好印象!転職活動の服装【男性版】第一印象アップのポイント7つ!

tennsyokukatuodu-fukusou-dannsei

転職活動で採用される人の共通点は第一印象がいいこと。

面接官に好感を持たれる人はきちんとしたビジネスマナーをわきまえている人です。

いまさら、転職活動にふさわしい服装を聞きにくい・・・と思っている人は必見です!今回は男性の転職活動で第一印象がアップする服装を7つ紹介していきますので是非参考にしてみてくださいね!

1.スーツはダークカラーで

面接にはスーツで臨むことが大前提ですが、スーツの色はどんなものが好印象なのかな・・・?最近はスーツにもいろいろなデザイン、色がありますが、男性の転職活動の際の服装ではずばり!「ダークカラー」で臨むのがベストです!

ダークカラーのスーツは相手にきちんとした印象や、キリッと締まった印象を与えますので誠実で仕事ができる男性!のイメージを与え、面接官に好印象を与えます。

スーツの色自体は、新卒の就職活動のように限られてはいませんが、転職活動の際も、なるべく黒、紺、グレーなどのダークカラーを選びましょう。

2.ワイシャツは清潔感のある白がベスト

ワイシャツの色は基本的には白です。薄い色のものでしたら白以外でも構いませんが、面接官に清潔で洗練された印象を与える白が一番おすすめです。

白いワイシャツは襟元や、袖口が汚れやすいので、黄ばみなどがないか念入りにチェックしましょうね。自分から見えなくても襟の後ろ側の黄ばみは他人からは目立ちます。

白いワイシャツを着る際は、アンダーシャツも色柄物はNGです。極力白のアンダーシャツを着ましょう。

3.ネクタイは柄や色が落ち着いたもの

ネクタイも落ち着いた色を合わせましょう。柄にもとくに決まりはありませんが、極力無地か、柄があっても主張しない細かいチェック柄や細かいドット柄、ストライプに留めておくのが転職活動の服装ではベストです。

そして企業によってクールビズを行わず、通年を通して固い服装をしなければならないところもありますので、ネクタイの結び方や、緩みがないかなどもきちんと確認しましょう。

4.ベルト.靴は同色でまとめる

男性のビジネスシーンでの服装で、ベルトと靴は基本的には同じ色でまとめるのがベストです。ベルトはデザインなどが入っていないシンプルなもので、色は黒かこげ茶のオーソドックスなもの。

靴は意外と見られている箇所ですのできちんと面接前に磨いていきましょう。かかとがすり減っていないかもちゃんと確認しておくようにしてくださいね。靴の色もベルトに合わせて黒かこげ茶ですっきりとまとめるのが無難です。

5.靴下はスーツの色と合わせる

椅子に座った時などちらっと見えるのが靴下です。普段見えにくいですが、面接官は細かいところまでチェックしています。靴下は基本的にスーツの色と合わせるのが正解です。

転職活動の際は、靴下まで気をぬかずにスーツと同系色のトーンの靴下を合わせましょう。

6.腕時計は革ベルトもしくはシルバーのもの

普段腕時計をしていない人もいるかもしれませんが、社会人として腕時計をつけることはビジネスマナーの一つです

男性の転職活動の際の服装にも腕時計は必須です。シンプルなもので、ダークトーンの革のベルトのもの、もしくはシルバーのビジネスシーンにふさわしいものを着用しましょう。

7.カバンは自立するビジネスバッグで

最近ではビジネスでもリュックなどカジュアルなもので出勤する人もいますが、もちろん転職活動ではNGです。一般的なA4サイズが入るビジネスバッグが無難。

お店でビジネス用として売られているものは手を離して床に置いても自立するものが主流です。一目でブランド物とわかるようなロゴ入りのものは避けましょう。

おわりに

いかがでしたか?

転職活動での第一印象を大きく左右するのが服装です。今回紹介した男性が面接に臨む際の第一印象アップのポイントを是非参考にして挑んでくださいね。

きちんとした身だしなみで相手に好印象を与えれば、「この人を採用しても安心して仕事を任せられそうだな」と思ってもらえるはずです。正しいビジネスマナーを心得て、清潔感を持って面接にのぞめばきっと相手への第一印象はアップするはずですよ。