徹底分析!仕事ができる人とできない人の違い!決定的な要素5つ!

sigoto-dekiruhito-dekinaihito-tigai

あなたは仕事ができる人かできない人、どちらになりたいと思いますか?当然、出来る人になりたい!と誰もが思っていますよね。でも、とにかく一生懸命頑張ってやっていてもできない人も残念ながらいます。

では一体仕事ができる人とできない人にはどのような違いがあるのでしょうか?今回はできる人とできない人の違いを徹底分析していきますので是非参考にしてみてくださいね!

1.自己管理ができているかどうか

できる人は、先々のスケジュール管理がきちんとできていて、時間の使い方など自己管理がきちんとできています。業務時間内はムダがなく、効率的に業務をこなし残業などをできるだけしないで済むようなスケジュール管理をしています。

そのため、業務時間外はオンとオフを切り替えて、プライベートの時間を充実させて心も体もリフレッシュさせるために自分の時間を作るのでさらにモチベーションが上がって結果的にパフォーマンスも上がります。

できない人は、スケジュールなどの管理がきちんとできておらず、与えられた仕事を効率よくこなすことができません。なので、業務時間内に仕事が終わらないことも多く、その分残業時間が増えてしまいます。

そのため、プライベートの時間が減ってしまい、精神的にも体力的にも疲れがたまり、仕事への意欲が下がってしまいパフォーマンスもあがりません。

できる人とできない人の明確な違いは「自己管理ができているかどうか」で分かれます。

2.ゴールのイメージが見えているか

できる人は、自分が与えられた業務がどのようなポジションの業務か、その業務がどのように今後つながっていって、最終的にどのような形で完成するのか、ゴールを見据えて行動します

自分が与えられた業務を断片的にこなすのではなく、最終形を体系的に理解して目標設定をします。そのため「ゴール」を見据えているので自分の決めた行動にブレがありません。

できない人は、とりあえず自分に与えられた業務をその部分だけ完成させようとします。最終形を意識せずに業務にとりかかるので、自分が今どの歯車を担当していて、今後どのような完成形になるのかをわからずに取り組んでいます

そのため、ゴールが見えていないので、自分の行動にブレが生じ、時間ロスが起こったり、他の人に迷惑をかけたりしてしまいます。

できる人とできない人の違いは業務を体系的に理解して「ゴールのイメージが見えているか」で分かれます。

3.コミュニケーション力があるかどうか

できる人は、社内での人間関係が円滑です。業務をこなしているうちに疑問が出てきた段階で他人に質問したり、アドバイスを受けたりとそこで微調整をうまく行って業務をこなしていきます。

万が一、ミスや主旨がずれているようなことが起こっても、他の人と密にコミュニケーションをとっていることで、早い段階で軌道修正できます。

できない人は、他人とコミュニケーションをとることが苦手なため、業務の途中で不安があってもとりあえず完成形までもっていきます。

そのため、提出してから大きなミスや主旨が大幅にずれていることに気付き、また振出しに戻る・・・ということがあります。コミュニケーションがとれないことによってその分人よりもたくさんの時間を費やす結果になってしまいます。

できる人とできない人の違いは社内での「コミュニケーション力があるかどうか」で分かれます。

4.素直かどうか

できる人は、素直です。人からアドバイスを受けてもまずは素直に受け入れその通りにやってみよう!とチャレンジします。

いろんな人のアドバイスを受けてたくさんのやり方を試して、そこから必要なものと不必要なものを自分の中で取捨選択していきます。そのうちに自分の中の整理力が培われていき、結果的に仕事ができる人になるのです。

できない人は、他人の意見を素直に受け入れない人が多いです。自分のなかの凝り固まったプライドやこだわりが邪魔をして素直に人のアドバイスを受け入れることができません。

そのため、自分のやり方だけで仕事をこなすので、視野が狭く成長するチャンスをどんどん逃しています。毎回人の意見をないがしろにしていては周りの人は「もうこの人にアドバイスするのは無駄だ」と諦めてしまうこともあるでしょう。

できる人とできない人の違いは他人の意見を受け止める「素直さがあるかどうか」で分かれます。

5.仕事に情熱があるかどうか

できる人は、自分の仕事に誇りを持ち、情熱を持って取り組んでいます。たとえ、上手く行かない時でも、諦めずに情熱を持って自分の力で乗り越えようと頑張ります。

自分の仕事に情熱を持って取り組んでいるので、自分の将来像をはっきりと見据えています。自分が今後どうなりたいのか、どこを目指していくのかを明確な目標をもっているのでその結果モチベーションを高く維持して結果を残すことができます。

できない人は、仕事への情熱がなく、イヤイヤ生活のために業務をこなしています。やりたくないのに仕方なく取り組んでいるので常にモチベーションが低く、自分の将来像がまったく見えません。

自分の仕事に誇りが持てないのでやる気もなく他の人よりも上に行きたい!という意思はありません。

できる人とできない人の違いは「仕事に情熱があるかどうか」で分かれます。

おわりに

いかがでしたか?

仕事ができる人とできない人には決定的な違いがあります。出来る人になるためにはまずは今回紹介した5つの違いを理解して取り組むことが必要です。

是非参考にして、できるビジネスマンになってくださいね!