資格無しで転職したい!男性が仕事を変える時に大事なのは考え方!

shikakunashi-tennshokushitai-dansei

転職は資格が無いとできない事ではありません。

勿論有資格者が応募条件という求人もありますから、その場合は要求されている資格が無ければ応募できません。

それ以外は、資格なしでも転職できるのが一般的です。

男性の転職では、資格の有る無しという点ではなくて、考え方が最も大事な事です。

有資格求人はそれ自身が要件

有資格者を採用条件にしている転職求人は、その資格保有者でなければ応募できません。

採用企業は、その資格を有している人材を求めているのです。ですから、要求されている資格保持者が応募対象者で、その中から選考が開始されます。

資格無しで転職したいという希望があっても、この場合は無理です。例えば、調理師免許を持っている事が条件の求職であれば、いくら飲食店勤務の経験があったとしても、調理師免許の有資格者で無ければ、応募する事は叶いません。

資格保持者でなければ仕事ができない求人をしているのですから、無資格者は必要とされてはいないのです。

一方で、一般的には多くのサラリーマンの皆さんは、資格など無く会社に勤務しているのですから、一般企業の求人の多くは無資格者求人です。

この様に、転職求人というのは、資格が必要とされる場合と、資格無しでも応募ができる場合の二つがあります。

資格無しで転職したいと希望する皆さんは、必然的に有資格が応募条件になっていない求人を選ぶしかありません。

資格無し求人でも要求される条件

有資格求人というのは専門職の求人と同義です。

一級建築士、不動産鑑定士、中小企業診断士、宅地建物取引士、第一種電気工事士、調理師、通関士、社会保険労務士、司法書士、税理士、保安技術管理者、総合旅行業務取扱主任者などなど、世の中には資格がたくさんあります。

資格が必要は仕事は専門性の高い職種です。

当然ながら企業によっては、その専門性を有する人材がいなければ経営ができない場合があります。従って、有資格求人が世の中に存在しています。

一方で、資格無しでできる仕事も多数存在しています。

専門性の高い企業であっても、人事、総務、庶務、会計、広告宣伝、営業、事業企画、営業企画、カスタマーサービス、物流など、資格を必要としない仕事が存在し、それを担う人たちによって企業は経営活動が可能になるのです。

ですから、資格無しで転職できるのかどうかなどと考える必要はありません。

当然ながら資格無しでも転職は可能です。但し、資格が要求されていないにしても、企業の応募には条件が必ずあります。

年齢、性別、職種、勤務地、給与、福利厚生など、必ず何等かの制限があります。

貴方ご自身にも要望がある様に、求人企業にも当然転職人材に対する要望があるのですから当たり前のことです。

ですが、応募条件というのは転職応募の入り口部分で、企業が最も求人に求めているのは人物像です。

仕事に向かう姿勢であり、意欲であり、考え方です。男女に違いはありませんが、転職に対する考え方が重要です。

それは、転職が人生において大きく重い決断の結果だからです。

男性転職の最も大事な要素は考え方

社会は男女平等でなければいけないことですが、現実にはまだ日本の社会人の世界では、男性優位は変わっていません。

勿論、女性は仕事ができないという訳では無い事は当たり前のことですが、日本の社会の長い慣習と歴史から、男性優位社会が歴然と継続している事はご承知の通りです。

ですから、男性はビジネス社会で就業人数も多く、ポジションも多く占めているのが現状です。

その男性優位社会において転職をするのですから、男性が男性を求人し応募をする事が多く、男としての尺度、男としての考え方を問われるとも言い換えられます。

資格無しであろうが、条件が何であろうが、何故現職を辞めて、何故自社に応募し、何を目指して、何ができるのかが、とても問われます。

双方の条件という部分よりも、何故、何が特に問われるのです。それを明確に、ポジティブに、ロジカルに、説明できる事が望まれます。

本来は男女共に同じなのですが、前述の通り日本の社会構造においては、特に男性に望まれます。

終わりに

転職は相性です。

求人企業と応募者のマッチングがぴったりした時に成立します。

資格無しであっても、資格があったとしても、両者の考え方がぴったり合う事で、転職が成功するのです。

ですから結果については成功してもしなくても、悲観する事はありません。相性があったか、無かったかだけの事なのです。

ですが、折角応募するのであれば、転職が成功できる様に、ご自身の考え方を求人企業に伝える事が最も大事な事です。

ご参考にして頂けたなら幸いです。