接客嫌いを克服!苦手意識に負けずに上手くお客様と接するコツ9つ!

sekkyaku-kirai-kokufuku

接客業に就いているのに、接客が嫌いだという悩みを抱える方は意外と多いと思います。

上手くお客様と話すことができず落ち込んだり、理不尽なクレームに悩まされたりすることもありますよね。

そこで今回は、接客嫌いを克服し、上手くお客様と接するコツをご紹介致します。接客に苦手意識を持ってしまっている方は、ぜひこれらの克服法を参考にしてみてくださいね。

1.鏡の前で笑顔の練習をしてみる!

接客業には笑顔がとても大切ですが、「お客様と関わるのが嫌いだなぁ」と思っている人に限って、ぎこちない笑顔になってしまいがちです。

本人は「笑顔を作っているつもり」であっても、他の人から見ればそうでないこともあるものです。

自然な笑顔が作れないことで、「あの店員は無表情で怖い」「近寄りがたい」など、お客様から悪いイメージを持たれてしまったり、クレームの原因になったりしてしまいます。

お客様と接するのが嫌いだと感じている方は、ぜひ一度鏡の前で笑顔の練習をしてみてください。

はじめは上手く笑顔が作れないかもしれませんが、何度もやるうちにぎこちなさを克服し、自然に笑えるようになってくると思いますよ!

2.清潔感のある身だしなみをする!

接客業は人と関わる仕事だからこそ、身だしなみがとても大切です。

身だしなみが整っていないことで、「あの人のアドバイスは信用できなさそう」と思われ、お客様と良い関係を築くのが難しくなってしまいます。

接客嫌いを克服しようとすると、どうしても「トーク術」の方に意識がいってしまいがちですが、その前に身だしなみを整えることが大前提です。

初対面の相手と関わることも多い仕事だからこそ、見た目の第一印象を大切にするのは克服のために効果的ですよ!

メイクやヘアスタイルは、店の雰囲気に合った清潔感のあるものになっていますか?制服にシワや汚れはありませんか?

お店でお客様の前に立つ時には、常に身だしなみに気を遣い、最高の状態で対応ができるように心掛けてみてくださいね!

3.相手をよく観察し、相手の気持ちになって考える!

お客様と接するのが嫌いだという人は、ぜひ相手をよく観察し、相手の気持ちになって考えるように心掛けましょう。

接客の仕事をしていると、理不尽なクレームをつけられたり、無理な要求をされたりすることもあるでしょう。

ですがそこで、「だから接客は嫌い!」と片付けてしまうのではなく、「お客様が本当に求めていることはなんだろう?」「どうしたら納得してもらえるだろう?」と考えるようにするのが克服のためのコツです。

相手のことを本当に考えて行動すれば、きっと自然と良い対応ができるようになるはずですよ!常に「お客様目線」で考えることを忘れないでくださいね。

4.相槌にバリエーションを持たせる!

お客様と接するのが嫌いな人が悩みがちなのが、「上手く話しかけることができない」「会話のネタがない」ということだと思います。

接客業=自分からどんどん話しかけなければ!という考えを持つ方も多いと思います。ですが、接客の仕方は人それぞれで良いと思いますよ。

自分からどんどん話すのが苦手であれば、「聞き上手」「相手の話を引き出すのが上手い」という点を強みにしていくのも、克服法として良いのではないでしょうか?

そのためには、相槌にバリエーションを持たせられるようにすると効果的です。

お客様の話に「はい」といつも返してしまってはつまらないと感じられてしまいますし、会話に広がりを持たせることもできません。

「素敵ですね!」「私もそうだと思います!」「○○の場合はいかがでしょうか?」など、相手が話しやすくなる相槌を心掛けてみてください。

すると、自分からどんどん喋らなくても自然とお客様と会話が盛り上がるようになり、接するのが嫌いだという気持ちを克服できるようになると思いますよ。

5.お客様にも「相性」があると思うようにする!

お客様にいつもクレームを入れられたり、嫌な態度を取られたりしてしまうと、「この仕事嫌いだな・・・」と誰でも思ってしまいますよね!

ですが、仕事とはいえ人と人との関わりなので、どうしても「相性」があるということも忘れてはいけません。全ての人に好かれようとするから上手くいかず、落ち込んでしまうのです。

必ずしもお客様全員に好かれなくても、相性が合う人から「○○さんの接客が好き!」と思ってもらえれば、苦手意識は克服できると思いますよ!

仕事で苦手なお客様がいたとしても「私とは相性が悪いんだな」と考えるようにし、上手く気持ちを切り替えるようにすると良いですね。

6.商品についての知識を深める!

お客様と関わるのが嫌いだ、苦手だと感じている方の中には、「商品の説明を上手くできない」「自信を持って対応ができない」ことに不安を感じていることも多いと思います。

そのままの状態でお客様対応をしても、いつまでも「嫌いだな」という気持ちを克服することは難しいでしょう。そのような場合には、ぜひ商品についての知識を深められるよう努力しましょう!

商品についての知識が深まれば、自信を持って対応することができるようになりますし、お客様にも信用してもらえるようになりますよ!きっと売上アップにも繋がるでしょう。

知識を持って上手く接客ができるようになることで、「この仕事、楽しいな」と感じられる瞬間が増えると思います!

7.お客様を知り合いに置き換えて考えてみる!

お客様と接する際にどうしても緊張してしまう、上手くいかないという場合には、お客様を自分の知り合いに置き換えて考えてみる克服法をおすすめします。

相手の年齢にもよりますが、「もしお客様が自分のおばあちゃんだったら・・・?」「もしお客様が自分のお父さんだったら・・・?」と考え対応するようにすると、上手くいきやすいですよ!

自然に関わることができるようになりますし、「この人に喜んでもらいたい!」という気持ちを持って良い対応ができるようにもなるはずです。

8.接客上手な人の真似をする!

どのようにお客様と接して良いのか分からずに困っている場合には、周りにいる接客上手な人の真似をしてみるのが、克服法として効果的ですよ!

自分でイチから「良いお客様対応」を考えるのは難しいかもしれませんが、「いいな」と思う人の真似をするだけなら簡単ですよね!

「素敵だな」と感じるところがあれば、どんどん取り入れていくようにすると良いでしょう。その人になったつもりで、最初は「演じている」ようであっても続けてみてください。

すると、自然に良い接客が自分の中に定着してくるはずですよ!上手な対応法が身につけば、嫌いな気持ちを克服できるようになると思います。

おわりに

いかがでしたか?接客嫌いを克服し、お客様と上手く接するコツが分かったでしょうか?

お客様と接するのが嫌いだからといって、簡単に仕事を辞めるわけにもいかないですよね。ぜひこれらの克服法を試し、少しでも接客業を楽しく思えるようになれれば幸いです!