うつ病の仕事復帰の注意点!再発を防ぐために気を付けるべきこと!

utubyou-sigotofukki-cyuuiten

うつ病で休職していたけれど、近々仕事復帰することになった!という場合、一番怖いのが「うつ病の再発」ですよね。

再発しないためには、どのような注意点に気を付けながら仕事復帰すれば良いのか気になるという方がほとんどだと思います。

そこで今回は、うつ病の仕事復帰の注意点についてご紹介致します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.決して焦らず、リハビリする気持ちで働く!

仕事復帰の注意点として最も気を付けてほしいことは、「決して焦らない!」ということです。

うつ病が良くなり職場に復帰する頃には、ほとんどの方が「もう大丈夫だ!」と思い、エンジン全開で働き始めてしまうことが多いです。

ですが、最初からペースを上げ過ぎてしまうことで、身体が思った以上に疲れてしまい、再発を招いてしまうこともあるので、注意しておきましょう!

「うつ病を患う前のようにバリバリ働きたい!」という気持ちは分かりますが、ここはぐっと我慢して、「リハビリから始める」気持ちで仕事復帰をすると良いですよ!

いきなり以前と同じような働き方を目指すことはやめましょう!まずは焦らずゆっくりと、自分のペースで仕事を再開してみてくださいね!

2.規則正しい生活を送るようにする!

うつ病を克服した!と感じる時には、きっと食事や睡眠などの生活リズムが整ってきた場合が多いと思います。

ですが、せっかく生活リズムが整っているのに、そこに「仕事」が入ってくることで、リズムがあっという間に崩れてしまうというケースは多く見られます。

生活リズムの乱れがうつ病の再発を招いてしまうため、仕事復帰の注意点として、「規則正しい生活を送る」という点はしっかりと気を付けておくようにしましょう。

せっかく整った生活リズムが崩れてしまうほどの仕事内容ならば、まだあなたの仕事復帰は早いということです。

まずは規則正しい生活を第一に考え、それを崩さない範囲で仕事に復帰できるように心掛けましょうね。

3.上司と今後の働き方について相談しておく!

うつ病から仕事復帰する際の注意点として、「上司との話し合い」も大切なポイントです。

うつ病は「完治」するのが難しい病気なため、復帰直後に無理をしすぎてはあっという間に再発してしまう可能性があるのを忘れてはいけません。

そのため、復帰してしばらくは時短勤務にしてもらうなど、上司や周りの人の協力や理解が不可欠です。

医師の診断書を提出するなどして、自分に合った勤務体系を組んでもらえるよう、仕事復帰までに上司と今後の働き方について相談しておくとスムーズですね。

4.目標は低めに設定する!

「前と変わらずバリバリ仕事をこなす!」「遅れた分をすぐに取り戻す!」など、高すぎる目標を設定してしまうと、上手くいかずに自信をなくしてしまうことがあります。

そのため、仕事復帰する際には、「目標は低めに設定する」のが注意点だと言えるでしょう。

まずは「毎日会社に行く」「職場で一日過ごす」ということを目標にするくらいでちょうど良いですよ!

「これならできそう・・・」ということを確実にひとつひとつクリアしていくことで自信をつけ、徐々に休職前の状態まで持っていけるようにすると良いです。

5.失敗しても良いと思うようにする!

うつ病になってしまいがちな人は、基本的に真面目で責任感の強い人が多いのが特徴です。

そのため、仕事復帰する際にも「これ以上周りに迷惑をかけていられない!」「休んだ分、役に立たなければ!」と、自分で自分にプレッシャーをかけてしまうことが多々あります。

ですが、このプレッシャーがストレスになってしまい、病気が再発してしまう原因になってしまうため、要注意です。

あなたが病気のために休んでいたこと、今まで通りに仕事ができないことは、周りの人はきちんと分かってくれているはずです。

なので、あまり思い詰めすぎることなく、「しばらく休んでいたんだから、上手くいかなくて当たり前!」「失敗しても良いじゃないか!」くらいの気持ちで仕事をすることが、再発を防ぐために大切な注意点ですよ。

病気を発症して休職する前の姿に完璧に戻ることは、とても難しいということを覚えておいてください。

過去の自分に戻ることばかりに気を取られず、今の自分自身を受け入れ、気持ちを切り替えて行動することがポイントですよ。

6.自分の体調を最優先させる!

仕事復帰すると、どうしても「仕事が最優先」になってしまいがちだと思います。

ですが、ただでさえ体調を崩しがちな時に、自分よりも仕事を優先にしてしまうと、再発を招いてしまう可能性が高くなってしまいます。

よって、しばらくの間は「仕事よりも自分の体調を優先させる」ことが再発を防ぐための注意点だと言えますよ。

「今日はなんだかすごく調子が悪いな」と思えば、思い切って休んだって良いのです。今はリハビリの期間であるということを意識して、無理をしすぎないように注意しましょうね。

今日一日休むのと、再発をしてまたしばらく休むことになるのと、どちらが良いのかは一目瞭然ですよね。焦る気持ちは分かりますが、長い目で病気と付き合っていくようにしましょう!

7.服薬・通院はきちんと続けるようにする!

仕事復帰をして日常に慣れてくると陥りやすいのが、「もう完璧に治ったのではないか?」「もう通常通りの生活に戻れるのではないか?」という思い込みです。

ですが、うつ病の完治はとても難しい上、症状には「波」があるのが特徴です。今日は良くても、明日はどうなっているか分からないのです。

そのため、医師の判断なく、自分勝手に服薬や通院をやめないということが、再発を防ぐための重要な注意点です。

今の良い状態を保つためにも、服薬・通院はきちんと続けるように心掛けましょうね!

8.休日はしっかり休むようにする!

仕事復帰すると、平日は身体も心もクタクタになってしまうはずです。その疲れを回復させるためにも、休日にはしっかりと休むことが再発を防ぐための注意点ですよ。

仕事に復帰し、今までの日常が戻ってくることで、ついつい休日に遊びに出掛けたり、プライベートに予定を詰め込み過ぎたりしてしまうこともあると思います。

ですが、まだまだあなたはリハビリをしている途中です。平日に心身ともに負担をかけてしまっていることを忘れず、できるだけ休日にはゆっくりと過ごせるように心掛けると良いですよ。

おわりに

いかがでしたか?うつ病で仕事復帰する際の注意点が分かったでしょうか?

うつ病は完治が難しく、再発の可能性が高い病気であることを決して忘れないでください。これらの注意点を意識しつつ、無理のない過ごし方ができるように心掛けてくださいね!