役立つ!主婦の再就職に資格!あると採用されやすくなるもの5選!

syufu-saisyuusyoku-sikaku

子育て中の主婦の中には、「いつかは再就職して外で働きたい!」「今のうちに再就職に有利な資格をとっておきたい!」と考えておられる人も多いですよね。

そこで今回は、主婦の再就職に役立つ資格についてご紹介致します。どうせ勉強するならば、ぜひ採用に有利なものを狙って取得してみてくださいね!

1.医療事務

病院の受付対応や会計、レセプトの作成など、受付業務全般を行うのが医療事務の仕事内容です。受付で働くためには必ずしも資格が必要ではありませんが、医療事務の資格があった方が採用されやすくなります。

医療機関は全国どこにでもあるので、転勤族の夫を持つ主婦でも再就職先を見つけやすいのがメリットです。高齢化が進んでいるため、これからますます医療系の資格は役立つ可能性があります。

また、医療事務はシフト制で働くこともできる職場が多いため、子育てとの両立がしやすいのも主婦が嬉しいポイントです。

医療事務は、学校に行かなくても通信講座や独学などで資格を取得することが可能です。子供のお昼寝中や家事の合間を縫って、勉強することができますよ。試験も通信講座によっては会場に行かなくても自宅で受けることができるので便利です。

受験資格の制限などは特になく、試験もテキストなどの持ち込みができるため、比較的誰でも挑戦しやすいといえます。

2.ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、保険、住宅ローン、年金、貯蓄などさまざまな財政面からお客様のライフプランについてアドバイス・サポートをする仕事です。特に保険会社や銀行などの金融関係や不動産関係に再就職しようと思っている主婦の方には有利です。

また、家計を任されている主婦にとって、ファイナンシャルプランナーの取得のために勉強したことは、そのまま実生活にも役立ちます。もし再就職しないとなった時でも、実生活に役立つものであれば嬉しいですよね。

ファイナンシャルプランナー3級は、受験資格に制限がなく誰でも受けやすいのですが、いわゆるファイナンシャルプランナーの入門編程度です。再就職に有利になるものが取りたいというならば、2級取得を目指すことをおすすめします。

ですが、ファイナンシャルプランナー2級には受験資格があり、「3級に合格している」「ファイナンシャルプランニング業務で2年以上の実務経験がある」「認定研修を受けた」などの制限があります。

よって、主婦ではじめてファイナンシャルプランナー2級の取得を目指すという方は、まず3級からはじめるか、通信教育を受け認定研修を受けることからはじめてみましょう!

3.歯科助手

歯科も全国各地にあるため、主婦の再就職の場としては最適です。歯科助手として働くためには必ずしも資格が必要ではありませんが、持っていることで「基礎的な知識を勉強しています」というアピールになるので、採用に有利になります。

歯科助手の仕事内容は、歯科での受付業務全般や歯科医のサポートなどがあります。専門的な用語も理解が求められるため、勉強したことが役立ちます。資格を持っていることで即戦力として働くことができますよ。

受験資格は特になく、誰でも受けることができます。また、試験はテキストの持ち込みが可能です。通信教育で学んだ人は、在宅で試験を受けることもできるので、主婦でも気軽に挑戦しやすいのがメリットです。

4.介護事務

介護事務は、高齢化社会で介護施設が増えている今、ニーズが高まっている仕事です。介護施設での事務全般に関わる仕事で、陰ながら介護の現場を支える重要な存在です。デスクワークが基本のため、年齢を重ねても比較的無理なく働くことができるのがメリットです。

また、忙しい介護の現場では、介護事務がケアマネージャーのサポートを頼まれることもあります。事務以外にもたくさんの雑用をこなさなければなりません。「働きたい!人の役に立ちたい!」という方にとっては、とてもやりがいの感じられる職業だと思いますよ。

介護事務はシフト制で働くこともできるため、子育て中の主婦にとって再就職しやすい職場だといえます。

介護事務は通信講座や独学でも取ることができるため、主婦でも受験しやすいです。通信講座であれば、在宅で試験を受けることも可能です。受験資格に制限もなく、テキストの持ち込みもできます。

5.調剤薬局事務

調剤薬局事務の資格を持っていることで、全国の調剤薬局で働く時に有利です。調剤薬局の受付対応や会計、レセプトの作成などを仕事内容としています。医療事務と仕事内容は似ていますが、働ける場所が異なります。

調剤薬局事務は、パートとしての求人が多いのが特徴です。そのため、育児と両立して働きたいという主婦の方にはちょうど良いかもしれません。調剤薬局は全国各地にあるため、転勤があっても安心です。

調剤薬局事務の試験は、テキストの持ち込みが認められています。また、医療事務に比べて学習範囲が狭く難易度が低いので、合格しやすいのもポイントです。年齢制限なども特になく、こちらも通信講座を受けていれば自宅での受験も可能です。

おわりに

いかがでしたか?「いつかは再就職したい!」という思いがスムーズに叶えられるよう、今から取れる資格は取っておくと安心ですよね。子育て中の主婦でも比較的取りやすいものが多いと思うので、気軽にチャレンジしてみると良いですよ。