女性の転職のタイミング!人生におけるベストな辞めどき5選!

onnna-tensyoku-taimingu

結婚や出産に伴う環境の変化は、特に女性にとっては重要な課題ですよね。

これらの人生設計を考えた上で、「もっと家庭と両立できそうな仕事に就いておきたいなぁ」など、「いつか転職したい!」とステップアップを考えている女性は多いと思います。

そこで今回は、女性の転職のタイミングについてご紹介致します。「転職を考えているけど、良いタイミングが分からない!」という方の参考になれば嬉しいです。

1.同じ会社で3年勤め終わった頃

「石の上にも3年」という言葉があるように、どんなに仕事が辛くても3年間は勤めた方が良いという考え方は一般的に多いと思います。

よって、同じ会社で3年勤め終わった頃が、仕事を変えるタイミングとしておすすめです。

社会人を3年間経験してきているため、基本的なマナーやルールは身についていると判断されるので、転職に有利になりますよ。

さらに、この時期はまだまだ「若手」の部類に入るため、新しい環境にも適応しやすく、これからまだ伸びしろがあるだろうと期待もされるでしょう。

2.20代後半

27~28歳などの20代後半も、女性が転職を考えるタイミングとしておすすめです。

なぜならば、日本の平均結婚・出産年齢は30歳前後であるため、企業側としても「この年齢なら、結婚・出産まであと数年間は勤めてもらえそうだな」と安心してもらいやすいからです。

また、女性で20代後半といえばずいぶん仕事にも慣れ、もう若手ではなく先輩としてバリバリ仕事ができるようになっている頃だと思います。

そのため、新しい職場でも「即戦力」として働いてもらえるだろうと、面接官に好印象を持ってもらいやすいですよ!

今まで培ってきたスキルを活かして次の職場でも働きたいという場合、20代後半ならば安心して能力を買ってもらいやすいでしょう。

3.結婚が現実的になった頃

「半年のうちには結婚したいな」など、結婚の話が現実的になってきた頃も、女性の転職のタイミングとしては良い時期だと言えます。

いざ結婚をしてから仕事を変えることも考えられますが、それでは仕事とプライベート、どちらも環境がガラリと変わってしまい、負担が大きくなってしまうことも考えられます。

よって、結婚前のタイミングで転職をしてしまう方が、どちらかといえばおすすめですよ。新しい職場で落ち着いた頃に結婚する方が、私生活もスムーズにいきやすいはずです。

また、転職活動時にはまだ独身であるということで、企業側が「すぐに妊娠してしまうんじゃないか」など、余計な心配をせずに雇ってくれやすくなるメリットもあります。

4.結婚を機に

結婚を機に今いる会社を辞めることは、「寿退社」と言われ、周りから祝福され円満に辞めるベストなタイミングだと思います。

また、結婚を機に旦那の元へ引っ越すなど、大きな環境の変化がある場合には「それじゃあ、しょうがないよね」とスムーズに退職できることでしょう。

そのような事情があれば、転職活動でも印象が悪くなることはありません。

ですが、仕事とプライベート両方で環境の変化があるため、疲れを感じてしまうことも多いと思います。それを覚悟した上で、この時期に仕事を変えることをおすすめします。

また、結婚を機に新しい職場に入ることで、「すぐに妊娠の予定があるのでは?」と心配されることも多いと思います。

ですが、近年は女性の出産・子育てに寛容で、社会進出を応援してくれる企業もたくさんあります。

そのようなところを新しい職場に選ぶようにすれば、このタイミングで転職をしても、それほど不利になることはないと思いますよ!

5.出産したいタイミングの1年以上前

「〇歳頃に出産したいな」など、女性の多くは自身の出産のタイミングについて考えていることも多いと思います。

その場合は、出産したいタイミングの1年以上前には転職しておくことをおすすめします。

なぜならば、出産につきものの「育児休暇制度」は、一般的に1年以上勤続していないと取得できないケースがあるからです。

転職をして、家庭と両立できる仕事をせっかく見つけても、「いざ子どもができたら辞めなければならなくなった!」ということになってしまったら、とても残念ですよね。

また、新しい職場に入ってすぐに産休・育休をとろうと思っても、「まだ入社したばかりなのに・・・」「まだ何もしてないのに・・・」と周りから反感を買われてしまうことがあります。

ある程度会社に貢献してからの方が、安心して産休・育休をとらせてもらえますよね。

よって、出産まで考えた転職を考えるならば、ぜひ出産したいタイミングの1年以上前を目安にしてみてくださいね!

おわりに

いかがでしたか?女性の転職のタイミングとして適した時期が分かったでしょうか?共働きが多い今、「長く続けられる仕事に就いておきたい!」と考える人はとても多いと思います。

ですが、転職をするのはとても勇気のいることです。ぜひこれらのタイミングを参考にして、できる限りスムーズに新しい環境に飛び込んでいけると良いですね!