社風が合わない!ストレスを感じた時に今後とるべき行動8つ!

syafuu-awanai-sutoresu

新しい会社に入った人の中には、「なんだか社風が合わないような気がする!」とストレスを感じてしまっている方も多いと思います。

そこで今回は、社風が合わないとストレスを感じてしまった時に、今後とるべき行動についてご紹介致します。

「今後どのようにすれば良いのか」と迷った際の、選択肢のひとつとして参考にしてみてくださいね。

1.本当に「社風のせい」かどうか考えてみる!

「社風が合わない」とストレスに感じる原因は、人によってさまざまだと思います。例えば、「男尊女卑」「人間関係が上手くいかない」「ノルマが厳しい」などがあげられますよね。

ですが、そのストレスの原因が本当に「社風が合わないせい」だけなのかどうか、今一度考え直してみる必要があると思います。

なぜならば、例えば「人間関係が上手くいかない」ということは、一概に社風のせいだけであるとは言えないこともあるからです。

思い起こせば、学生時代からどこに行っても人間関係を上手く築くことのできないタイプの人が、社会人になっていきなりスムーズな人付き合いをするのは難しいですよね。

それを、「今の会社の人の雰囲気が合わないからだ」「もっと思いやりのある人たちが集まっていたら上手くやっていけるのに」など、自分の性格を棚の上にあげて、社風が合わないせいだけにしてしまってはいませんか?

会社に対して感じる嫌なところを、「社風」とひとくくりにしてしまうと解決法が見えづらくなります

ストレスを感じる原因は、もっと他のところにあるのでは?と考えてみることが大切ですよ。

何でもかんでも「会社が悪い!」と考えてしまうことで、「自分で何とかしよう!」「努力しよう!」というやる気がなくなってしまいますよ。

2.単なるわがままになっていないか考え直してみる!

「会社の上司のやり方が気に食わない」「上下関係が厳しい」「報連相が徹底しすぎていちいち面倒だ」など、社風が合わないと感じる原因が単なる「わがまま」になってしまってはいないか考え直してみる必要もあります。

社会に出れば、上司のやり方に反感を覚えることも少なからずみんなあると思いますし、上司と部下なのですから、上下関係があるのは当たり前です。

また、報連相はどの会社に行っても必ず重要になってくることですよ。

このように、「社風が合わない」と感じる原因が、周りから見れば単なる自分のわがままになってしまっていることも考えられるのです。

このような考え方で会社に不満を抱えたり、転職を繰り返したりしていては、いつまで経っても「社風の合う」会社に巡り合うことはないと思います。

時には少し冷静になって、ストレスの原因が本当に会社の雰囲気や考え方による理不尽なことなのか、単なる自分のわがままなのか、考え直す必要がありますよ!

3.時間が解決する問題かどうか見極める!

「周りの人のノリについていけない」「仕事のやり方が気に食わない」などは、もしかすると単にまだこの会社に慣れていないだけということもあります。

もう少し時間が経てば、周りの人のノリに慣れることもあると思いますし、仕事のやり方にも慣れスムーズにできるようになるかもしれません。

まだ入社して日が浅いようであれば、今ストレスに感じていることが、時間が解決してくれることなのかどうか考え、もう少し辛抱するのもひとつの手ですよ!

いつか「我慢してでも続けておいて良かった!」と感じることがあるかもしれません。

「どうしても辛い」「先が見えない」という場合には、「最低でも1年はここで頑張る!」「とりあえず3年間は続けてみる!」など期限を決めておくのも良いと思いますよ。

4.「仕事だから」と割り切って考えるようにする!

「給料は我慢料」という言葉が聞かれるように、仕事で何かしらのストレスを抱えても、我慢して働き続けている人はたくさんいます。

「ここが嫌!あれが嫌!」と自分の気持ちだけで次々に職を変えても、きっと次の職場でまた新たに「ここが合わない」とストレスを感じることが出てくると思います。

どこに行っても「合わない」と感じることのひとつやふたつは必ず出てくるはずですよ!そうなってしまわないよう、「仕事だから」と割り切って考えるようにするのも良い方法です。

「これで給料がもらえるのだから」「仕事だからストレスがあるのは当たり前!」くらいの気持ちでいた方が、気が楽になることもあると思いますよ。

時には考え方を少し変えてみるのもおすすめです。

5.分かってくれそうな同僚に相談してみる!

社内に話を分かってくれそうな同僚がいる場合には、今あなたがストレスに感じていることを相談してみても良いでしょう。

案外、「私もそう思ってた!」というようなことがあるかもしれません。

社風は社員ひとりひとりが作り出すものなので、あなた一人でいきなり変えようと思っても難しいと思います。

ですが、「ここはおかしい」「改善してほしい」という考えを持つ仲間が増えていくことで、社内の雰囲気を少しずつ変えることは可能だと思いますよ。

6.社外の友人に話を聞いてみる!

社外の友人に他の会社の話を聞いてみるのもおすすめの方法です。

うちの会社だけだとストレスに思っていたことが、意外と「うちの会社も同じだよ」と言われるようなことがあるかもしれません。

「社風が合わない」と今の会社へストレスを抱えることで、他社への憧れがどんどん膨らんでしまうこともあると思います。

「他の会社だったらこんなことはないのに!」「他の会社にいけば全て上手くいくはず!」と、他社への夢ばかりを抱いていませんか?

そのような時には他社で働く友人に話を聞くと、イメージしていていたものとのギャップを感じ、少し冷静になって考えられることもあると思います。ぜひ試してみてくださいね。

7.プライベートを充実させる!

社風が合わないとストレスに感じている時は、仕事にやりがいを感じられずつまらない毎日になってしまっている状況だと思います。

そのような時には、やりがいを仕事以外のところに持っていくやり方を試してみてはいかがでしょうか?

プライベートに習い事を始めたり、友人たちとの約束を入れたりして、仕事以外のところで「楽しい!」と感じられる時間を大切にしましょう!ストレスも上手く発散できるはずですよ。

すると、「プライベートを楽しむためにも仕事を頑張ろう!」という考え方に変わり、社風が合わないことにあまりストレスを感じずに働くことができるかもしれませんよ。

8.転職する!

いろいろな行動を試してみても、「どうしても今の社風に合わない!我慢できない!」と感じた時には転職するのもひとつの方法です。

社風の合う会社に転職することで、毎日楽しく過ごせる可能性もありますよね!

ですが、ここでひとつ考えてみてほしいのが、「あなたに対する周りからの評価」です。次の転職先を探す時に、前職を辞めた理由を聞かれることがあるかもしれません。

そこで「社風が合わなかったから」という理由を上げてしまうと、「この人は周りと上手く合わせられない人なんだな」「自分勝手な人かもしれないな」と思われてしまう可能性があることを忘れないでくださいね。

それらのリスクを考えた上で、覚悟を持って転職をするようにすると良いですよ!数ある会社の中からあなたにぴったり合った社風の会社を見つけることは難しいかもしれません。

ですが、「それでも良い!」「今の状況よりはマシ!」と思ったならば、ぜひ転職の道を考えてみると良いですね。

おわりに

いかがでしたか?社風が合わない時にとるべき行動が分かったでしょうか?

「周りと合わないなぁ」「辛いなぁ」とストレスを感じることなく、少しでも楽に働くことができるようになると良いですね。