職場の雰囲気が悪い!ギスギス社内にさようなら!改善策6つ!

shokuba-funniki-warui-kaizen

職場の雰囲気が悪い時は、社内のコミュニケーションを増やし、仕事に対するモチベーションを上げることで、かなり改善されます。

今回は、ギスギスしている職場の雰囲気を変える改善策を、6つご紹介します。

1.社員同士の会話を増やす

社内での会話を増やすことは、職場の悪い雰囲気を良くするために、とても大事です。シーンとしていて、会話も無く、話しにくい環境は、仕事をする上でマイナスです会話の不足は、コミュニケーション不足に繋がり、仕事に影響してきます。

一方、雰囲気が良い会社は、会話がとても多く、皆が生き生きと働いています。会話が多いことで、コミュニケーションもとれています。そのことが仕事にプラスに働きます。

雰囲気が悪いと感じたら、会話の量を増やすようにしましょう。まずはあいさつから始めてみてはいかがでしょうか。あいさつ一つからでも、会話は生まれます。話しにくいなと感じている人にも、「おはようございます!」「お疲れ様でした!」なら気軽に話しかけられますよね。

会話の量が増えることで、コミュニケーションも増え、社内のムードも改善されるでしょう。

2.たまには飲み会を開催する

たまに飲み会を開催することも、職場の悪い雰囲気を改善する効果があります。仕事の席では、どうしても言いづらい事でも、お酒や料理の力を借りて、普段話せないことを話せたり、仕事の悩みを相談できたりします。

また、同僚達と愚痴を語ることで、ストレスを改善することにも繋がります。飲み会を開催するほかに、定期的にイベントや、レクリエーションなど、交流する機会を増やすことは、さらにコミュニケーションを増やし、社員同士が仲良くなれる効果があります。

社員同士が仲良くなることで、自然と、和気あいあいとした職場となり、のびのびと仕事ができるようになります。このように、コミュニケーションが増えることによって、社内のムードは改良されるでしょう。

3.努力を正当に評価する

社員の努力や成果を、正当に会社が評価することも、職場の悪い雰囲気を改善することに繋がります。自分の頑張りを、ちゃんと評価してもらえると、嬉しいですよね。モチベーションも上がり、もっと頑張ろうと、仕事に積極的になります。

しかし、頑張っても全く評価されないような会社ではどうでしょう。やる気もでず、モチベーションは下がります。どうせやっても評価されないのなら、やらないほうがましなのでは・・と思いますよね。社員一人一人がそのようになってしまっては、会社の業績も下がり、社内の空気も悪くなっていきます。

社員の努力や成果に対し、会社が正当に評価することが、個人のモチベーションアップに繋がります。結果、会社は業績が上がり、社内のムードも良好になるでしょう。

4.若手社員の意見を採り上げる

上司が、若手社員の意見を積極的に取り上げることも、職場の悪い雰囲気を良くする効果があります。若手社員の意見を採り上げない会社では、どんどん不満が沸き上がります。どうせ意見を言ってもムダ・・・とあきらめ、仕事に対するやる気を無くしてしまいます。

良いアイデアや、意見であれば、積極的に若手社員の意見を採り上げることが大切です。そのことが、社内の活気を生みだし、モチベーションも上がり、会社全体のムードの改善に繋がります。

5.叱るより褒める環境づくり目指す

職場全体で叱るより、褒める環境づくりを目指すことも、会社の悪い雰囲気を改善するために効果があります。人は、叱られてばかりだとモチベーションが下がります。社内の雰囲気もどんどん悪くなります。逆に、褒められると、誰でもうれしくなりますよね!

褒められることで、また頑張ろうという気持ちが沸々と沸き上がってきます。それが自信となり、自然と笑顔が出てきます。そして、そこから会話が広がり、社内のムードはどんどん良くなっていきます。

叱るより、褒める環境づくりを目指すことが、雰囲気の改良に大きく繋がっていきます。

6.改善策を募集する

職場の雰囲気が悪いと感じたら、社員から改善策を募集することも、効果のある対処法です。何かしらの不満があるから、社内のムードが悪くなるのです。

まずは、無記名で、会社に対する不満を募集します。そして、一番多かった不満に対する改善策を、また募集します。その中から、自分たちでもっとも効果がありそうな策を選び、実行することで、社内で一番多い不満を解消することができます。

改善策を募集し、実行することで、会社に対する不平不満は確実に減り、社員が満足して働ける良い環境になるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

職場の悪い雰囲気を改良するためには、社内のコミュニケーション量を増やし、社員のモチベーションを上げること、そして、改善策を募集し、実行することが重要です。

もし、あなたの職場がギスギスしていたら、ぜひ、今回ご紹介した、6つの改善策を試してみて下さいね!