転職の面接で落ちる理由!企業が不合格にするワケ5つ!

tensyoku-mensetu-otiru-riyuu

一大決心をして転職することにしたものの、必ず乗り越えなければならない壁が「面接」ですよね。自分なりに頑張ったつもりでも、企業からの不合格通知が続くとさすがに気持ちもどんより・・・

そもそも、転職の面接は学生の時の新卒採用のものとはまるっきり違います!それをわからずに挑んでいるとうまくいかず落ちる原因になってしまいます。

今回は転職の面接で落ちる理由を5つ紹介したいと思います!

1企業研究が甘い

企業は自分の会社に入りたい!という意欲を強く見せてくれる前向きな人を採用したいと考えています。

それなのに、転職活動先の企業研究をきちんとしていないために、会社の企業理念や業界全体の現状やニーズを質問されたときに、ちゃんと具体的に受け答えができていない人は転職の面接で落ちる理由の一つにあげられます。

新卒の時にはフレッシュさと元気で誠実な”印象“を与えられればOKな企業もありますが、転職活動では企業も”即戦力“となる人材を求めています。

「この会社に入りたい!」という意気込みだけでなく、その企業がどんな企業理念があって、業界の現状などを徹底的に下調べをして、企業の価値観に合う人間と思われるように頭の中を整理していかなければなりません。

十分な企業研究もできていないまま、勢いだけで挑んでしまっては企業からは「ツメの甘い人だな」「本当にウチに入る気があるのかな?」と不信感をもたれてしまうでしょう。

2.質問の意図を理解できていない

転職の面接で必ずと言って聞かれる質問に「なぜ当社を志望されたのですか?」と「なぜ前の会社を退職されたのですか?」があります。このような質問をされたときにたとえ事実を話したとしても相手にネガティブな印象をつけるような答えは落ちる原因です。

例えば志望動機を聞かれた時に、“前の会社よりも条件が良いから”や”福利厚生が整っているから“などその会社じゃなくてもいいような答えはNGです。

企業側が知りたい質問の意図は「どうして似たような会社がたくさんある中であえてうちを選んだのか」が知りたいのです。ここは「この会社でないとダメだ!」という具体的な理由をアピールするのが正解です。

次に、前職の退職理由を聞かれた際に、”人間関係がうまくいかなかった“や”仕事内容が自分に向いていなかった“などネガティブな理由を伝えるのはNGです。企業側が質問する意図は「トラブルを起こして辞めていないか、前向きな転職なのか」が知りたいのです。

たとえそれが本当の退職の理由であっても、ここはうまくポジティブな転職であるというようにアピールするべきです。例えば、”前職よりもこんな仕事ができるからステップアップできると考えたため“などあくまでも前向きな理由を伝えましょう。

企業の本来の質問の意図がわかっておらず、ネガティブな理由を言ってしまうと、精神的に弱い人と印象づけられてしまう可能性があります。

3.社風に合わない

どこの会社でもその会社の”社風“がありそれぞれ個性がありますよね。転職の面接もお見合いと同じでお互いに合いそうな「フィーリング」もとても大事です。転職の面接で落ちる理由の一つに「社風が合わない」ということがあります。

会社の社風がなによりも顧客第一主義にもかかわらず、受けに来た人がとにかく利益第一主義の信念を持っていればそもそも会社の社風と合っていないことになりますよね。

お見合いでもどれだけ条件が良い相手でも、会って話してみるとどうしても自分の性格や考えと噛み合わない人がいます。それと同じで、企業側も自分の会社の社風に合いそうなどこか似た雰囲気の人を採用するはずです。

ぱっと見た雰囲気や、話し方も実はとても大事で、その雰囲気が会社の社風に合うかどうかを意識して見られていることも多いです。

企業がどちらかというと地味で真面目な社員が多いところに、派手でイケイケドンドンの人が面接にきたとするとやはり「何かちがうな・・・」となってしまいます。

そうならないためにも、会社説明会やなどで企業の社風や、社員の雰囲気を事前に調べておきましょう。

4.職務経歴があやふや

転職の面接では必ず前職でどんな仕事にどれくらいの期間携わって、どのような成果を残したのかを聞かれます。

履歴書に職務経歴書がありますが、ざっくりした内容しか書けないので面接ではそこを掘り下げて具体的に聞かれることがあります。そこで、自分の職務経歴を具体的に整理できていないため、質問されてパニックになってしまう人も・・・

転職の面接は新卒のときと違って、前職でどのようなスキルを身に着けたか、それを今後どういかしていけるかを掘り下げて聞かれることが多いです。

頭の中で事前に何年から何年までどのような部署でどんな仕事をしていたか、そこで自分が残した成果を自信を持って言えるように準備しておくことが大切です。

このように面接で落ちる理由の一つに「自分の職務経歴があやふやで具体的な話が不明確であること」があります。

5.「質問はありませんか?」で時間外勤務や休日出勤を聞く

転職の面接の最後には、決まって「何か質問はありますか?」と聞かれるはずです。ここで企業側がこっそりチェックしているポイントは“志望度”です。

本当にこの会社に入りたいと思って受けに来ている人は、絶対に聞きたいことや知りたいことがあるはずです。

ここで質問はありませんと終わらせてしまうことも避けたいですが、何か質問しなきゃ!と思って「残業や、休日出勤はありますか?」と聞くことは避けましょう。

この質問をすることで、企業側に「残業や、休日出勤は嫌なんだろうな・・・」とやる気がないと思われてしまうとマイナスです。

理想は募集段階でわからなかった細かい勤務体系は”内定後“に聞くのが一番ですが、どうしてもそれまでに知っておきたい人は質問の仕方を工夫して、「平均的な社員の一日の仕事の流れ」などを聞いて予想をつけましょう。

おわりに

いかがでしたか?

転職活動をしていくなかで「面接」は避けて通れない道です。緊張してしまいますが、最大限に自分をアピールできるチャンスの場でもあります。今回紹介した“落ちる理由5つ”を参考にして、改められるポイントは改善して新しいステップに挑んでくださいね!