、「時には周りに合わせてみる」ことを忘れてしまっている人もいるのではないでしょうか?

自分の意見をきちんと言うことは大切ですが、時には自分の意見を押し通すことはぐっとこらえて、周りと同調することも必要です。共感することで周りの雰囲気が良くなり、「仲間だ」と感じてもらいやすくもなるのです。

社会人として必要なのは、「学生時代までの自由な付き合い方」ではなく、「大人の付き合い方」です。時には周りに合わせ、大人の対応を心掛けるようにすると、スムーズな人間関係が築きやすいですよ!

おわりに

いかがでしたか?人間関係がうまくいかないと悩んでいる方に、少しでもヒントになれば嬉しいです。これらのコツを試してみても、すぐにはうまくいかないこともあると思います。ですが、毎日意識してみることで、少しずつ人間関係は良くなってくるはずですよ!