仕事のやる気を出すには?モチベーションをグッと上げる方法9選!

sigoto-yaruki-dasu

「なんだか仕事のやる気が全く出ない」と悩むことは誰にでもあることだと思います。ですが、「やる気が出ないので休みます」と言っていられないのが社会人ですよね!

そこで今回は、仕事のやる気を出すコツをご紹介致します。自分でモチベーションをグッと上げ、効率的に仕事ができるようになると良いですね!

1.机の上を片付ける!

仕事のやる気を出すためには、まず目の前をスッキリとさせることが効果的です。机の上に関係のない資料などが散らかったままになってはいませんか?今からやる作業に関係のないものは全て片付け、まっさらな状態で新しい作業をスタートできるようにしましょう!

そうすることで、視覚的にもリフレッシュすることができ、机の上に邪魔なものがない状態なので作業効率も上がります。机にあるさまざまな物には予め定位置を決めておき、新しい仕事を始める前には一旦その定位置に戻すように心掛けると簡単ですよ。

2.Todoリストを作る!

これからやる作業内容についてのTodoリストを作ることも、やる気を出すためには効果的です。文字で書くことでするべきことが把握しやすくなり、段取りを組み立てやすくなります。

Todoリストを作り作業を始めたら、終了した作業内容には線を引いて消していくようにしましょう。ひとつひとつ作業が片付けられていくことが目に見えることで、達成感が沸き、モチベーションアップに繋がります。

3.時間配分を決める!

Todoリストを作るなどして段取りを決めたら、ひとつの作業ごとに時間配分を決めておくのもおすすめです。「この時間までに終わらせるぞ!」という目標があることで、モチベーションを上げやすくなります。

この時、あまりにも無理のある時間配分をしてしまうと、ひとつ遅れてしまったことでやる気が失せ、またモチベーションが下がってしまいがちです。少しだけ余裕のある時間配分にしておくことが上手くいくポイントですよ。

4.コーヒーを飲む!

コーヒーに含まれるカフェインには、脳を活性化する作用があります。「なんだかボーっとしてしまうな」という時には、一杯のコーヒーを飲んで頭をシャキッとさせると効果的です。

「一度席を立ってコーヒーを入れに行く」という行動も、単調な仕事の中で良い気分転換になりますよ!

5.仕事の後に楽しい予定を入れる!

「仕事帰りに前から気になっていたレストランに行ってみよう!」「美味しいアイスを買ってうちに帰ろう!」など、仕事の後に楽しい予定を入れるのも良いです。頑張ったご褒美のようなものがあることで、俄然やる気を出すことができる人は多いです。

仕事以外に楽しみなことがない状態だと、「なんのために仕事をしているんだろう?」と悩んでしまいがちです。プライベートが充実してこそ、仕事も頑張れるという人は多いですよ!

6.とりあえず作業しはじめてみる!

いきなりやる気を出すのは難しく、徐々にエンジンがかかってくる・・・というタイプもいます。その場合には、モチベーションが上がっていなくても、とりあえず作業をはじめてみるのがおすすめです。

この時、集中せずとも簡単にできる作業や得意な作業からはじめていくと良い流れが作りやすく、だんだんとやる気を出すことができますよ。

7.姿勢を正す!

モチベーションが上がらない時には、一度姿勢を正してみると良いです。背筋をしっかりと伸ばすことで、気分までシャキッとしてくるはずですよ。猫背気味だとどうしてもやる気を出すのが難しいばかりか、周りからも「あいつやる気ないなぁ」と見られてしまいがちです。

背筋だけでなく、足元も地面にしっかりとつける意識を持つと良い姿勢が保ちやすいです。また、机と椅子の高さが合わないと良い姿勢が作りにくいので、自分に合う高さにきちんと調整することも大切ですよ!

8.外の空気を吸う!

外の空気を吸うことは、気分をリフレッシュさせるためにとても効果的です。窓を開けて外の空気を吸ったり、少し外に出て深呼吸してみたりするのがおすすめですよ。新鮮な空気を身体に取り入れることで、失せていたやる気を再度出す手助けになります。

9.短時間の仮眠をとる!

どうしてもやる気を出すことが難しいという時には、気持ちの問題ではなく身体の問題なのかもしれません。例えば、睡眠不足が原因となっているかもしれませんよ!誰でも睡眠不足の頭では、本来の力を出すのは難しいものです。

そのような時には、短時間の仮眠をとることをおすすめします。時間は15分程度にしておきましょう。あまり長く寝すぎると深い眠りに落ちてしまい、起きてから余計に頭がボーっとしてしまう原因になります。

15分程度なので、横になって本格的に寝るのではなく、椅子に座ったままなどすぐに起きられる格好で仮眠をとるようにしましょう。短時間であれば昼休憩などを利用できますよね。

15分で眠れなくても、ただ目を閉じているだけでも十分にリラックス効果があります。「寝よう!」と意気込むとあまりリラックスできないため、「ちょっと身体を休めよう」という気持ちで仮眠をとると良いですよ。

おわりに

いかがでしたか?仕事のやる気を出す方法はたくさんありますが、どれかひとつでもあなたにピッタリなものが見つかると嬉しいです。自分でやる気を出すのも、社会人として重要なスキルです。

ぜひグッとモチベーションを上げて、良い状態で効率的に仕事をこなしていけるようになると良いですね!