飲み会で説教してくる上司への対処!上手くかわすための方法7つ!

nomikai-sekkyou-jyousi-taisyo

会社に一人はいる「飲み会で説教してくる上司」。毎回ぐちぐちと文句ばかり聞かされていると、飲み会に行くのが憂鬱になってしまいますよね!

そこで今回は、飲み会で説教をしてくる相手への対処法についてご紹介致します。上手くかわすためのスキルを身につけられると良いですね!

1.なるべく遠くの席に座る!

飲み会で説教をしてくる上司は、「あいつに文句を言ってやりたい!」とターゲットを決めているというよりは、周りにいる人であればだれかれ構わずぐちぐちと文句を言いたいという人がほとんどだと思います。

そのため、最も良い対処法としては、「近くの席に座らない」ということです。簡単なことですが、これだけで説教の被害を受ける頻度はずいぶんと少なくなるはずですよ。

上司が偉ければ偉いほど、会場の上座に座るはずなので、自分は下座にしっかりと席をとっておくようにしましょう!

また、上司と到着時間をずらして、一緒のタイミングで席に座ることのないようにしておくのも良いですね。

2.相槌を打ちつつ、頭の中では他のことを考える!

飲み会で説教してくる上司にからまれてしまった時には、相槌を打ちつつも、頭の中では全く他のことを考えるのもおすすめの対処法ですよ!

「明日の朝食の献立」や「今日あった嬉しかったこと」など、できるだけ楽しい気持ちになるようなことを頭の中でイメージする対処法が効果的です。

また、説教をしている本人は酔っていて記憶があいまいになってしまうことも多いため、聞いているフリをしながら適当に相槌を打ってもバレにくいと思いますよ!

その時のポイントとしては、「そうですね」「ごもっともです」「分かりました」など、数種類の相槌を使い分けることです。

相槌にバリエーションをつけることで、あたかも「きちんと聞いていますよ」という雰囲気を簡単に出すことができるのでおすすめです!

3.質問を返す!

上司に説教をされそうになったら、「どうしたら上手くいきますか?」「〇〇さんならどうしますか?」など、質問を返すようにするのも良い対処法です。

長々と一方的に文句や愚痴を言われ続けるのは精神的にも体力的にもきついため、相手に質問を返し、小言を上司の自慢話に変えてしまいましょう

飲み会で説教をする上司のほとんどが、「自分を認めてもらいたい」「自分はデキる奴なんだ」ということを周りにアピールしたがっているのだと思います。

そのため、「上司の話を聞きたい!」という態度でいることで、説教から話題が逸れ、ノリノリで自分のデキるアピールをしてくる人も多いと思いますよ。

どちらも長い話を聞くのは苦痛かもしれませんが、小言を聞くよりも自慢話を聞いている方がずいぶんとマシですよね!ぜひ試してみてくださいね。

4.心の中で言い返す!

飲み会で毎回説教されることをそのまま深く受け止めていては、あなたが疲れてしまいますよ!

そもそも、仕事中ではなく飲みの席で小言を言う場合には、それほどあなたに非があるということは少ないように思います。

もし本当に業務に支障が出てくるような問題の場合なら、仕事中にきちんと注意されるはずですよね。

なので、飲みの席での説教はあまり深く受け止め過ぎずに、時には心の中で言い返しておくくらいで大丈夫ですよ!

「そういう上司だって、できてないくせに!」「お酒の力を借りてしか言えないなんて、情けないなぁ」など、心の中で言い返すだけでも少し気持ちがスッキリすることもあると思います。

5.仕事の一環だと捉える!

飲みの席で小言を言う上司への対処法としては、「仕事の一環だと思い込む」というのもひとつの手です。

時には相手に対してキレそうになったり、反論したくなったりすることもあると思います。

そういう時には、「これも仕事だ!」「明日からの円滑な人間関係のために我慢しよう」と考えるのが良いですよ。

そして、この悔しさをバネに「上司よりも絶対に出世してやる!」「見返してやる!」とモチベーションを上げられることができれば、立派ですよね!

6.自然に席を立ち、離れた場所に座る!

「相手への良い対処法がもう思い浮かばない!」「疲れてしまった!」という時には、自然に席を立って、時間を置いてから他の位置に戻ってくるのがおすすめですよ。

「お手洗いに行ってきますね」と言って席を立ったり、オーダーを取りに行くフリをして席を立ったりすると自然です。

席を立ってから少し時間を置けば、他の人がその席に座っていることもあるでしょう。また、お酒が入っているので、あなたが戻ってこなくても気づかない上司もいると思いますよ。

7.交代で聞き役に徹する!

飲み会で説教をする人がいる場合、職場の誰もが「あの人と隣になるのは嫌だなぁ」「飲み会に行きたくないなぁ」と思っていることがほとんどだと思います。

そのような場合には、同じ考えを持つ周りの人と協力して、「聞き役になる人を交代で決めておく」という対処法も良いと思いますよ!

「今回の飲み会の聞き役は〇〇さんと〇〇さん」など事前に決めておき、当日はその人たちが上司の説教に付き合ってあげるようにします。

すると、他の人に被害が及ばず、周りは安心して飲み会を楽しめると思いますよ!

いつか自分が長い愚痴に付き合わなければならないというリスクはありますが、聞き役がまわってくるまでは上司の説教を聞かなくても良くなるため、今よりも気持ちが軽くなると思います。

おわりに

いかがでしたか?飲み会で説教をしてくる相手への良い対処法が見つかったでしょうか?せっかくの飲みの席が少しでも楽しいものとなるよう、頑張ってみてくださいね。