就活の面接が私服指定!女性の場合の服装や髪型、靴の基本マナー!

syuukatu-mensetu-sifuku-onnna-kamigata-kutu

就活の面接案内がきた時に、「当日は私服でお越しください」など私服指定をされることがありますよね。ですが、スーツと異なり自由度の高い私服では、「どんな服装が向いているんだろう」「髪型や靴はどうすれば良い?」と余計に頭を悩ませてしまうことが多いと思います。

そこで今回は、就活の面接が私服指定の場合の、女性の服装や髪型、靴についてのマナーをご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.就活面接の女性の私服はどうすれば良い?

1-1.襟付きのブラウスやシャツで清潔感を出そう!

就活の面接では何よりも清潔感が大切です。私服でその清潔感を出すためには、ブラウスやシャツを着るのが効果的です。その時のポイントとしては、「襟付き」のものを選ぶことです。このひと手間で私服でもぐっと清潔感が出せますよ。

ブラウスやシャツの色は、無難にを着ても良いですし、うすいピンクや水色などのパステルカラーを着ても良いです。顔周りに明るい色を持ってくることで、表情が明るく見えるのでおすすめですよ。

1-2.カーディガンやジャケットできちんと感を出そう!

ブラウスやシャツに羽織るものは、カーディガンやジャケットがおすすめですよ。スーツまでとはいきませんが、私服でもそれに似たきちんと感を出すことができます。季節によってカーディガンでもジャケットでもOKですが、ジャケットの方が比較的きちんと感を出すことができます。

色は黒や紺、グレーなどの落ち着いた色味がおすすめです。「全体的に暗くて重い印象だな」と感じる場合には、ブラウスやシャツの色を明るくするなどして調整してみると良いですよ。

1-3.ボトムは膝丈スカートかパンツがおすすめ!

ボトムは膝丈の落ち着いたスカートやパンツがおすすめです。短すぎるスカートは就活の面接には向いておらず、清潔感が一気になくなってしまうので注意が必要ですよ。色はカーディガンやジャケットの色味に合わせると、統一感が出せますよ。

1-4.しわやホコリに要注意!

「面接用の服も用意したし、完璧!」と思ったら確認してほしいのが、「しわやホコリ」です。しわやホコリがついているだけで、一気に「だらしない印象」になってしまうので注意が必要です。当日になって慌てないように、事前にしっかりと確認しておいてくださいね!

1-5.カバンは自立するタイプのものが便利!

就活の面接では、私服に合わせるカバンにも悩んでしまうものです。この時におすすめなのは、自立するタイプのカバンです。就活の面接の場では、自分の椅子の横にカバンを置いておくことも多いですよね。

ですが、この時にきちんと立たずに倒れてしまったりすると、思った以上に気になってしまうものです。そのため、手を離しても、しっかりと自立するタイプのものの方が良いと思いますよ。

デザインは、落ちついた雰囲気の私服から、カバンだけ浮いてしまわないように気を付けましょうね。大きさは、できればA4サイズの書類を折らずに入れられるものがおすすめです。就活面接でもらった書類を、スマートに出し入れできると便利ですよね。

2.髪型はどうすれば良い?

2-1.髪色は黒で!

アパレルや美容系の場合にはこれだけに当てはまりませんが、一般の企業の面接の際には、髪色は黒にしておくようにしましょう。就活面接の直前に慌てて染め直すとムラになってしまうこともあるので、余裕をもって染め直すと良いですね。

2-2.低めのひとつ結びがおすすめ!

就活の面接で女性に最もおすすめの髪型は、「低めのひとつ結び」です。同じひとつ結びであっても、位置を高めにしてしまうと幼さが残ってしまうので、低めの位置で結ぶのがポイントですよ。

おくれ毛を残すのはおしゃれではありますが、就活の面接にはあまり向いていません。おしゃれよりも清潔感を大切にし、顔周りの毛も残さずにすっきりと結ぶ方がおすすめですよ。

結ぶ際に使うゴムやピンは、黒や紺などの落ち着いた色味のものを使いましょう。明るい色味のヘアアクセサリーは就活面接には向いていないので、使わないように気を付けてくださいね。

2-3.ハーフアップでもOK!

ひとつ結びで顔周りを全て出す勇気がないというあなたには、「ハーフアップ」がおすすめです。ハーフアップも、お辞儀をした際などに髪が顔にかかりにくいので、就活面接には向いている髪型ですよ。

2-4.前髪は目にかからないようにする!

女性の髪形で重要になってくるポイントが「前髪」です。前髪が目にかかってしまうほど長くなってしまっていると、暗い印象になってしまい損ですよ。もし前髪が目にかかるくらい長い場合には、ピンで斜めにとめておくなどして、目にかからないように工夫しておきましょうね。

3.靴はどうすれば良い?

3-1.皮のパンプスが無難!

女性の場合の足元は、皮のパンプスが無難です。色は黒をはじめとした、服装に合う落ち着いた色味のものを選びましょう。柄ものなどは避けておいた方が良いと思いますよ。

パンプスにもいろいろな形のものがありますが、オープントゥなどの露出が高いものは就活面接には向いていないので、避けておきましょう。基本的に、靴はスーツにも合わせられるようなものを選んでおくと失敗しませんよ。

3-2.ヒールは5センチまでのものを選ぼう!

パンプスのヒールは、5センチまでのものを選ぶようにすると良いですよ。高すぎるヒールは、清潔感よりもおしゃれさが勝ってしまい、就活にはあまり向いていません。とはいえ、少しはヒールがあるものの方がきちんと感が出せるため、3~5センチ程度のものが最もおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?「私服指定」で会社側は、あなたの人間性やTPOに合わせる能力などをはかっているのかもしれません。「個性」や「おしゃれさ」を出すよりも、社会人としての「常識」や「清潔感」を出すようにすると良いかもしれません。面接、頑張ってくださいね!