使えない部下の特徴!「イラっ」とさせてくる人の共通点8つ!

tukaenaibuka-tokutyou

仕事を指導しているなかで「コイツ使えないな・・・」とイラっとすることもあるのではないでしょうか?

こちらは一生懸命指導しているのに、本人はどこ吹く風・・・なんてことが続くと、こちらのモチベーションにもかかわってきますよね。“使えない部下”には共通点がります。

今回は周りをイラッとさせてくる使えない部下の特徴を8つ紹介したいと思います!

1.常識がない

使えない部下の特徴の一つにそもそも「社会常識がない」ということがあります。仕事を始める以前に、まずは一般的な社会常識まで上司が指導しなければならないとなるとうんざりしますよね。

その特徴には、敬語を使えない、時間が守れない、上下関係がわかっていないなど・・・そもそも最低限できて当たり前のところが欠けていると上司も手を焼きます。使えない部下は常識に欠けていることを恥ずかしいと思っていないケースもあるのでより厄介です。

なぜ社会人としてのマナーが必要なのか根っこの部分から指導していかなければなりません。

2.上司が言っている意味が理解できない

使えない部下の特徴の一つに「上司が言っている意味が理解できない」ということがあります。なぜその仕事をするのか、その後どのような形で完成するのかがわかっていないため、自分が今どの立ち位置で仕事をしているかもちんぷんかんぷんなんてことも・・・

自分が上司に何を求められているのかがわかっていないため、頼まれた仕事でさえも、理解できていないために、初歩的なことから一つずつ確認しないと先に進めないケースもあります。

上司から見ると「こんな初歩的なことすらできないのか・・・」とうんざりしてしまうでしょう。

3.気が利かない

自分が下の立場にもかかわらず“気が利かない”人は間違いなく使えない部下の特徴でしょう。

上司が望んでいることを先回りしてやることが気が利く部下です。使えない部下は、そもそも普段から周りのことに無頓着で、仕事を与えられていない時はぼーっとしていたり、指示されるまで自分からは動かなかったりという特徴があります。

社会人になれば、与えられた仕事だけをこなすのではなく、手が空いたときには自分からやれることを見つけて仕事をすることも大切なことです。

4.言い訳をする

使えない部下は自分が仕事でうまくいかなかったり、ミスをしたりすると“言い訳”をする特徴があります。

素直にミスを認めず、まずは自分のミスを棚に上げて、責任転嫁をするケースも。ミスをしてしまった時は素直に謝罪すればその後スムーズに終われるところも、「でも・・・だって・・・」と言い訳ばかりしている部下に上司はイラッとさせられるでしょう。

言い訳や弁解をしても起こってしまったミスをいまさらなかったことにはできません。素直に謝罪することも社会人としてとても大切なことです。

5.協調性がない

仕事では周りと協力して行わなければならないこともたくさんあります。そんな時に周りとうまくコミュニケーションがとれなかったり、喜怒哀楽が激しかったりするとすぐに周りとトラブルを起こす部下は上司にとって悩みの種ですよね。

自分の意見やポリシーがあることも大切ですが、会社という組織の中では協調性は非常に大切なポイントです。周りのことを考えずいつでも自分本位な部下には対応にも困ってしまうことも多いのではないでしょうか。

6.会社を学校と勘違いしている

使えない部下は、大切な会議や取引先のアポイントがある日でも平気で体調不良を理由に休みます。

会社を学校の延長のように考えている人もおり、自分が休んだことによってどれだけ周りに迷惑をかけるか、もっと言えば会社の信頼を失落させるのかをわかっていません。

嫌な仕事があれば、会社に行きたくないからと平気で休んだりします。社会人としての自覚がそもそも薄い人もいるのです。

7.同じミスを何度も繰り返す

仕事でミスをしてしまうことは誰にでも起こりうることです。普通の人であれば同じミスを繰り返さないために注意深くなるはずです。

しかし、使えない部下は詰めが甘く、ミスをしたことに執着していないため、頻繁に何度も同じミスを繰り返す特徴があります。周りから見ると、同じミスを繰り返して「使えないヤツ」というレッテルを貼られてしまうでしょう。

8.言う事だけは”一人前“

ちっとも仕事ができないのに言う事だけは“一人前”な部下はいませんか?

いつも大きなことを口にして、実際は有言実行できていない・・・そんな部下は使えない部下の特徴でしょう。

将来大物になるようなことを口にしていても、実際は与えられた仕事すらまともにできないようでは上司から「コイツは口だけだな・・・」と思われても仕方がないでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

今回は使えない部下の特徴をいくつか挙げてみましたが当てはまる人は身近にいましたか?使えない部下がいるとイライラすることもありますが、うまく本人をコントロールして仕事のパフォーマンスを上げさせるのも上司の役目です。部下を育て上げることで自分自身もさらに高められるはずです。