正社員の女性のメリット・デメリット!本当に賢い働き方の選択とは?

seisyain-jyosei-meritto

さまざまな働き方を選択できる今の時代、「どのような働き方が女性にとって、本当に賢いの?」「女性でも正規雇用として働くべき?」と悩むこともあると思います。

そこで今回は、正社員の女性のメリット・デメリットについてご紹介致します。今後の働き方を選択する際の参考にしてみてくださいね。

1.正社員のメリットとは?

1-1.収入が安定している!

派遣社員や契約社員、パート社員などの非正規雇用と異なり、正社員は収入が安定しているのがメリットだと言えます。

正規雇用は固定給であるのに比べ、非正規雇用は時給制や日給制であるため、休めば休むほど給料の額は減ってしまいます。

また、いつ契約が切られるかも分からないので、今の収入を安定して稼げる保障はありません。給料も上がりにくく、正社員に比べて収入格差が出てしまいます。

反対に正社員は、能力や勤続年数に合わせて昇給が望める上、ボーナスも支給され、非正規社員に比べて収入が安定していると言えるでしょう。

1-2.社会的信用を得られる!

正社員は社会的信用を得やすいのがメリットです。例えば、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする時には、安定した収入があるとみなされ審査を通りやすいです。

また、男女平等が進んでいるとはいえ、まだまだ女性の正社員は男性に比べて少ないのが現状です。

そのため、女性で正社員であることで、周りから「しっかりしている人だ」「女性なのにすごいわ」と社会的に信頼してもらいやすいのもメリットです。

1-3.妊娠・出産をサポートしてもらえる!

正規雇用の社員は、育休・産休の制度が整っており、妊娠・出産をサポートしてもらいやすいのがメリットです。

それに比べ非正規雇用の社員は、「1年以上勤続している、復帰後1年以上勤続の見込みがある」などの一定条件を満たさなければ育休を取ることができず、妊娠を機に退職する人も多いです。

女性ならば「いつかは妊娠・出産がしたい!」と考える人も多いでしょう。

それならば、サポート体制の整っている正規雇用で働くことで、子育てしながらキャリアを積んでいく道がひらけますよ!

1-4.やりがいを感じやすい!

非正規雇用の社員は、基本的に「誰でもできる仕事」「あまり責任のない仕事」を任せられることが多いです。

そのため、やりがいを感じにくく、仕事がつまらないと感じることもあると思います。

それに比べ正規雇用の社員は、責任のある仕事を任せられ、自分自身を成長させることが可能です。

達成感ややりがいを感じることができるため、仕事に対するモチベーションも上がりやすいでしょう。

女性であっても正社員としてキャリアを積んでいくことで、課長などの役職を任されることもあると思います。

「出世したい!」「自分の力を試したい!」という気持ちがある女性は、ぜひ正社員として経験を積んでいくことをおすすめしますよ。

1-5.老後にもらえる年金が多い!

正規雇用の社員は「国民年金」に加え、「厚生年金」に加入することができます。一方、非正規雇用の社員は一定条件を満たさない限り、厚生年金に加入することができません。

そのため、正社員は将来もらえる年金が、「厚生年金」に加入している分だけ非正規社員に比べて上乗せされるメリットがあります。

よって、将来のことまで考えた時には、正規雇用として働く方が老後は安心して暮らすことができると思いますよ。

2.正社員のデメリットは?

2-1.残業や休日出勤がある!

非正規雇用の社員は、時給や日給で働いていることが多いため、終業時間になれば「時間なのでお先に失礼します」と言って、帰りやすい雰囲気があります。

それに比べて正規雇用の社員は、「責任のある立場なんだから、会社のために犠牲を払うのは当然だ」という雰囲気がどうしてもあるでしょう。

そのため、残業や休日出勤、時にはサービス残業を課せられることもあると思います。

よって、仕事とプライベートの両立が難しく、趣味や習い事などに割く時間があまり取れないのがデメリットです。

また、子育て中であっても仕事が忙しく、子どもと一緒に過ごす時間が少なくなってしまったり、家事がおろそかになってしまったりすることに不満を抱く女性もいると思います。

2-2.転勤がある!

非正規社員と異なり、正社員は転勤があることが多いです。そのため、引っ越しでバタバタしてしまったり、慣れない土地で過ごさなければならなかったりすることもあるでしょう。

また、家庭を持った時には、家族が離れ離れになってしまったり、子どもを転校させなければならなかったりすることも悩みの種だと思います。

転勤に伴い、人間関係もイチから築き直さなければならず、新しい環境に馴染むのが苦手な女性にとっては、苦痛に感じることも多いかもしれませんね。

2-3.ストレスが溜まりやすい!

正社員は責任のある仕事を任せられるため、常にプレッシャーを感じている状態だと思います。

また、残業などで拘束時間も長くなるため、息抜きがしにくく、ストレスを溜めやすいのがデメリットです。

自由な勤務体制である非正規社員を見て、時には羨ましく感じることもあるかもしれませんね。

また、家庭と仕事の両立でいっぱいいっぱいになってしまう女性も多く、「あれもこれもしなくちゃいけない!」「思い通りにいかない!」とストレスを溜めてしまうことも多いと思います。

おわりに

いかがでしたか?正社員の女性のメリット・デメリットが分かったでしょうか?

良い点も悪い点もきちんと理解した上で、自分にとって本当に賢い働き方の選択ができると良いですね!