仕事中に眠い時の対処法!眠気を吹き飛ばすテクニック9選!

sigotocyuu-nemui-taisyo

社会人の悩みとして、「仕事中に眠くなってしまう!」「眠気が襲ってきて仕事に集中できない!」ということがあると思います。

そこで今回は、仕事中に眠い時の対処法をご紹介致します!効果的に眠気を吹き飛ばすためのテクニックを覚えてみてくださいね。

1.コーヒーを飲む!

コーヒーに含まれる「カフェイン」は眠気覚ましにとても効果的です!仕事中眠い時には、少し休んでコーヒータイムを設けてみる対処法はいかがでしょうか?

コーヒーに含まれるカフェインには、脳を刺激し神経を興奮させる作用があります。そのため、仕事中の眠気覚ましには有効ですよ。

また、「コーヒーを入れる」というひと手間で身体を動かすことができるので、眠い状態をリフレッシュさせるのにも良いです。

コーヒー以外にも、紅茶や緑茶、栄養ドリンクなどにもカフェインは含まれているので、自分の好みに合ったものを飲むようにするのも良いですね!

2.空気を入れ替える!

「職場のなんとなくあたたかい空気が眠気を誘ってしまう」ということはありませんか?ポカポカした空気はあたたかく気持ちの良いものですが、同時に眠気を誘ってしまいますよね。

そこで良い対処法が、「窓を開け空気を入れ替える」ことです。冷たく新鮮な空気が入ってくるため、一気にリフレッシュできると思いますよ。新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んでみましょう!

3.立ち上がり、少し歩いてみる!

同じ姿勢でいることで身体に疲労が溜まりやすくなり、仕事中に眠い原因になることも考えられます。そのような時には、一度椅子から立ち上がり、周りを歩いてみる対処法がおすすめです!

「何も用がないのに、立ち歩きにくい」という場合には、トイレに行ったり、お茶を入れたりなど、用事を作って少し身体を動かすようにすると良いですよ。

また、立ち上がった時に「足踏み」をしてみるのも効果的な対処法です。足踏みをすることで足裏のツボを適度に刺激することができるので、眠気が飛んでいくこともあるようですよ!

4.ガムを噛む!

仕事中に飲食ができるようならば、ガムを噛んで眠い状態を吹き飛ばしましょう!「噛む」という動作で顔の筋肉を動かすと、脳に血液が流れるため、脳の働きを活発にすることができます。

ミントなど、清涼感のある味のガムを選べば、一気に脳を刺激して眠気も飛んでいくはずですよ!

ガム以外にも、眠気覚まし用のタブレットや飴、グミなどでも効果があるので試してみてくださいね。

5.冷たい水で手を洗う!

「眠い時には手足があたたかくなる」という経験がある人は多いのではないでしょうか?人は眠る前には手足から体温を放出し、眠る準備をしているのです。

そのため、「今は眠りたくない!」という時には、手を水で洗い、冷やす対処法が効果的です。できるだけ冷たい水の方が、刺激で目がシャキッと覚めるのでおすすめですよ!

さっと洗うのではなく、手を冷やすようにじっくりと洗うようにするのがポイントです。

「一度席を立って手を洗いに行く」という行動自体も、身体を適度に動かし気分をリフレッシュさせるので、ぜひ試してみてくださいね。

6.目薬をさす!

パソコン作業などで目が疲れると、仕事中に眠い状態になってしまうこともあると思います。そのような時には、目薬をさすのが効果的な対処法です。

目薬をさすことで、眠気と同時に目の疲れも緩和させてくれますよ!眠い時には、スーッとするタイプの目薬が効果的なので、ぜひ薬局などで探してみてくださいね!

7.身体を伸ばす!

同じ体勢で疲労が溜まり、眠気が襲ってきてしまう時には、身体をぐーっと伸ばしてみるのもおすすめです。

適度にストレッチをすることで、凝りかたまっていた筋肉を刺激し、身体中に血液を循環させて眠気を覚ましてくれます。

伸びと同時に深呼吸をするのも、体内に新鮮な空気を取り込めるのでおすすめですよ!

腕や肩だけを伸ばすなら、椅子の上でも簡単にできるため、気付いた時にこまめにやってみると効果的だと思いますよ。

8.アロマを嗅ぐ!

「就寝前などリラックスしたい時にアロマを活用している」という方は多いと思います。ですが、アロマは種類によっては気分をシャキッとさせたい時に効果的なものもありますよ!

例えば、「ペパーミント」「レモン」、「ユーカリ」などの香りは、頭をスッキリさせ集中力をアップさせる作用があります。

パソコンのUSB型アロマディフューザーを使用してみたり、ハンカチに1滴たらして香りを楽しんでみたりすると良いですね!

9.15分だけ眠る!

「今日はどうしても眠たくて仕事にならない!」という場合には、15分程度の仮眠をとる対処法がおすすめです。15分ならば職場の休憩時間にもとることができますよね。

その時に注意してほしいのが、15分以上の長い仮眠はしないことです。

長く仮眠をとってしまうことで深い眠りに落ちてしまい、「起きるのが困難になってしまう」「起きたあと余計に身体がだるくなってしまう」という可能性があります。

そのため、横になって本格的に寝るのではなく、机に寄りかかったり、椅子の上でリラックスしてみたりなど、すぐに起きられる体勢で仮眠をとると良いと思いますよ。

おわりに

いかがでしたか?仕事中に眠い時の対処法として、良いものが見つかったでしょうか?

仕事中に眠い時には、これらのテクニックを思い出し、ぜひ試してみてくださいね!効果があることを期待しています!