面接対策!転職活動の服装【女性版】好感を持たれる身だしなみ!

tennsyokukatudou-fukusou-josei

転職活動をしていく中でそんな時に気になるのが面接時の身だしなみですよね。面接官は、履歴書ではわからないその人の人柄や、印象をとても重要視しますので、ここは好感をもたれる服装をきちんとわきまえている必要があります。

女性の転職活動の際に、そもそも面接官はどんなとこが気になるの?正しいTPOをわきまえたマナーってどんなこと?

でも転職活動の面接時の服装なんていまさら人に聞けない・・・と思っている人もいるのではないでしょうか?今回は女性が転職活動の服装で好感を持たれるマナーを8つ紹介しますので是非参考にしてみてくださいね!

1.シンプルなビジネススーツで

ビジネススーツで転職活動をすることで、今後仕事をしていく中で、「この女性はきちんとビジネスのマナーが身についているな」と相手に安心感を持たせることができます。

女性の服装のスーツは、スカートスーツ、パンツスーツどちらでもOKですが、色は、黒、紺、グレーなど落ち着いた色がベストです。

スカートの場合、丈は膝丈がベスト。長すぎても短すぎてもチグハグな印象を与えます。パンツの場合の丈はヒールにややかかるくらいがベストです。長すぎるとだらしのない印象を与えますので、裾上げをしておきましょう。

リクルートスーツはダメなのかな・・・?と疑問に思っている人もいるかもしれませんが、新卒時のリクルートスーツは大人が着るとどうしてもチグハグな印象を与えてしまい、TPOをきちんとわかっていないという印象を与えてしまいます。

2.インナーはカットソーやブラウスで

スーツの下に着るものって意外と悩みませんか?とりあえず白シャツを着ておけばいいんじゃない?と思うかもしれませんが、ダークスーツの下に白いシャツを着てしまうとどうしても新卒のリクルートスーツ感が否めません。

意外と女性の転職活動の際の服装ではきっちりとした堅いシャツよりも、無地の女性らしいブラウスや、カットソーを合わせるのがベストです。インナーをカットソーやブラウスで工夫することによって仕事の出来るビジネスウーマンに見えますよ!

過度に派手な印象を与えるものは避けるべきですが、控えめなフリルのブラウスくらいであれば大丈夫です。下着が透けてしまわないように、インナーにキャミソールなどを着ておくと良いでしょう。

3.ストッキングはベージュが原則

どんなに暑くても、女性の転職活動の面接で素足はビジネスマナー違反です。必ずストッキングは着用しましょう!ストッキングは肌の色に近いベージュが原則です。

普段から自分の肌を出すのが苦手でオールシーズン黒いタイツやストッキングを着用している人もいるかもしれませんが、面接で黒のストッキングは(喪服を連想させる、暗い印象を与えるので)NGです。

その場合は肌を出さなくても良いパンツスーツにしましょう。ストッキングは無地の物を選び、ワンポイントでデザインが入っているものも避けましょう。

4.靴は5センチヒールがマスト

靴は5センチくらいのヒールを履きましょう!一番上品でかつ、女性らしく綺麗に見えるヒールの高さです。

それ以上高すぎるヒールは、派手な印象を与えてしまい、品がなく見えてしまいます。ヒールは細すぎるピンヒールはビジネスにはそぐわないので、安定感のある太めのヒールを選びましょう。

ではヒールのないフラットなパンプスはというと、実はヒールのない靴もビジネスマナーとしてはよくないのです。どうしてもフラットシューズはカジュアルな印象を与えてしまいますし、ヒールがないことで足が綺麗に見えません。スーツに合わせてもチグハグな印象を与えてしまいます。

つま先のあいたオープントゥやバックストラップのものもNGです。パンプスのヒールはゴムが擦り減ってカツカツ音が鳴らないか事前に確認を忘れずに。擦り減っていた場合は靴修理のお店などで1000円以下で修理してもらえますのでお直しに出しましょう。

5.腕時計は上品でシンプルなものを

ビジネスシーンでは腕時計をつけることがマナーの一つです。腕時計をつけていることによって仕事のできるビジネスウーマンの印象を与えます。女性が転職活動をする際の服装ではきちんと腕時計をつけましょう。

デザインは黒や茶色のベルトや、細みのシルバーのものなど、ビジネスシーンに合った上品な時計を選びましょう。

6.バッグはA4サイズが入る物

転職活動をする際のカバンは企業でもらった書類などを折り曲げずにスムーズに入れられるA4サイズがすっぽりと入る物がベストです。黒などのシンプルなビジネスバッグを選びましょう。

面接の際、床にカバンを置くこともありますので、下に置いた時に倒れずに自立するカバンが良いでしょう。

7.髪形は後ろで一つにまとめる

転職活動では新卒の就職活動ほど髪の色やスタイルに決まりはありませんが、社会人としての最低限のマナーとして明るすぎる髪色はNGです。

ヘアースタイルもビジネスとしても決まりはありませんが、面接の際にお辞儀をするときに髪が前に落ちてくるのが邪魔になることもあるので、低い位置で後ろに一つにまとめるのがベストでしょう。

8.メイクはナチュラルで健康的に

女性の身だしなみの一つとして服装と同じくらい大切なのがメイクです。濃すぎるメイクはもちろんNGですが、メイクをしないのもビジネスの場では失礼に当たります。ナチュラルなメイクは清潔感を与えるので自然な上品さを出しましょう。

健康的に見せるために、チークをやや入れ、血色をよく見せるのもポイントです。リップはピンクベージュなどの上品で清潔感のある色を選びましょう。流行のつけまつげや長すぎるまつ毛エクステは避けるのが無難でしょう。

おわりに

いかがでしたか?

女性の転職活動での服装と好感度を持たれる身だしなみを8つ紹介しました。面接では第一印象がとても大切です。健康的で清潔な印象を与えることが女性の転職活動で気をつけるべきポイントです。今回紹介したことを参考にして、自信を持って面接に挑んでくださいね!