仕事にやる気がでないのはなぜ?モチベーションを上げる方法6つ!

shigoto-yarukigadenai-naze

なんだか仕事にやる気が出ない・・・なぜ?と思い悩む人は多いです。

一度、下がってしまったモチベーションを再び上げるためには、やる気が出ない原因にあった対処法を行うことが必要です。

今回は、仕事にやる気が出ない原因別のモチベーションを上げる方法を、ご紹介します。

1.生活リズム・食生活が乱れている

仕事にやる気が出ない原因が、生活リズム・食生活の乱れによるものだとしたら、まずは生活リズムから改善しましょう。そして、食生活を見直し、適度な運動をしましょう。

忙しいからといって、人間にとって最も大切な「睡眠」「食事」「運動」をおろそかにしては、本末転倒です。

寝不足、食生活の不摂生、慢性的な運動不足の状態が続くと、体調不良を起こし、生活習慣病を引き起こす原因にもなってしまいます。

このような状態では、仕事に対するやる気もでませんよね。忙しい時こそ、自分の身体をいたわってあげましょう。

身体の準備が整えば、なぜか気持ちにも張りが出てきて、仕事に対するやる気がでてきますよ!

2.心が弱っている

働いていると、いろいろなことがあります。心にダメージを受け、弱ってしまい、仕事になぜかやる気が出ないこともあります。

もしかしたら、それは、「うつ病」などの心の病かもしれません。思い当たる場合は、まず休養をしてください。

心身を休めることで、改善されることもあります。それでも改善できない場合は、医師の診断を受けましょう。

うつ病は、ストレスが大きな原因とされています。職場で大きなストレスに見舞われていませんか?

症状は、全くやる気がでなかったり、イライラする、集中力がなくなるなど、様々です。心の不調に早く気づいてあげることが大切です。

そして、心身を休め、ストレスの原因となるものを遠ざけることで、自然と症状は改善していきます。

症状が回復すれば、仕事に対するやる気も少しずつでてくるでしょう。多少時間がかかるかもしれませんが、焦らずに自分の身体を第一に考えてあげましょう!

3.今の仕事が嫌い

今の仕事が嫌いでやる気が出ない場合は、なぜ、嫌いなのかをはっきりさせ、その原因を解決することが、モチベーションを上げることに繋がります。

忙しすぎるから嫌なのか、任されている仕事に不満があるのか、職場の人間関係が嫌なのか・・。

自分が、何に対して、なぜ不満を持っているのかをはっきりとさせることで、その原因の対処法を考えることができます。

最終的に、全部が嫌だ!となるようであれば、転職も視野に入れなければいけませんが、解決できそうな原因であれば、それをクリアすることで、モチベーションは上がり、自然とやる気もでてくるでしょう。

4.燃え尽き症候群になった

一生懸命目指していた目標を突然失ったり、その目標を達成したことによって、一気にやる気を失ってしまう事があります。

こういった症状は、燃え尽き症候群と言われています。

このような状態になってしまった場合、頑張りすぎることを辞めて、自分の好きなこと、楽しいと感じることをやることが、再びモチベーションを上げることに効果があります。

燃え尽き症候群になってしまうと、今までのように、目標に向かって頑張ることが難しくなります。

燃え尽きないためには、なぜ、自分がこのような状況に陥ってしまったのかを見つめ直し、対処していかなければなりません。

頑張りすぎた結果、燃え尽き症候群になってしまったわけですから、逆に頑張らないこと=休むことでやる気を回復することができます。

燃え尽き症候群になってしまったことが原因でやる気が出ないのであれば、少し立ち止まって、休んでみましょう。そして、自分が好きなこと、楽しいと感じることをやるようにしましょう。

5.やることが多すぎる

やることがあまりに多すぎて、やる気が出ないこともあります。そういう時は、やることリストを作りましょう。

やらなければならないことが多すぎると、何から手を付けたらよいのか分からなくなり、パニックに陥ります。そうならないために、やることの目に見える化をすることが大切です。

やることリストを作ることで、すぐに終わりそうなもの、時間がかかりそうなもの、すぐにはやらなくてもよいもの、などと仕分けることができます。

リストが出来たら、すぐに終わりそうなものから片づけていきます。そしてリストから消します。

そうすることで、頭の中もすっきりし、何から手をつけたらよいか迷うことがなくなります。結果、やらなければならないことは、どんどん片付いていき、仕事に対するモチベーションも上がってきますよ!

6.ストレスが溜まっている

ストレスが原因でやる気が出ない場合は、好きなものを食べたり、音楽を聴いたり、運動をするなど、自分なりの方法で、ストレスを解消しましょう!人はストレスを受けすぎると、なぜかやる気を失ってしまいます。

また、人によって、ストレスの受け方にも差があり、大きく受ける人もいれば、あまりストレスと感じない人もいます。

そして、上手に発散できる人もいれば、うまく発散できない人もいます。うまく発散できずに、ストレスを溜め込みすぎてしまうと、やる気を失ってしまいます。

そうならないために、ストレスとうまく付き合えるようにならなければいけません。

やる気が出ない原因がストレスであれば、溜め込まずに、自分なりの方法で発散するようにしましょう。それが、モチベーションを保ち続けるコツです。

おわりに

いかがでしたか?

頑張りたくても仕事にやる気が出ないこと、ありますよね。そんな時は、なぜやる気が出ないのか、まずは原因を探ることで、対処法が見えてきます。もしかしたら、身体や心からSOSの信号がでているのかもしれません。

やる気が出ないことを、安易に考えずに、「なぜだろう?」と自分に問いかけ、しっかり向き合うとが大切です。