仕事の教え方のコツ!相手に分かりやすい指導のポイント9つ!

sigoto-oshiekata-kotu

社会人として数年経つと、後輩が入り、仕事を教える立場になることも多いですよね!

その際に「どうやって教えれば良いのか分からない!」「分かりやすい指導のポイントって何?」という悩みを抱える方もおられると思います。

そこで今回は、相手に分かりやすい仕事の教え方のコツについてご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.まず見本を見せる!

相手に仕事を教える時には、まず見本を見せることから始めるのが良い教え方のコツです。実際に一度やって見せることで、相手に全体像を掴んでもらいましょう。

すると、だいたいの仕事の流れを掴むことができ、その後の説明をスムーズに理解しやすくなりますよ。

2.ひとつずつ丁寧に説明していく!

見本を見せて全体像を掴めたら、次にひとつずつ丁寧に説明しながら仕事を教えていきましょう。

この時に注意してほしいポイントが、「これ位ならきっと分かるだろう」「説明しなくても大丈夫だろう」と相手を過信しないことです。

すでに仕事を理解しているあなたから見れば説明しなくても良いという点であっても、相手は初心者です。面倒がらずにひとつずつ丁寧に説明するのが良い教え方のコツですよ!

3.理由を付け加えながら説明する!

仕事の手順や方法を教える際には、「なぜそうするのか」という理由部分を付け加えながら説明するのが教え方のコツのひとつです。

ただ手順を覚えるだけなら誰にでもできますが、それでは何か想定外のことがあった時に、臨機応変な対応ができなくなってしまいます。

きちんと物事の理由を理解していれば、想定外のことが起こっても、応用を利かせて臨機応変な仕事ができるようになると思いますよ!

よって、後輩に仕事を教える際には、「これは〇〇だからこうするんだよ」「こうした方が〇〇しやすいから、こういう方法をとるんだよ」など、理由を付け加えながら説明してあげると良いですね。

4.質問がないかこまめに聞くようにする!

説明の途中であっても、質問がないかはこまめに相手に確認するように心掛けましょう。

せっかく一通り説明しても、途中で分からない点があったために、そこからあとを全て理解できなくなってしまっては勿体ないですよね。

「ここまでで何か分からない点はない?」とこまめに確認する教え方をして、確実に説明内容を理解してもらえるようにするのがコツですよ!

5.端的にゆっくりと喋る!

相手に仕事を教える際には、端的にゆっくりと喋ることを心掛けるようにしましょう!

「できるだけ詳しく説明しよう!」と思い、同じことを繰り返し喋ったり、ダラダラと喋ったりしてしまうのは逆効果です。

長すぎる説明は相手の集中力が途切れてしまいますし、長々とした説明は要点が分かりにくく、相手が理解しにくい説明になってしまいがちです。

できるだけ要点をまとめて短く、そして聞き取りやすいようにゆっくりと喋ることが、良い教え方のコツですよ!

6.相手の気持ちを考えながら教える!

常に相手の気持ちを考え、相手の立場になりながら説明するのが、良い仕事の教え方のコツです。相手の気持ちは、説明中の返事や表情からきっと伝わってくるはずです。

「今の返事は曖昧だったな。きっとちゃんと伝わっていないだろうな」「表情が曇ったから、理解できていないかな?」など、常に相手の気持ちを考えながら教えるようにしてみてくださいね。

相手の気持ちにならずにただ説明をしていては、一方的な教え方になってしまい、相手に上手く内容を伝えることができません。

常に相手の立場に立ち、「分かりにくそうだったから、もう一度説明してあげよう」「もっと分かりやすい言葉にしよう」と、相手に合わせて教え方を変えてあげられるのが良い方法ですよ!

7.実際にやらせてみる!

一通り説明し終わったら、相手に実際に仕事をやらせてみるようにしましょう!説明だけで分かった気になっていても、実際にやってみると分からない点が出てくることも多いものです。

実際にやってみる姿をきちんと見てあげて、分からない点や間違っている点はその都度すぐに訂正してあげるようにしましょうね。

間違ったまま覚えてしまうと、あとで直すのが大変になってしまいます。実際に経験させてみて、覚え間違いなどをできるだけ早く見つけてあげるのも教え方のひとつのコツです。

8.上手くできた時には褒める!

教えた仕事を上手くできた時には、ぜひ褒めてあげるようにしましょう!誰でも褒められれば嬉しいですし、やる気もアップするはずです。

褒めて相手のやる気を引き出してあげることが、後輩を伸ばすためのコツです!相手のモチベーションまで操作できるようになれば、あなたも立派な教え上手だといえますよ!

9.適度な距離で見守る!

一通り仕事を教え終わったら、適度な距離で見守るように心掛けましょう!

後輩が心配でついつい口を出したくなるかもしれませんが、上手くいかない点を自分で考えたり、失敗から学んだりする機会もとても大切です。

ですが、「分からないことはいつでも質問してね」と声をかけるのは忘れずに、つかず離れずの距離で見守ることが、相手をスムーズにひとり立ちさせるためのコツです。

おわりに

いかがでしたか?相手に分かりやすい指導のポイントが分かったでしょうか?

相手の立場に立った分かりやすい指導方法で、「あの先輩、素敵だな」「尊敬するなぁ」と思ってもらえるような先輩になれると良いですね!