大手企業のメリット4つとデメリット3つ!就職前に知っておくこと!

ootekigyou-meritto-demeritto

就職活動をする上で、大手企業に絞って就職活動するべきかどうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

名の知れた大企業でも否定的な情報も多く、混乱している人もおおいはずです。

では大手企業に勤めるメリットとデメリットとは何でしょうか?今回は就職を決める前に知っておくべきことを紹介しますので、是非参考にしてみてください!

メリット

1.安定している

まずは大企業は安定しているということが一番のメリットではないでしょうか。

過去には「ここに入れば将来安泰」と言われた大企業でも、事業の縮小や大規模リストラなどで不安定な会社もあります。しかし中小企業に比べれば圧倒的に大手企業の方が安定しているでしょう。

大手の企業のメリットは労働組合などがあり、労働環境も整っていて、生活も安定しているところも一つです。その点中小企業は、少ない人員で無理な仕事を担当させられたり、業績が悪ければ大幅な給料ダウンもありえます。

大手企業の場合は経営が危うくなったとしても、国が税金で助けてくれることもあります。それに比べて中小企業は経営が危なくなっても助けてもらえることはほとんどないので、厳しい面もあるかもしれません。

2.残業代・ボーナスがきちんと出るケースが多い

メリットの一つに「残業代・ボーナスが出る」といったことがあります。

現在中小企業ではボーナスが少ないところや、出ないところもあるでしょう。もちろん大手企業だから必ずボーナスが出るわけではないですが、中小企業に比べると実際ボーナスの金額は高いです。

そして、大企業のメリットは法律の面でもきっちりと守っているところがほとんどなので、残業代もきちんと払われるケースが多いでしょう。中小企業は法律ではアウトでも残業代を支払わなかったりするなどまかり通っている部分もあります。

3.転職するときに有利

大企業のメリットは転職を今後考えたときに、以前の職歴や会社名で評価されることがあります。

「大手企業で働いていた実績」があれば、また大企業を相手に転職活動することもできますし、ベンチャー企業などにも就職するなど道は広いです。しかし中小企業から転職するときに大企業を目指すのは前者に比べると難しい部分があるでしょう。

採用担当者も「あの大手の会社に採用された人物」という目で見るので、大手企業からの転職者のほうがメリットがあるでしょう。

4.出会いが多い

メリットの一つに、大手企業のように社員数が多い会社であればその分出会いの数も多くはずです。そして男性であれば会社のネームバリューで女性からモテることもあるでしょう。

なんだかんだ言ってもいまだに大手企業に勤める男性を結婚相手に選びたいと考える女性はやはり多いです。もちろん本人の魅力がなければだめですが、中小企業に勤めている人に比べると女性から声がかかるケースも多いかもしれません。

デメリット

1.やりがいを感じにくい

中小企業であれば、人数も少ない分自分がこなす仕事が重要な役割を持っていたり、頑張り次第で出世するのも早いかもしれません。

自分が会社に必要とされていて、自分がいないと会社の業務が回らないといったこともあり得るので仕事に対してのやりがいを感じる機会が多いでしょう。

それに比べて、大手企業で働くのは組織が細分化されているので自分がしている仕事が会社全体から見るととても小さな役割であることも多いです。

直接自分の仕事が会社の利益になっているということが見えにくく、自分は企業の歯車の一部でしかない・・・とやりがいを感じにくいかもしれないところがデメリットです。

2.自分の意思で仕事をしにくい

大手企業であれば、一つの仕事をするにしても上の立場の人の承認を受け、そのまた上の上司の承認を受けて初めて仕事が成立するといったことが多いです。

せっかく直属の上司がOKを出してもそのまた上の上司がNGを出せばすべてなくなるといったことが多々あるのでなかなか自分の意思をそのまま仕事にすることは難しいのがデメリットでしょう。

その点、中小企業であれば自分に任された裁量が広いケースが多いので、自分の意思で仕事をすることができるチャンスもたくさんあるでしょう。

3.出世コースが狭い

大手企業であればあるほどライバルも多いので出世コースに上れるのはほんの一部です。それもただ単に成績が良いから必ず出世できるというものでもなく、社内のコネクションも非常に大切です。

どれだけ結果を残しても、派閥によって上に上がれる人とそうでない人があったり、上に気に入られれば出世できたりと理不尽なこともあるでしょう。そのような出世争いにほとほと疲れてしまう人も多いのも大手企業のデメリットといえるでしょう。

その点中小企業やベンチャー企業であれば、個人の成績をそのまま評価してもらえることも多く、自分の頑張り次第で出世できる可能性も高いです。

おわりに

いかがでしたか?

大手企業にはメリットもデメリットもあります。今回紹介したことを参考にして自分自身の希望する働くスタイルと照らし合わせて最善な選択をしてくださいね!