日曜日の夜に眠れない!仕事に備えてぐっすり寝るための方法9つ!

nitiyoubinoyoru-nemurenai

「明日から仕事なのに、眠れない!」と、日曜日の夜に限って不眠に悩まされている方も多いと思います。本当は、明日からの仕事に備えてぐっすり寝たいものですよね。

そこで今回は、日曜日の夜に眠れない時に試したい、安眠方法についてご紹介致します。ぐっすり眠れるようになりたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

1.日曜日の朝は平日通りに起きる!

日曜日の夜に眠れないと悩んでいる方がやってしまいがちなのが、「朝寝坊」です。

「今日はお休みだから♪」といって朝遅くまで寝てしまっていることで、夜になっても眠くならずに不眠状態に陥ってしまいます。

よって、特に日曜日の朝はできれば平日通りの起床時間を目指して起きるように心掛けてみてくださいね。

もし少しゆっくり寝たくても、平日の起床時間からプラス1時間程度にしておくとあまり支障が出ません。

また、ゆっくり朝寝坊をしたければ、土曜日の朝だけにしておくと良いですよ。そして、日曜日の朝は平日通りの起床時間に戻し、体内時計を整えておきましょう!

2.日曜日の日中は外出する!

日曜日の日中の過ごし方はどのようになっていますか?「一日中家にいてリラックス♪」という方も多いと思います。

ですが、家でダラダラ過ごしてしまうことで身体が疲れず、夜になっても眠くならない状態になってしまう可能性もありますよ。

日曜日に家でゆっくりしたい気持ちも分かりますが、不眠に悩まされているならば、できれば日中は外出するような過ごし方をしておくと良いですね。

外で太陽の光をしっかりと浴び身体を動かしておくことで、夜になると自然に眠たくなってくると思います。

簡単な散歩だけでも良いので、少しでも外に出る時間を作っておきましょう!

3.ぬるめのお湯にゆっくり浸かる!

「お風呂にはリラックス効果がある」ということを聞いたことのある方は多いと思います。ですが、お湯の温度にまで気を遣っている方はどのくらいおられるでしょうか?

安眠に効果的な入浴方法は、「ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる」ことです。お湯の温度は40℃程度がベストで、15分以上を目安にゆっくりと浸かるようにすると良いですよ。

すると、副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスすることができます。

熱いお湯に浸かってしまうと、交感神経が優位になり、逆に目が冴えて眠れない状態になってしまうため、注意しておいてくださいね。

ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、身体の芯までしっかりとあたためることができますよ。

そして、あたたまった身体の温度が下がってくる過程で眠気がやってきやすくなるため、入浴は安眠に効果的なのです。

4.きちんとパジャマに着替える!

日曜日の夜に寝る際の服装はどのようになっていますか?「朝起きてから、寝るまで部屋着のまま」という人も案外多いのではないでしょうか?

ですが、日曜日の夜に眠れないと悩んでいる方は、部屋着とは別にパジャマを用意し、きちんと着替えてから眠るようにしましょう。

パジャマに着替えることで、「今から寝るぞ!」というスイッチを切り替えることができます。

パジャマは身体を締め付けないゆったりめのものを選ぶようにし、綿など肌触りの良いものにすると気持ち良く眠れますよ。

ジャージなどは身体をリラックスさせにくいので、避けておきましょう。

5.TVやスマホから離れる!

寝る直前までTVを見ていたり、ベッドに入ってからもスマホをかまったりしてはいませんか?

TVやスマホからは「ブルーライト」という睡眠を邪魔する光が出ています。

ブルーライトを浴びすぎてしまうことで、体内リズムが崩れ、眠れない状態に陥りやすくなってしまいますよ。

よって、日曜日の夜は寝る2時間前くらいまでにはTVやスマホから離れ、ブルーライトを浴びないように気を付けておきましょう!

6.明日の準備をする!

日曜日の夜に眠れない原因として、「明日が不安」ということもあるのではないでしょうか?

楽しい休日が終わり、明日からの仕事のことを考えると、誰しも憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

そんな時には、「明日やる仕事を少しだけやっておく」「通勤カバンの中身を整頓をする」「明日着る服を用意しておく」など、明日の準備をしておくように心掛けましょう!

明日の準備を万端にしておくことで、「これで明日からも大丈夫!」という安心感を抱くことがで、日曜日の夜に眠れないという状況から脱することができると思いますよ。

7.日記を書く!

寝る前に「日記を書く」のも日曜日の夜に眠れない時の対策としておすすめです。

明日から仕事だと考えると、どうしても不安や心配な気持ちを抱いてしまい、なかなかリラックスして眠れなくなってしまいますよね。

そういう時に、日記に不安や心配な気持ちを吐き出しておくことで、気分がすっきりしてぐっすり眠りやすくなりますよ。

8.ストレッチやヨガをする!

寝る前にストレッチやヨガをするのも安眠の方法として効果的ですよ!血流が良くなり、眠りやすい状態になります。

あまり激しい運動をしてしまうと逆に目が冴えてしまうため、「気持ちいいな」と思う程度でゆっくりとした動きを心掛けるようにしましょう。

9.ホットミルクやハーブティーを飲む!

日曜日の夜に眠れない時には、ホットミルクやハーブティーを飲むのもおすすめです。

ホットミルクに含まれる「カルシウム」はストレスを軽減させ、リラックス効果を高めてくれます。また、「トリプトファン」という成分が、質の良い眠りを誘ってくれますよ。

ハーブティーを飲むならば、「カモミール」「ラベンダー」が安眠のためには効果的です。ゆっくりと香りを楽しんでみてくださいね!

あたたかい飲み物は身体もじんわりと温まるため、リラックスして眠りやすくなりますよ!

おわりに

いかがでしたか?日曜日の夜に眠れない時の対策法が分かったでしょうか?

明日からの仕事を元気に頑張るためにも、ぐっすりと質の良い睡眠がとれるようになると良いですね!