新人歓迎会のマナー!挨拶やお礼など新入社員が気を付ける事!

shinjinkangeikai-manner-aisatu-orei

社会人になってようやく少し慣れてきた頃に行われる新人歓迎会。仕事場とは違い、飲み会という少しくだけた場でのマナーや振る舞いについて頭を悩まされる方も多いことでしょう。

そこで今回は、挨拶やお礼など、新人歓迎会のマナーとして新入社員が気を付けるべき点についてご紹介致します。

新人歓迎会で気を付けるべきマナー

はしゃぎすぎないこと

新人歓迎会の時には、「今日は無礼講だ!」と言われることも多いと思います。ですが、決して大学時代と同じ感覚で会社の飲み会に参加してはいけません。

新人歓迎会という場は、もちろん新入社員を歓迎する場でもありますが、同時に「この新人はどんな人なのかな?」という人柄を見極める場でもあるのです。会社では緊張してまだ自分が出せていない人が多いと思いますが、飲み会となるとその人の本質的な部分が見えてきてしまいます。

よって、新人歓迎会という会社から少し離れた場であっても、「この飲み会も仕事のうち」という気持ちを忘れないようにしましょう!飲み過ぎて騒いだり、上司にため口で話したりすると「こいつは社会人になりきれていないな」と思われてしまう原因となります。

上座に座らないこと

新人歓迎会では座る位置のマナーに気を付けましょう。お座敷などの場合、入り口から一番遠いところが上座であり、偉い人が座る場所です。よって、一番下っ端である新入社員が座る時には、入り口に近い下座とよばれる場所に座るようにしましょう。

乾杯は周りに気を遣うこと

いよいよ新人歓迎会がはじまると、乾杯をすることになると思います。この乾杯にも気を付けるべきマナーがあります。まず、乾杯をする時には自分のグラスを上司よりも低い位置に持ってくるようにしましょう。さらに、グラスを両手で包み込むようにして乾杯をするとより丁寧に見えますよ。

また、お酒が全く飲めないという人もいると思います。ですが、乾杯の時だけは盛り上がっている空気を壊さないようにして、グラスに口だけつけて飲んでいるふりをすると良いです。

お酌をして挨拶まわりをすること

新人歓迎会での新入社員の一番の仕事は、このお酌をしながらの挨拶まわりです。「今日は主役だから」と言って、どっしりと座ったままで飲み食いばかりしていてはいけません。乾杯がおわり、周りの人と少し歓談を楽しんだあとは頃合いを見てお酌にまわるようにしましょう。

お酌をする時には、「○○に所属になりました○○と申します。どうぞよろしくお願い致します。」と挨拶をして顔を覚えてもらうようにしましょう。自分から挨拶にきてくれる新入社員を、上司は可愛いと思ってくれるはずですよ。

ビールを注ぐ時には、ビールラベルが上にくるようにするのがマナーです。また、お酌をする順番は、その場で一番偉い人から順にまわるように心掛けましょう。とはいえ、状況によってはきちんと順番通りにならないこともあると思います。その場合は臨機応変に動くようにしましょうね。

また、近年はパワハラなどが問題となり、お酌自体を禁止している会社もあります。まわりの雰囲気を読んだり、指導役の先輩に聞いたりして、会社の方針に従うようにしましょうね。お酌が禁止の場合には、挨拶まわりにだけ行くようにすると良いですね。

率先して動くこと

新人歓迎会での新入社員は、お客様のようでお客様ではありません。率先して飲み物の注文をとったり、食べ物を取り分けたりするようにしましょう。上司のグラスが空いたり、飲み物が少なくなってきたりした時には、「次、お飲み物どうされますか?」とさりげなく聞くようにすると良いですね。

酔いつぶれないこと

決して新人歓迎会で酔いつぶれてしまわないように気を付けましょう!たくさん飲んでくれる新人は可愛いものですが、動けなくなるまで酔ってしまうと、ただの足手まといになってしまいます。

自分の限界をきちんと意識し、空腹の状態でお酒を飲まないようにするなど、酔いつぶれてしまわないように自分でコントロールしておきましょう。

新人歓迎会での挨拶

歓迎会の冒頭には、新入社員の挨拶が待っていると思います。姿勢よく、さわやかな笑顔でさらっと終えるようにしましょう。時間は長くても1分以内にしましょうね。

挨拶で言うべき内容

・配属先と名前
・出身地
・歓迎会を開いていただいたことへのお礼
・入社の喜び
・趣味や特技など自分をアピール
・これからの意気込み

を盛り込むようにすると良いでしょう。

趣味や特技などは言わなくても良いですが、「釣り」「ゴルフ」「野球」など、上司と趣味が合いそうなものは言っておくと、会話の際のネタにもなりますよ。「自分はこういう人です」というアピールがあれば、簡潔に伝えるようにすると覚えてもらいやすいですね。

また、最後の意気込みは、「これからご迷惑をおかけすることもあると思いますが、一生懸命頑張ります!ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。」など、謙虚に周りの方へお世話になりますという気持ちを伝えると良いですね。

お礼はどうしたら良いか

歓迎会の翌日、出社した際に直接口頭で「昨日は歓迎会を開いていただき、ありがとうございました。これからますます頑張ります!」などとお礼を伝えるようにすると良いです。上司はもちろん、幹事の方にも忘れずお礼を言うようにしましょうね。他の先輩方にも出社の挨拶時に伝えられると良いですね。

メールでのお礼は失礼になることもある

最近はメールでお礼をするという人も多いですが、年齢が高くなれば高くなるほど、「メールでのお礼は失礼だ」と感じる方も多いようです。他の部署でなかなか顔を合わせられないなど、

おわりに

いかがでしたか?新入社員にとって、新人歓迎会はひとつの試練ですよね。そこでマナーを忘れて悪い印象を持たれるか、マナーをきちんと守って好印象を持たれるかは、その後の仕事の面でも重要になってくると思います。頑張ってくださいね!