仕事のミス連発を改善!知っていれば失敗知らずの対処法7つ!

shokuba-ningenkainei-stress-kaisho

仕事をしていると、誰でもミスはしてしまいますよね。
しかし、中には、何度も何度も同じ失敗を繰り返してしまう人もいます。
一体どうしてなのでしょう。

ここでは、仕事のミス連発を改善する、失敗知らずの7つの対処法をご紹介していきたいと思います。

1.整理整頓をする

同じ失敗を繰り返す人の特徴として、よく挙げられるのが、整理整頓ができないということです。

パソコンのデスクトップがフォルダでいっぱいになり、どこに何のファイルが入っているのか分からなくなる。
自分の机の整理ができずに、必要な物をすぐに見つけ出すことがでない。

こういったことが、焦りをうみ、しなくてもよい失敗をしてしまうことに繋がるのです。
整理整頓ができていれば、フォルダから必要な情報を見つけ出すことや、上司に書類を提出するように急に言われても、全く焦る必要はなく、ミスをすることはなくなります。

整理整頓ができれば、仕事上の失敗を軽減することができるでしょう。

2. 段取りができるようになる

仕事をする上で、いくつかの仕事を同時に抱え込んでしまうことは、よくあることです。
やる事の多さに焦りを感じ、どれを先にやらなくてはならないのかが分からなくなり、結果、あれにもこれにも手をだし、ミスを連発してしまいます。

仕事に追われている時は、まず優先順位をつけてみましょう。
優先順位をつけることが苦手な方は、簡単に終わりそうなものから先に取り組むよう、業務フローを改善してみてはいかがでしょうか。

すぐに片づけられる仕事を先に済ませることで、抱えていたものが一つ終わったことへの安心感から、残っている難しい案件にもじっくりと、落ち着いて取り組むことができるはずです。

3.メモをとる

なぜ、仕事でミスを連発してしまうのか。
それは、失敗したことを忘れてしまうからです。

仕事をしていると、誰でも失敗はしてしまいます。
では、なぜ他の人は失敗を繰り返さないのか?
それは、二度と同じような失敗をしないように、覚えようと努力するからです。

人は忘れる動物です。
ですが、忘れないように努力することはできます。

これだけは、次、間違えないようにしようと、メモをとるだけで、意識が変わってきます。
空いた時間で、メモを見返すだけでも全く違った結果になるでしょう。

自分なりのメモの活用法を探求してみるのも、ミスの連発を防ぐ、一つの改善策になるかもしれません。

4. 報告・連絡・相談をする

ミスを防ぐためには、上司に報告・連絡・相談をこまめにすることがとても大事です。
自信が無いまま、自分の判断ですすめると、大きな失敗をしてします。

失敗を最小限度に収めるために、何かあればすぐに上司に報告しましょう。

こんなことを毎回、報告してよいものかと、悩んでしまうこともあるかもしれません。
ですが、こまめに相談し、失敗をしないように先手を打つことが、大きな失敗を防ぐことに繋がるのです。

5. 言い訳をしないでミスを認める

ミスを連発する人の多くは、「あの時、だれだれがこうしろと言ったから」「誰も教えてくれなかったから」「こういう結果になるとは思わなかった」などと、他人や、その時の状況のせいにします。

確かにその通りの場合もあるかもしれません。
ですが、なぜ、失敗してしまったのかを自分で真摯に考えないことには、また同じような失敗を繰り返してしまうでしょう。

同じ失敗を繰り返さないためには、多少なりとも、自分に非があることを素直に認め、考えることで、失敗の連発は改善されることでしょう。

6. 気持ちをすぐに切り替える

失敗をしてしまうと、誰でも落ち込みます。
ですが、それをいつまでも引きずることはよくありません。

気持ちが沈んだままでは、また安易なミスを連発してしまいます。

失敗したら、一度立ち止まって、何が悪かったかを考え、改善策を講じ、そこからは気持ちを切り替えて、前を向いて仕事に取り組みましょう。

7.同じ失敗をしない為の具体策を考える

同じような失敗をしてしまう人の特徴として、反省はするけれども、その後に具体的な改善策を講じないという点が挙げられます。

「何が悪かったのか」「どこで間違えたのか」など、失敗した要因を追求し、では「どうしたらミスをしないのか」と具体的な対策案を考えることがとても大事になってくるのです。

そうすることで、具体的な改善策が見えてくるのです。

おわりに

いかがでしたか?

仕事をする上で、失敗はつきものです。
ではどうすれば、ミスを連発しないようにできるのか。

失敗をした時に、立ち止まり、何がいけなかったのかを考え、反省し、自分なりの改善策をみつけることが、一番の対処法になるのではないでしょうか。

失敗をしたからといって落ち込む必要は全くありません。
前を向いて同じような失敗をしないように、気を付ければよいのです。

もし、どうしても何度も同じようなミスを連発してしまうような時は、ぜひ今回ご紹介した対処法を試してみてはいかがでしょうか。