うっかりミスの防止策!不注意からくる失敗を繰り返さない方法5つ!

ukkarimisu-bousisaku

どんなに気を付けているつもりでも、「うっかりミス」が直らないと悩んでいませんか?

「もう少し気を付けていればミスしなかったのに」と思うようなミスばかりが何度も続いてしまうと、自分に自信がなくなってしまうこともあると思います。

そこで今回は、不注意からくるうっかりミスの防止策をご紹介致します。

少しでもあなたのミスが減るような防止策が見つかると嬉しいです。

1.チェック表を作る!

うっかりミスを防ぐためには、「チェック表」を作るのが効果的な防止策です。

チェック表には、「気を付けるべき点」「間違えやすいポイント」を書いておき、となりにチェックボックスを入れておいたり、チェックをしたら線を引いて消したりできるようにしておきましょう。

ミスが多い人は、頭では気を付けるべき点を理解しているようでも、実際には見落としてしまうことがあります。

少し面倒であっても、ひとつひとつ丁寧に点検していくことが一番の防止策ですよ!

あらかじめチェック表を作っておけば最大限まで見落としを防げますし、「きちんとチェックしたから、これで絶対大丈夫!」という自信を持つこともできます。

はじめてチェック表を作るのは少し手間がかかるかもしれませんが、それから先は表をコピーしたり付け加えたりしながら長く使えるので、ぜひやってみてくださいね!

2.時間に余裕を持って仕事をする!

仕事に取り掛かる時には、「だいたいこれくらいの時間がかかるだろう」「逆算してこれくらいの時間からこの仕事に取り掛かろう」と考える人がほとんどだと思います。

ですが、途中で来客があったり電話がかかってきたりなど、実際時間通りに仕事が進むことはほとんどないのではないでしょうか?

そして、予想外に時間がかかってしまうことで焦り、うっかりミスを引き起こしてしまいがちだと思います。

そうならないよう、自分が予想する時間よりも余裕を持って仕事に取り掛かるようにする防止策がおすすめです。

時間の余裕は心の余裕にも繋がるため、不注意でのミスが防げるようになると思いますよ!

3.最終確認をする時間をしっかりととる!

うっかりミスが直らない人は、どのくらい最終確認に時間がとれていますか?

今の確認時間を持ってしてもミスが減らないという場合には、今以上に確認時間をしっかりとってみるように心掛けましょう!

また、最終確認をする時には「他人の仕事をチェックしている気持ちで」確認作業をすることがうっかりミスの防止策として効果的ですよ。

「自分がした仕事」という気持ちがあることで、「きっとミスはないだろう」「多分大丈夫だろう」という根拠のない自信や先入観がついてしまいがちです。

それではせっかくの最終確認の意味がありませんよね。

ぜひ他人の仕事をチェックしているつもりで、「ミスがあるのが前提」「間違いを探すつもり」でじっくり確認をしていくようにすると良いですよ。

4.反省ノートを作る!

うっかりミスを何度も繰り返しているうちに、以前してしまったミスを忘れてしまうこともあると思います。

今までのうっかりミスを忘れてしまわないためには、「反省ノート」を作る防止策をおすすめします。

反省ノートを作り定期的に見直すことで、気を引き締め直す効果がありますよ!

また、「同じうっかりミスだけは絶対にしない!」という気持ちでいつもいることで、少しずつミスは減ってくるはずだと思います。

まだ経験していないミスに気を付けるのは少し難しいこともありますが、以前経験したうっかりミスならば、あなたの気持ち次第で防ぐことは十分に可能ですよ!

失敗から学ぶこともたくさんあります。失敗をそのままにせず、これからの自分の味方につけられるような防止策をぜひ試してみましょう!

5.身の回りを整理整頓するようにする!

うっかりミスを繰り返してしまう人の中には、身の回りが雑然と片付いていない人も多いと思います。

身の回りが片付いていないことで、資料の取り間違えや見間違えなどのうっかりミスを引き起こしやすくなりますし、何よりも頭の整理がつかない状態になってしまいがちです。

不注意からくるミスに悩んでいる方は、ぜひ一度身の回りを整理整頓してみるようにしましょう!

いらない書類はきちんと処分し、すっきりと仕事のしやすい環境を整えましょう。

身の回りを整理整頓することで、同時に頭の中もすっきり整えることができるはずで

また、すっきり片付いた環境で仕事をすることで集中力がアップし、目の前の仕事に全力投球できるようになりますよ!

集中力がアップすれば頭が冴え、不注意からくるミスも事前に防ぐことができるはずです!

一見、「整理整頓」と「うっかりミス」は何の関係もないように思えますが、十分効果的な防止策なのでぜひ試してみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?うっかりミスはあなたの工夫次第で極限まで減らしていけると思いますよ!

「あぁ、またやってしまった・・・今度気を付けよう」と頭で考えるだけでなく、実際に工夫を行動に移し、確実にミスを減らしていきましょうね。