仕事で怖い先輩がいる!ビビらず上手く付き合うための作戦8つ!

sigoto-kowaisenpai

新しい職場に入り、「仕事で怖い先輩がいる!」「どう接したら上手くいくの?」と悩んでおられる方も多いと思います。上手に付き合いたい!と思っても、怖いという気持ちが先行してしまい、必要以上にビクビクしてしまって逆効果・・・ということもありますよね。

そこで今回は、仕事で怖い先輩がいる場合に、ビビらず上手に付き合うための良い作戦をご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.仕事で認めてもらえるよう頑張る!

先輩としても、仕事が全くできない後輩、仕事にやる気のない後輩はどうしても好きになれないと思います。反対に、仕事にやる気がある後輩、結果が残せる後輩は、先輩に好ましい存在として認めてもらえるはずです。

「デキる後輩」として一目置かれる存在になれるよう仕事を頑張れば、怖い先輩にもきっといつか認めてもらえるようになるはずですよ。

怖い先輩には、「仕事にプライドを持ってやっている」「妥協は許さない」という固い意志を持つ人も多いです。それゆえ、自分にも他人にも厳しくなってしまっている場合もあると思います。

そんな怖い先輩に認められるために、自分に与えられた仕事は責任を持って最後までやり遂げましょう!そんなあなたを先輩もきっと陰ながら見てくれているはずですよ!

2.先輩の良いところを探す!

「怖い先輩だな」「ここが怖いな」ということばかり考えていると、そこの部分しか見えてこなくなってしまいます

怖いというポイントばかりではなく、「先輩がさりげなく自分の仕事をフォローしてくれた」「分かりやすく丁寧に説明してくれた」など、相手の良いところ探しをしてみてください。

良いところを見つけようと努力していくことで、「怖い」という先入観が薄れるはずです。「怖い部分もあるけれど、ここは尊敬できるなぁ」「怖い時にはきちんと理由があるんだなぁ」と今まで見えなかった部分に気付くことができます。

良いところ探しを続けていくと、先輩の印象が少しずつ変わり、ビクビクせずに付き合えるようになると思いますよ!

3.先輩の良いところを褒める!

怖い先輩の良いところを見つけたら、ぜひ言葉に出して褒めてみると良いでしょう。「先輩の説明、とても分かりやすいです!」「助けていただいて、嬉しいです!先輩、優しいですね」など、尊敬しているということを伝えてみてくださいね。

人から褒められて嫌な気持ちになる人はいませんよ。「すごいな」と思ったら、素直に口に出して褒めることが、苦手な人とも円滑に付き合っていくコツです。後輩から、「将来は、先輩みたいな人になりたいです!」と言われれば、かわいい後輩だと思わずにいられないと思いますよ。

4.積極的に一緒に行動するようにする!

怖い先輩だと思われているような人は、社内でも孤立しやすく、一匹狼になってしまいがちです。そのことが、「私はみんなに嫌われているんだ」という悲観的な思いに繋がり、余計に周りの人への当たりが強くなってしまっている原因かもしれません。

そんな時に、「先輩、何かお手伝いしましょうか?」と積極的に声をかけてくれたり、「ランチご一緒しても良いですか?」と誘ってくれたりするような後輩は、良い印象を持たれやすいです。

また、最初は「怖い先輩だな」と思っていたとしても、一緒の時間を過ごすうちに「笑顔が苦手なだけなんだ」「悪気があるわけじゃないんだ」など、見えなかった部分に気付くことができます

また、人間は何事にも慣れていってしまうものです。最初は怖いと思っていた部分でも、時間が経てば慣れてきて、どうにも思わなくなったりするものですよ。そのためにも、ぜひ積極的に一緒に行動してみるのをおすすめします。

5.いつも笑顔でいるよう心掛ける!

怖い先輩にビクビクするあまり、先輩と接する時の表情が強張ってしまってはいませんか?「この子、私のこと怖がってるんだな、嫌いなんだな」と感じられてしまうと、相手との溝はなかなか埋まりませんよ。

素敵な笑顔は、相手に安心感や親近感を抱いてもらいやすくなります。「私は敵じゃないですよ!先輩と仲よくなりたいんですよ」という気持ちを笑顔にあらわしましょうね。笑顔はいつか自分に返ってきます。

怖い先輩がつい自分まで笑顔になってしまうような、明るい素敵な笑顔で先輩と接するように心掛けてみてくださいね!

6.お土産を渡す!

連休に旅行に出かけた時など、仕事でお土産を渡す機会もあると思います。そのような時には、会社全体の分とは別に、先輩にちょっとしたお土産を渡してみるのもおすすめです。

「いつも先輩にはお世話になりっぱなしなので・・・」「先輩がお好きと聞いたので・・・」など、相手を気遣う言葉と一緒に渡せれば完璧です!事前に先輩の好きなものをリサーチしておくのも賢いですよ。

「この子は私のことを気にかけてくれているんだなぁ」「特別に思ってくれているんだなぁ」ということが伝わりやすく、怖い先輩も態度をやわらかくしてくれることもあると思いますよ。

7.悪口は絶対に言わない!

いくら先輩が怖いと思っても、「〇〇先輩って、怖いよね。私ちょっと苦手」などと他の人に悪口を言わないように気を付けましょう!いつどこで本人に伝わってしまうか分かりませんよ!

「あの子、あなたのことが怖いって言っていたわよ」など、誰かから先輩が聞いてしまったら大変です。それこそ二度と良い関係にはなれないと思いますよ。いくら怖いと感じていても、顔や口に出さないのが良い大人の振る舞いです。

8.プライベートの話をしてみる!

怖い先輩は、仕事に厳しいだけなのかもしれません。仕事場での先輩しか見ていないから、怖いと感じているだけなのかもしれませんよ!部下ができて立場が上になれば上になるほど、プレッシャーや責任感で態度がきつくなってしまうこともあります。

それはしょうがないことですよね。ですが、一旦仕事が終わり家へ帰ると、別人のように優しい表情になることもあります。時には、仕事上だけではなくプライベートな会話をしてみるのも良いと思いますよ。

趣味、好きな食べ物、飼っているペットなど、たわいもない会話なら先輩もリラックスして話してくれるかもしれません。仕事中にプライベートな話をするのはいけませんが、休憩中などには仲良くなるきっかけとしてプライベートなことも話してみると良いですよ。

ただし、中にはあまり自分のプライベートには首を突っ込まれたくないという人もいます。先輩が話したくなさそうにしている場合には、無理に会話を広げないように注意してくださいね!

おわりに

いかがでしたか?怖い先輩はきっとどこの会社にもひとりはいるのではないでしょうか?ですが、ちょっとした考え方の変化や行動がきっかけとなって、良い人間関係を築けるようになるかもしれません。

怖い先輩を味方につければ、とても心強いですよね!まずは自分の仕事をしっかりとして一人前だと認めてもらってから、先輩と仲よくなれるようにいろいろとチャレンジしてみてくださいね。