プレゼンの話し方のコツ!聞く人を惹きつける上手いトーク術7選!

purezen-hanasikata-kotu

社会人になり、会社でプレゼンをする機会もあると思いますが、「みんなの前で上手く話せるか不安・・・」という方は多いと思います。

プレゼンをするならば、聞く人を惹きつけられるような話し方をぜひ身につけたいものですよね!

そこで今回は、プレゼンの話し方のコツをご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ゆっくりハキハキとした喋り方を心掛ける!

プレゼンでの話し方のコツとしては、ゆっくりハキハキと喋るようにするのがポイントです。人前で話す機会があると、ほとんどの人が緊張から口調が速くなってしまいがちです。

早口で喋ってしまうことで、相手が聞き取りづらくなってしまうので注意しましょう。

プレゼンでは、普段よりも意識してゆっくりとした話し方をすると、聞き取りやすい速さになると思いますよ。

また、緊張から表情が固くなってしまい、口元がうまく動かないこともあると思います。すると、モゴモゴとした話し方になってしまい、相手に伝わりにくくなってしまいます。

よって、本番ではできるだけ口を大きく開けるように意識し、ハキハキと喋るように心掛けてみてくださいね。

2.口角を上げて喋る!

緊張から表情が固くなってしまうと、どうしても無表情になり、口角が下がってしまいがちです。口角が下がってしまうことで、声まで暗くなってしまいますよね。

よって、口角を上げるように意識した話し方をするのもひとつのコツですよ!口角を上げることで、自然と声のトーンが上がり、明るい話し方ができるようになるはずです。

明るい声はよく通りやすく、雰囲気も良くしてくれるため、あなたのプレゼンに好印象を持ってもらえるきっかけになりますよ。ぜひ試してみてくださいね!

3.お腹から声を出す!

プレゼンでの話し方として、お腹から声を出すようにするのもおすすめのコツです。お腹から声を出すことで、聞く人にエネルギッシュで明るい印象を与えられます。

また、お腹に力を入れることで、緊張で声がぶれてしまうのを防いでくれる役割もあります。自信を持った話し方に聞こえるため、好印象を持ってもらいやすいですよ!

お腹から声を出すコツは、おへその下あたりにぐっと力を入れ、腹式呼吸を心掛けることです。すると、エネルギッシュでよく通る声を出すことができるようになると思いますよ。

4.ひとりひとりに話しかけるように喋る!

大勢の前で喋る時には、ひとりひとりに話しかけるように喋ることがコツです。

全員をまんべんなく見ることは大切ですが、ひとりひとりに向かって話しかけるような意識を持つことで、聞く人を惹きつける話し方ができるようになります。

順番にひとりずつの目を見ながら、訴えかけるような喋り方をすると良いですよ。聞く人が「私に向かって話しかけられている」と感じ、しっかりと話を聞こうとしてくれるようになります。

また、特にうしろの方にいる人に向かって話しかけるようにすると、全体によく響き渡る声が出るようになると思いますよ。

「私の話を聞いてもらいたい!」という気持ちを大切に、語り掛けるような喋り方を心掛けてみてくださいね。

5.話し方にメリハリを持たせる!

プレゼンで伝えたいことの中にも、「この部分は補足的に伝えたい」「この部分は重要なので、しっかりと伝えたい」というメリハリがあると思います。

よって、それに合わせ、話し方にもメリハリをつけられるようにするのが良いプレゼンのコツです。

「ここは重要だ!」という協調したい部分は、特に大きな声で話したり、ゆっくりと喋ったりするように心掛けてみてください。聞く人の心に残りやすくなりますよ!

ずっと単調な話し方では、聞く人も飽きてきてしまいます。メリハリをつけた話し方をして、最初から最後まで集中して聞いてもらえるようになると良いですね!

6.「間」を大切にする!

人前で緊張してしまうと、「早く終わらせてしまいたい!」という気持ちから、どうしても早口で前倒しで喋ってしまうことが多いと思います。

ですが、それでは聞く人にとっては話が聞き取りづらく、印象に残らないプレゼンになってしまいがちです。

人を惹きつける話し方をするためには、「間」を大切にするのが重要なコツですよ!

例えば、聞いている人に対して「○○だと思いませんか?」と問いかけをするならば、その後に十分な「間」をとるようにしましょう。

問いかけのあとに、焦ってすぐに自分で答えを言ってしまう人もいますが、それでは相手を惹きつけることはできません。

「少し長いかな?」というくらいの「間」をとることで、聞く人に質問の内容についてきちんと考える時間を与えることができますよ!

すると、聞いている人との意思疎通がきちんととれ、話を集中して聞いてもらえるようになるはずです。

7.手や指示棒を使いながら話す!

プレゼンで人を惹きつけるためには、手や指示棒を使ってみるのもひとつのコツです!身振り手振りを加えながら話すことで、聞いている人の意識を自分に集めやすくなります。

また、声だけで説明するよりも、聞いている人に分かりやすい説明ができるはずですよ!

「自分の喋りに自信がないな・・・」という方は、ぜひこのようなアイテムを使ってみるのも効果的なコツだと思います。

おわりに

いかがでしたか?聞く人を惹きつける上手いトークのコツが分かったでしょうか?

これらのコツを習得し、聞く人の心に残る発表ができると良いですね!本番、頑張ってください!