仕事がうまくいかない人の特徴!できない人のパターン6つ!

sigotogaumakuikanaihito-tokutyou

一生懸命頑張っているのになかなか仕事がうまくいかない・・・なんて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

仕事がうまくいかない人にはいくつかの特徴があるのです。それを知ることによって仕事がうまくいくようになるかもしれません。

今回は仕事がうまくいかない人の特徴を6つ紹介したいと思います!

1.確認を怠る

仕事では人によって解釈も違うので必ず「確認」をすることが大切です。仕事がうまくいかない人は勝手に自分なりの解釈で仕事を進めてしまい、本来求められていることと大幅なかい離が出てしまう特徴があります。

始めにきちんと確認をしてから作業に取り掛かっていればスムーズに終わっていたことも、確認作業を怠ったため、再度やり直しする時間がかかり大きなタイムロスが出てしまうこともあります。

仕事を進めていく中できちんと確認することはとても大切なことです。自分の解釈に間違いないと思う時でも念のため確認することによって安心して作業に取り掛かれるはずです。

2.自分のやり方にこだわる

仕事を進めていく中で上司や先輩とやり方が食い違ってしまうことも多々あると思います。そんな時はうまく折り合いをつけて進めていくべきところでも、仕事がうまくいかない人は「自分のやり方にこだわる」特徴があります。

自分の信念を持つということは大切ですが、時には周りの意見も聞いて適度なところで折り合いをつけていかなければいけないのも仕事です。一人で仕事をしている人であればそれでいいかもしれませんが、会社という組織の中では自分の思い通りにいかず、妥協点を見出していかなければならないときもあるのです。

組織の中では人間関係もとても重要なポイントです。うまく人と折り合いをつけて信頼されることも仕事がうまくいくとても大切なことです。

3.いつも時間に追われている

仕事がうまくいかない人の特徴に「いつも時間に追われている」といったことがあります。やらなければいけないことがどんどん積み重なっていっているのに、もう何から手をつければよいかわからなくなっていたり、いつも焦っていたりします。

時間に追われていることがさらにプレッシャーになってどんどん焦りから自分を追い詰めていってしまう傾向があるようです。いつも時間に追われているなと感じているひとは一旦冷静になって優先順位をつけることから始めましょう。

やらなければならないことがたくさんあったとしてもその中で本当に急がなければいけないことだけをピックアップすれば少し気持ちに余裕が出るはずです。

4.整理整頓ができていない

仕事がうまくいかない人で身の回りがいつも散らかっている人はいませんか・・・?

仕事がうまくいかない人の特徴で、整理整頓ができていない人がいます。一見仕事と直接関係なさそうに思えますが、整理整頓することはとても大切です。

例えば急いで重要な書類を探そうとしたときに、自分のデスクが散らかっていてどこにしまったかわからないとなるとまず探すことが大きなタイムロスです。そして、散らかっている人は自分の身の回りにあるものを把握できていないことが多いです。

必要なものなのか、もう処分していいものなのか、ぐちゃぐちゃと混在していると本当に大事なものを失くしてしまう可能性もあります。

整理整頓をしないと頭の中も整理できていないことが多くスッキリすることがありません。まずは身の回りをきちんと整理整頓しましょう!

5.愚痴が多い

仕事がうまくいかない人の特徴として「愚痴が多い」ことが挙げられます。仕事がうまくいっていない時は、気持ちもネガティブになりモチベーションも下がるので愚痴りたい気持ちもわかりますが、そこはぐっとこらえましょう。

愚痴は聞いている方も気持ちの良いものではありません。周りから、“仕事もちゃんとせず文句ばかり言っている人”というレッテルを貼られてしまうと今後の仕事にも影響がでますよね。

どうしても誰かに聞いてほしいときは社外の関係のない人にたまにはストレスを聞いてもらいましょう!

6.残業時間が長い

仕事がうまくいかない人の特徴として「残業時間が長い」ということがあります。どうしてこんなに残業して仕事ばっかりしているのに成果がでないんだろう・・・と思っている人もいるのではないでしょうか?

とにかく会社に残って残業すれば成果がでるものではありません。本当に仕事が出来る人は時間の使い方がうまく、無駄な時間を仕事にかけようとはしません。

時間内に仕事を効率よくこなして、仕事以外の時間はプライベートも充実することによってまたさらに仕事の効率が上がるのです。

仕事がうまくいかない人は残業時間が増えて、プライベートな時間がなくなる。そして仕事のモチベーションが下がり、パフォーマンスが悪くなる・・・と負のスパイラルに陥っていることも・・・

残業時間が無駄に長いのは仕事がうまくいかない人の特徴なのです。

おわりに

いかがでしたか?

仕事がうまくいかない人には特徴があります。当てはまっている人は自分の行動を見直し、改善できるように努力することによって、今より仕事に対するパフォーマンスもあがりうまくいくはずですよ!まずは出来ることからチャレンジしてみましょう。