仕事で落ち込む新人を励ますには?先輩として尊敬される接し方6選!

sigoto-otikomu-sinjin-hagemasu

新人がミスをして落ち込んでしまっている時、あなたならどのようにして励ましてあげますか?「余計なことをして、ますます落ち込ませることになったらどうしよう・・・」と不安になり、結局気の利いたことは何もしてあげられなかったこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、仕事で落ち込む新人をどのように励ませば良いのかのアイデアをご紹介致します。先輩として尊敬されるような、素敵な接し方ができると良いですね!

1.自分の新人の頃の失敗談を話す!

仕事で落ち込む新人は、「私はダメな奴だ・・・こんなこともできないなんて」「周りの人はきっとこんなミスなんかしないのに!」と、自分を責めてしまっていると思います。ですが、新人の頃は、誰でも一度は失敗をするものではないでしょうか?

落ち込む後輩に励ます時には、「私が新人の頃にはもっとひどい失敗しちゃってね~」など、自分が新人の頃の失敗談を聞かせてあげても良いと思います。

すると、「今はこんなにしっかりしている先輩でも、新人の頃には失敗したんだ」「私だけじゃないんだ!」と、少し安心してもらえるかもしれませんよ。

経験談を交え、「私の失敗に比べたら全然かわいいものだよ!これから頑張れば大丈夫!」と励ますことができると、説得力がありますよね。

2.普段通りの態度で接する!

仕事で落ち込む後輩を見ていると、「どう接していいのか分からないな」「そっとしておいた方が良いのかな」と遠慮してしまい、普段よりもよそよそしい態度になってしまうことはよくあることです。

ですが、そんな周りの態度が、余計に後輩を落ち込ませてしまっているかもしれません。周りが普段と違う態度だと、「みんなも怒っているのかな」「みんなに気を遣わせてしまって悪いな」など、いらぬ心配をさせてしまいますよ!

よって、仕事で落ち込む新人がいても、普段通りの接し方を心掛けてあげましょう!「あんな小さなミスくらい、気にしてないよ!」という態度で接してあげるのが一番です。変に気を遣って距離をとらないようにしてあげてくださいね。

3.頑張っている点を褒める!

仕事で落ち込む後輩を励ます際には、頑張っている点や優れている点を見つけ、ぜひ褒めてあげてくださいね。「〇〇について、とても頑張っているね!その調子だよ!」「△△がきちんとできていて、すごいなって思ったよ!」など、その新人の頑張りを見つけ、認めてあげましょう。

仕事でミスをしてしまった事実は消えませんが、それを少しでもフォローできる要素があると、後輩も安心できると思います。仕事でミスをして落ち込む新人にとって一番怖いのは、「誰からも期待されなくなること」だと思います。

誰かひとりでも、「あなたの頑張りをちゃんと見ているよ」「あなたに期待しているよ」と言ってくれる人がいれば、きっと立ち直りも早くなると思いますよ。「期待してくれている〇〇先輩のためにも、次はもっと頑張ろう!」と思ってもらえれば嬉しいですね!

4.差し入れをする!

仕事で落ち込む後輩を励ますには、さりげなく差し入れをするのも効果的です。栄養ドリンクやコーヒー、ちょっとしたお菓子などがおすすめです。「元気ないね。これ飲んで少し休んだら?」など、優しい一言と一緒に渡せると素敵ですね。

また、差し入れにメモや付箋を貼り、「そんなに落ち込まなくても大丈夫だよ!」「一息ついて、また頑張ろう!」など、励ます言葉を一言入れておくと、落ち込む後輩も元気が出ると思いますよ。

5.ランチや飲みに誘う!

仕事で落ち込む新人を励ますため、ランチや飲みに誘ってみるのも良いですね。仕事とは少し離れた場所でなら、リラックスして愚痴や悩み事などを相談してくれやすいと思います。自分自身の体験談を交えながら、ゆっくりと相談に乗ってあげられると良いですよ!

また、美味しいものをお腹いっぱい食べると、自然と元気が出てくることは多いものです。ぜひ美味しい料理のあるお店を見つけて、連れていってあげてくださいね♪美味しいものを食べれば、落ち込んだ気持ちもいつの間にか吹き飛ぶかもしれませんよ!

6.メールを送る!

落ち込む後輩を励ますには、仕事が終わってからメールを送るのも良いと思います。「今日はなんだか元気なかったけど、大丈夫?悩みがあるならいつでも聞くよ!」など、相手を気遣うメールが送れると良いですね。

すると、「先輩は家に帰ってまで、私を気にかけてくれているんだ!」と、後輩はとても嬉しい気持ちになると思います。仕事場では言いにくいことでも、メールでなら言いやすいという人もいます。ぜひ試してみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?仕事で落ち込む新人を、上手にさりげなく励ますことができると、先輩としての株も上がること間違いなしです。「自分が新人の時、先輩にこういう風に励ましてもらって嬉しかったなぁ」ということも思い出しながら、ぜひ素敵な励まし方をしてあげてくださいね!