仕事ができない人の特徴!うまくいかない人の共通点6つ!

sigotogadekinaihito-tokutyou

一生懸命仕事をしているつもりでも、なぜかうまくいかない・・・周りには「仕事のできないやつ」なんて思われていないか不安になっている人もいるのではないでしょうか。そもそも仕事が出来ない人には共通点があるのです。

今回は仕事ができない人の特徴を6つ紹介しますので、自分に当てはまるところがないか是非チェックしてみてください!

1.常にスマホをチェックしてしまう

最近ではスマホを仕事の情報端末として使うこともあるのでスマホ自体がNGということではないですが、プライベートのスマホをことあるごとにチェックしている人は仕事ができない人の特徴です。

会社は学校と違って、スマホを授業中に見るな!と注意してくれる人もいません。

しかし、いつもデスクにスマホを置いていて、メールやLINEの着信があったらすぐに見てしまう、ちょっと集中力が切れたらすぐにインターネットを開いてしまう・・・なんて人はいませんか?

スマホも情報収集には欠かせない時代ですが、仕事中になにげなく見てしまう癖がついている人は、集中力を妨げる足かせになっている可能性も。いつでもスマホをチェックしている人は、周りから見ると“仕事のやる気がない人”と思われている可能性もあります。

仕事で使わない人は、退社までカバンにしまっておくのがベストです。

2.メモをとらない

仕事ができない人の特徴の一つに「メモをとらない」ということが挙げられます。その場で覚えられそうなことでも、数が多くなってくると人間はうっかりしてしまうものです。

メモを取っていれば「同じことを何回も聞く」ことを防げますし、教えてくれている人にもメモをとっている姿勢をみせることで、”やる気のあるやつだな“という印象を与えられます。

特に新入社員のうちにきちんとメモをとる習慣をつけることで、今後の仕事のやり方も大きく変わってくるはずです。仕事ができない人の特徴は簡単なことだと甘く見て、メモをとらないことです。

3.知らないのに知ったかぶりをする

仕事ができない人には「知らないのに知ったかぶりをする」という特徴もあります。

本当は知らないのに、知らないことが恥ずかしいという気持ちが大きく、自分を大きく見せようと知ったかぶりをするのです。自分のプライドが高く、素直に知らないことを聞けないのです。

しかし、周りから見れば知らないのに知ったかぶりをしていることがバレているケースもあり、「こいつは仕事ができないな」というレッテルを貼られている可能性も。

“聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥”ということわざもあるように、聞くことよりも、聞かずに知らないままのほうが恥ずかしいことなのです。

4.愚痴が多い

仕事ができない人は「愚痴が多い」特徴があります。うまくいかなければ、すぐに他人のせいにして、自分は楽になろうとします。仕事が増えると上司のせいにしたり、自分がうまくいかないときは上の管理能力のなさのせいにしたりします。

いつでも愚痴をこぼして、責任感がまるでないので、周りからも仕事ができないのに言うことばかり一人前だなと冷めた目で見られていることも・・・社内の人に愚痴をこぼすのはNGです。

愚痴ばかり言っていて自分は楽になったとしても、周りからの評価は落ちる一方ですよ。

5.指示があるまでやらない

仕事ができない人の特徴の一つとして「指示があるまでやらない」という人がいます。学生の時は、先生から与えられた宿題をこなしていれば良く、アルバイトも与えられた仕事をしていればよかったかもしれません。

しかし、社会人になって会社の一員になった以上は与えられた仕事、プラスアルファ、仕事を見つけて率先して自分で仕事を作ることも必要です。

「まだ次の仕事を与えてもらっていないから」と何もせずに指示だけを待っている人は仕事ができない人と思われている可能性も。会社の一員として、会社の利益になるようにより良い仕事ができるように自分なりに工夫しましょう!

6.ツメが甘い

これもまた仕事ができない人に共通する特徴ですが、「ツメが甘い」ということが挙げられます。

期限がきめられている仕事では期限を守って提出しても、きちんと見直しをしていないためにミスがあったりと仕事の質が低かったり、「これくらいで大丈夫だろう」と甘い考えを持っています。

仕事に対する考え方もツメが甘く、自分が万が一ミスをしていても誰かがなんとかしてくれるだろうという考えを持っています。仕事ができない人は準備や確認作業を念入りに行わないために周りから「いい加減な人」と思われている特徴があります。

おわりに

いかがでしたか?

仕事ができない人の特徴をいくつか挙げてみましたが、当てはまっていることがある人はまずは日頃の仕事に対する姿勢から見直してみましょう!仕事ができない人と周りに思われてしまうのは不本意ですよね。

今回の特徴を参考にして、今後の仕事に対する心がけを意識して取り組んでいただければ幸いです。